カローラスポーツ 早くも北米でカスタムパーツ満載のデモカーが登場

2018年10月30日~11月2日の日程でSEMAショー2018がアメリカのラスベガスで開催されています。


SEMAショーは世界最大級の自動車のカスタマイズやパーツの見本市で、日本でいえば東京オートサロンに相当します。
ただ、こちらは世界各地からチューニングカーやパーツが出展されてり規模が違います。
残念なことに一般には公開されておらず基本的にバイヤー対象のイベントとなっています。

このSEMAショー2018に早くも新型カローラスポーツ(北米ではカローラハッチバック)が出展されていましたので画像でご紹介しますね。

カローラスポーツ ストリートカー編

北米仕様のカローラには設定されていないビビットなレッドのボディカラーが目を引きます。

<引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/


カーボンで製作されているエアロパーツは純正+αの派手過ぎない丁度いい感じですね。
現在開発がすすめられているTOM’S(トムス)と同じ方向性でしょうか?

引用:https://www.tomsracing.co.jp

中身もブレーキやエアクリーナーのほかにバケットシートや大型のサブウーファーも搭載されています。

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/


引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

カローラスポーツ サーキットカー編


引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

カナードがてんこ盛りのこのデモカーは「AE86」がモチーフになっていて白黒のパンダペイントが再現されています。
しっかりボンネットもブラックになっていてお豆腐屋さんの要素も入っているようですね(笑)

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

このカラーリングはラッピングによるものなので、やろうと思えば可能なはずです。

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

それにしてもディフューザーと4本のエキゾーストがいかついですね。

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

ちなみにドリフト競技では以前から活躍しており優勝も勝ち取っています。
こちらの車両は2.7Lターボエンジンに換装されており、なんと850馬力の怪物です(笑)

カローラハッチバック 早くもモータースポーツ競技で活躍中

2018.04.22
スポンサードリンク



カローラスポーツ ラリーカー編

あのケン・ブロックがプロデュースしているHOONIGAN(フーニガン)というショップの手によるものです。

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/

引用:https://www.carscoops.com/2018/10/toyota-hatches-assortment-modified-corollas-sema/


大きな補助ライトを埋め込んだフロントマスクとホワイトのOZ風ホイールの組みあわせです。

どこか懐かしい感じがして、とてもモデルチェンジしたばかりの新型ラリーカーには思えません。
カローラスポーツのシルエット自体が、典型的な2ボックスカーということもあるんでしょうね。

1990~2000年代のWRC(世界ラリー選手権)では、Cセグメントのワークスカーがゴロゴロしていましたが、現在ではヤリスWRCのようにBセグメントが主流になってしまいました。

しかし、これはWRカー(ワールドラリーカー)というトップカテゴリーの話。
国内カテゴリーも含めて、カローラスポーツの活躍の場があるかもしれませんね。

2020年に日本でWRCが開催される?ときにはターマックを走るシーンを見せてほしいです。

こうなると4WDのハイパフォーマンスモデルの登場を期待してしまいます。

スポンサードリンク



カローラスポーツ 北米でカスタムされたデモカーが披露されています まとめ

海の向こうでは車の楽しみ方も徹底しているせいか、出たばかりの新型モデルにもかかわらずいきなり様々なコンセプトでカスタマイズされた車が登場しています。

さすがアメリカといったところですが、それに対して日本は世界に先駆けて先行販売が始まったのにちょっと寂しい状況ですね~

まあ、SUV全盛のこの時期に不人気のハッチバック車に加えてカローラ店の専売であることや、カローラという名称に引っかかる人も多いのでC-HRのように大ヒットになることもなく各メーカーも様子見といったところでしょうか?

このあとカローラスポーツをベースにしたステーションワゴン(フィールダーの後継モデル)やセダン(アクシオの後継モデル)の登場が控えています。
これらはハッチバックに比べて根強い需要があるカテゴリーなので販売台数の増加に合わせて、国内でも徐々にカローラシリーズのアフターマーケットも充実してくるのでは?と期待しています。

カローラスポーツ カスタムパーツをピックアップしてみました

2018.10.17

新型カローラスポーツ エクステリアの画像

2018.08.10

新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

2018.08.06

新型カローラスポーツの評価 ここがよかった

2018.08.19

新型カローラスポーツの評価 ここがダメ?

2018.08.03

カローラスポーツ ワインディングロードを走ってみた

2018.08.02

新型カローラスポーツと輸入車の走りを比較してみました

2018.08.16

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。