カローラハッチバック 早くもモータースポーツ競技で活躍中

新型オーリス改めカローラハッチバック(カローラスポーツ)は既に欧州や北米で発表され、日本でも5月に発表、6月26日に販売開始となります。

カローラハッチバック(2018) 国内向けハイブリッドモデルなど追加情報

2018.04.05

トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」の採用や最新のトヨタセーフティセンスが搭載されるなど、非常に楽しみな1台ですね。

そんなカローラハッチバックですが既に北米ではモータースポーツ競技に参戦し勝利を飾っています。

スポンサードリンク



D1グランプリの北米版「フォーミュラ・ドリフト」

ドリフト競技で有名な日本の「D1グランプリ」は、海外のファンの心をつかみ、今や世界各国で同様のドリフト競技が開催されています。

北米で開催されるドリフト競技が「フォーミュラ・ドリフト」、通称フォーミュラDと呼ばれるイベントです。

映画「ワイルド・スピード」シリーズのヒットもあり、観客動員数10万人にも膨れ上がり日本以上の盛り上がりを見せています。

ちなみ日本でも「フォーミュラ・ドリフト・ジャパン」が全5戦で開催されています。

カローラハッチバックの鮮烈デビュー

2015年の「フォーミュラ・ドリフト」のチャンピオン、フレドリック・アースボが操る新型のカローラハッチバック。

2018年4月に開催された北米の「フォーミュラ・ドリフト」の第1戦「ロングビーチ」でデビューウインを飾りました。

ただし、車輛はドリフト競技に特化仕様でありエンジン、トランスミション、タイヤなどは全く別物となります。

エンジンはカムリに搭載されていた2.5L4気筒をベースに2.7Lにボアアップしターボチャージャーが追加されています。

その結果、1,000馬力を達成しています。

トランスミションは4速マニュアル、タイヤはフロントが265/35R18、リアが275/40R18というド迫力仕様です。

引用:https://paultan.org

ちなみに先代オーリスもカローラ・インターナショナルとモデル名で参戦していました。

引用:http://drifting.com

スポンサードリンク



カローラハッチバック もうドリフト競技で活躍中  まとめ

中身は市販モデルとは全く異なるとはいえ、パワーがライバルから突出しているわけではありません。

やはり車の良さとドライバーの技量によるものですね。

TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)の採用が、単なる生産の効率化やコストダウンだけではなく、いい車つくりに貢献していることを証明しています。

2019年に日本でもWRC(ワールドラリーチャンピオンシップ)が再び開催にむけて動き出しています。

はやくラリーカーもTNGA採用のニューモデルを期待したいところです。

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。