BMW 1シリーズ 新型 2018 画像を含めた情報

BMWのエントリーモデルでもある1シリーズですが、いよいよ来年には新型が登場します。

トヨタの新型オーリス、メルセデスベンツのAクラスなど次々と新型が発表され、Cセグメントのハッチバックは目が離せません。

そこで人気の高いBMW1シリーズの新型について情報をまとめました。

BMW 1シリーズ の新型はFFで登場

すでにご存じの方も多いでしょうが、次期1シリーズはFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)に切り替わります。
エンジンも横置きとなります。

BMWには子会社のMINIも含めたFF(前輪駆動)用UKLプラットフォームがあり2シリーズのアクティブツアラーやグランツアラーがすでに存在しています。

今度の新型1シリーズでは、その発展型となるFAAR(Frontantriebsarchitektur)プラットフォームが採用されます。

これはUKLプラットフォームよりさらに軽量化されパッケージングの自由度がより向上したものです。

FF(前輪駆動)化とホイールベースの延長で、現行1シリーズで弱点でもあった室内空間のサイズが大幅に拡大されます。
体格のよい白人はもちろん、日本人でも現行1シリーズのあの足元の狭さは考え物でしたね。

1シリーズ 118d ディーゼルを試乗したインプレッション

2017.07.20

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のエンジンラインナップは?

最初にリリースされるのは1.5L 3気筒ガソリンエンジンと2.0Lディーゼルエンジンの予定です。

また240馬力と予想されているホットバージョンのM130iX(4WD)が2020年にリリースされる見込みです。

どこかの段階でガソリンエンジン(おそらく1.5L)とリチウムイオン電池+モーターによるプラグインハイブリッドモデルも予定されています。

BMW 1シリーズ 新型のサイズは?

今度の新型1シリーズでは欧州での3ドアの低迷を受け5ドアのみなります。

モデルチェンジのたびにサイズが大きくなるのは仕方がないとして、全幅を1800以内に抑えてくれたのはうれしいです。

予想されるサイズ
全長 4435
全幅 1775
全高 1440

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のエクステリア画像

すでに中国ではUKLプラットフォームを使った1シリーズセダンが存在しています。

瀋陽の工場で現地企業との合弁事業で生産されているものです。

ボディ前半分はこのイメージと近いものであることがテストカーからもうかがえます。

新型1シリーズのフロント周りのイメージは、このセダンのデザインから大きな変化は考えにくそうです。

 

すでにテストカーを撮影した画像もたくさん出回っています。

引用:https://www.motor1.com/news/174443/bmw-1-series-spy-shots/

引用:https://www.motor1.com/news/174443/bmw-1-series-spy-shots/

引用:https://www.motor1.com/news/174443/bmw-1-series-spy-shots/
テストカーに接近した画像です。キドニーグリルが角ばっているような....

引用:https://www.motor1.com/news/174443/bmw-1-series-spy-shots/
テストカーのサイドをみるとリアドア枠がフェイクの可能性がありますが現行の1シリーズとは異なり、リアクウォーターウインドウがないように見えます。

引用:https://www.motor1.com/news/174443/bmw-1-series-spy-shots/
おそらくX2とに似たデザイン処理になると思われます。

海外で目撃されたテストカー

テストカーの画像をもとにした各CGでは様々なキドニーグリルの形状が描かれています。

引用:https://www.carscoops.com/

うーん、どうして日本車にはこのようなスマートでカッコいいデザインが少ないんだろう?
(マツダはいい仕事してますが...)


引用:http://www.autobild.de

なんとなくX2のイメージを思い起こさせますね。

引用:https://www.autobild.de

引用:https://www.autobild.de

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のインテリア画像

新型1シリーズのインテリアは新型X2に準じたデザインになると予想されています。

さすがにパーキングブレーキは手動から電動となり、ホールド対応も期待できそうです。

X2のインテリア画像

中国向け1シリーズセダンの画像

BMW 1シリーズ 新型の発表時期は?

BMWによれば2018年の新型車はX2のみというアナウンスでしたので、発売は2019年であることは確実といえます。

新型1シリーズは2018年10月に開催されるパリモーターショー、または2019年3月のジュネーブモーターショーで発表されます。

日本の発売時期は早くて2019年後半と思われますが、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの同時投入は考えにくいですね。

残念ながら新型1シリーズのディーゼルエンジンを手に入れるには2020年まで待たされる可能性があります。

BMW 1シリーズ 新型 2018 画像を含めた情報 まとめ

中国や北米ではセダンに根強い人気がありますが、欧州ではハッチバックが大人気です。

BMWの販売比率でも10%を占める1シリーズだけに、じっくり時間をかけて開発が進められています。

FF化をなげくファンは多いでしょうが、2シリーズの完成度の高さ(運転が楽しい)を知っているので個人的には心配していません。
(最小回転半径は極力抑えてほしいですが)

日本だけでなく各国のBMWファンが心待ちにしているだけに新型の発表が待ち遠しいですね。

果たして新型カローラや次期アクセラは、これに対抗できるでしょうか?

オーリスが消滅!欧州でもオーリスからカローラへ!!

2018.08.30

マツダ 新型アクセラ 発売時期はいつ?気になるエクステリアは?

2018.09.17

ボルボ 新型 V40 の情報や画像をまとめてみました

2018.09.21

2018/11/11 キャリアカーに運搬されている新型1シリーズが目撃されています。
大径ホイールに2本出しマフラーなので上位グレードでしょうね。

引用:https://www.carscoops.com

引用:https://www.carscoops.com

引用:https://www.carscoops.com

引用:https://www.carscoops.com

引用:https://www.carscoops.com

引用:https://www.carscoops.com

引用:https://www.carscoops.com

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。