BMW | 1シリーズ | 新型 | 最小回転半径がとんでもないことに...

BMWの1シリーズがFF化されて新型として9月28日に世界同時発売となりました。

しかしスペックを見てびっくり!なんと最小回転半径が5.7mになっているではありませんか!?

いやいや(汗)いくらFFにしたからといってそれはないだろうと思っていたら...

BMW 1シリーズ 新型のスペックにビックリ仰天!


引用:https://www.bmw.co.jp/j

BMWの新型1シリーズの2019年9月28日の発売を受けて早速友人とディーラーに現物を見るために訪問してみました。

しかし、残念ながらまだ実車は届いておらずカタログによる概要紹介や金額について説明を受けました。

何気なくスペックに目を通してみると.「燃費性能の記載がまだないのか...あれ!?」

5.7m?なんだ!?このぶっ飛んだ最小回転半径は??

さっそく営業スタッフさんに問い詰めたところ、あまり気にもとめず「FF化によって室内が広くなっていますので...」と話しをそらそうとする始末。

「いやいや、これ絶対おかしいでしょう??」と追求しますが、「確認しておきます」とその場は逃げられてしまいました。

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型の本当の最小回転半径は?

BMW新型1シリーズのフロントマスク

翌日、BMWジャパンに確認してみると「誤植の可能性がありますので確認してみます」とのこと。

そして2週間も経過したある日、ようやく「5.4mの間違いでした~」との回答がありました。

そりゃ、そうだろ(笑)

だいたい、最小回転半径5.7mって全長約5mの5シリーズと同じ数値です。

引用:https://www.bmw.co.jp

全長4335mmのCセグメントにおいてMシリーズのようなガチのスポーツグレードで幅広タイヤを履いているならともかく、標準グレードでこの数値ってどう考えてもおかしいでしょう~

BMWジャパンのスタッフは誰も気付かなかったの?

少なくともディーラーの商品説明専任スタッフである「BMWジーニアス」さんは気付いてくれないと困りますね~(笑)

ところでこの誤った情報はカタログだけでなく公式サイトも同じなのですが、さらに報道メディア向けの資料も誤っていたらしく雑誌やWEBサイトの大手自動車メディアも最小回転半径5.7mと紹介しているではありませんか!

BMWジャパンが見落としたこともどうかと思いますが、自動車メディアは誰もつっこまなかったんですかね~

BMW1シリーズのエクステリア

この新型1シリーズはFRからFFに変更になったことが大きなニュースとなっています。

FF化のネガについて話題になりそうですが、それが最小回転半径が5.1mから5.7mに拡大って格好のネタになってしまいます。

私は車選びにおいて、普段の取り回しに重要なポイントとなる全幅と最小回転半径を必ずチェックしています。

もしかしたら、最小回転半径5.7mをみてショッピングリストから外してしまったお客さんもいたりして...

...というこで、BMWの新型1シリーズの最小回転半径は5.4mが正しい数値でした!

新型1シリーズの実車をチェックする機会がありましたので、エクステリアやインテリアの情報をお届けしますね。

BMW1シリーズのエクステリア

BMW | 1シリーズ | 新型 | 気になるエクステリアを見てきました

2019年10月19日
BMW新型1シリーズのリアビュー

BMW | 1シリーズ | 新型 | FF化で注目のインテリアを見てきました

2019年10月20日

BMW|1シリーズ|新型|先行予約がスタート!グレードやエンジンの情報など紹介

2019年7月10日

BMW|1シリーズ|新型|内外装の画像公開!発売日は?

2019年5月27日


 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。