BMW | 1シリーズ | 新型 | FF化で注目のインテリアを見てきました

BMW新型1シリーズのリアビュー

BMWの新型1シリーズが2019年9月に日本でも発売が開始されました。

今回のモデルチェンジで最大のトピックは駆動方式がFRからFFへ変わったことです。

FF化で大きなキャビンを手に入れたBMWの新型1シリーズのインテリアを見てきましたので紹介しています。

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のインテリア 前席

BMW新型1シリーズのインパネ
座面はやや硬め、一見サポートが弱そうですが座ってみると意外に体が保持されるのがドイツ車の特徴です。
座面が延長できるのがとにかくイイ!
ベースグレードを除き運転席はメモリ-付きパワーシートが標準で助手席はオプション設定となっています。
BMW新型1シリーズの運転席

インパネは3シリーズから採用された新世代のデザインで、ジャスチャーコントロールに対応しています。
新型1シリーズのコクピット

ステアリングも3シリーズに準じたデザインです。
M sport仕様はグリップが極太仕様で、初めての人はきっと戸惑うと思います。
スイッチパネルは左側がアダプティブクルーズコントロール、右側がメディア関連になります。
BMW新型1シリーズのステアリング

メーターパネルは標準ではアナログ2連メーター+5.1インチ液晶ですが、iDriveナビパッケージオプション(249,000円)を付けると写真の10.25インチフル液晶になります。
旧型は身長178cmの私がドラポジを調整するとステアリングのためにメーターパネルの上部が隠れてしまう問題がありましたが、この新型ではそのような問題はありませんでした。
BMW新型1シリーズのメーターパネル

全グレードで8.8インチタッチディスプレイが標準装備なのですが、ナビゲーションはiDriveパッケージオプションが必要となりモニタサイズもこの写真の10.25インチに拡大されます。
BMW新型1シリーズのモニタ

エアコンパネルの操作スイッチの質感は問題ありません。
メルセデスベンツといいBMWといい最近のモデルは内装に光沢のあるシルバーメッキを使いだしましたが流行っているのでしょうか?
BMW新型1シリーズのエアコンパネル

センターコンソールの先から非接触充電、USBポート、カップホルダー、12V電源ソケットがあります。
BMW新型1シリーズのセンターコンソール

シフトパネルも最近のBMW共通デザインですね。1シリーズもついに電動パーキングブレーキとブレーキホールドに対応しました。
BMW新型1シリーズのセンターコンソール

かなり大きめのコンソールボックスがありアームレストも兼ねています。
BMW新型1シリーズのアームレスト

コンソールボックス内はUSB3.0のソケットがありました。
BMW新型1シリーズのコンソールボックス

M sportのグローブボックス内は起毛処理が施された上質な仕上がりです。
BMW新型1シリーズのグローブボックス

アクセルペダルはオルガン式です。
BMW新柄1シリーズのペダル

大きく外側へ張り出したサイドミラーのおかげで斜め前方の死角が抑えられています。
BMW新型1シリーズの前方視界

どっしり重厚感のあるドアパネル。カチッとした造りで質感も高くコストダウンを思わせる箇所はありません。
BMW新型1シリーズの前席ドアパネル

スイッチパネルの加飾は欲しかったところですが操作性は問題ありません。
BMW新型1シリーズのドアスイッチパネル

前席の天井はバイザーの後ろあたりから大きくえぐれた形状になっています。
BMW新型1シリーズのルーフ

運転席から見た左後方視界です。Cセグメントハッチバックとして標準的で開放感もある方でしょう。
BMW新型1シリーズの左後方視界

真後ろを見た状態。リアゲートのウインドウ面積がやや狭いかな?
BMW新型1シリーズの後席の視界

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のインテリア 後席

さて、FF化で最も注目すべきがこの後席足元空間です。
身長178cmの私がドラポジ調整した状態ですが、旧型とは一目で違うことがわかります。
ホイールベースが延長され前席とのスペースは旧型比で33mm長くなっています。
BMW新型1シリーズの後席足元

シートバックが掘り下げていて、膝前はこぶし1.5個分のゆとりがあり、Cセグメントにおいても標準的なサイズが確保されています。
BMW新型1シリーズの後席足元の余裕
センターコンソール後端にはエアコン吹き出し口があります。フロアトンネルが低く抑えられており足元にゆとりが感じられます。
BMW新型1シリーズの後席空間
室内灯もしっかりLED照明です。
BMW新型1シリーズの車内照明
カップホルダー付きの後席アームレストです。
BMW新型1シリーズの後席アームレスト
後席中央を倒して長尺物を積みながら4人乗車が可能です。
BMW新型1シリーズの後席アレンジ
リアのドアパネルにもイルミ加飾付きのガーニッシュが施されています。
BMW新型1シリーズの後席ドアパネル
気になったのがリアの乗降性です。降りるとき足をかなり後ろへずらさないとピラーの付け根部分やドアの内側に足先が当たってしまいます。
BMW1シリーズの乗降性

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のインテリア ラゲッジスペース

ラゲッジ容量は後席使用時でVDA方式で380Lで旧型より20Lアップしました。
展示車両にはラゲッジスペースを覆うボードが外されていたためアンダートレーがむき出しの状態になっていました。
BMW新型1シリーズのラゲッジスペース

リアのシートバックは4:2:4の分割可倒式となっています。やや傾斜が付くもののフラットな空間が確保されます。

後席を倒すと1200Lまで拡大できます。Aクラス(1210L)とほぼ同等レベルですね。

右側面にはLED照明があります。
BMW新型1シリーズのラゲッジ

新型1シリーズはコンフォートパッケージ(170,000円~)を選択することで電動テールゲートになります。
BMW新型1シリーズのテールゲート

リアバンパーの下に開閉センサーがあり両手がふさがっていても開閉できるようになっています。
BMW新型1シリーズのテールゲートのスイッチ

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型 FF化で注目のインテリアを見てきました まとめ


BMWの新型1シリーズの118i M sportのインテリアを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

走行性能ではいまだに見劣りしない旧型1シリーズですが、たとえ2人で使用するとしても後席の狭さが災いして見送った人も多かったと思います。

今回駆動方式の変更という大きな変革により、最大のネックが払しょくされ実車を見て使い勝手に問題ないことが確認出来ました。

3シリーズが大きくなったため、こちらへ切り替える人も出てくるかもしれませんね..と思ったら2シリーズグランクーペがありましたね...。

どちらにしても、この新型1シリーズでも狭いという人はハッチバックにこだわる限り、インプレッサスポーツかプリウスしかないかも?

ただ、1シリーズは内装の仕上げで国産車を大きくリードしており、所有する満足度は高いものがあります。

安全運転支援機能で3シリーズやAクラスに見劣りしてしまうのは残念なところですが、多くの人にとって車種選定に影響を及ぼすことはないでしょう。

引っかかるのはメルセデスベンツやアウディのようにいろいろパッケージオプション設定にしていることです。

たとえば多くの人が選択すると思われるナビゲーションとアダプティブクルーズコントロールを付けるとM Sportで419,000円がかかってしまい、実際の購入では車両本体価格よりかなり高くつく点で

ちなみに電動テールゲートは今のところCセグメントのハッチバックではこの1シリーズが唯一の選択肢となります。

これを機会にBMWの新型1シリーズをマイカー候補に加えてみてははいかがでしょう?

新型1シリーズのエクステリアもしっかり見てきましたのでチェックしてくださいね。

BMW1シリーズのエクステリア

BMW | 1シリーズ | 新型 | 気になるエクステリアを見てきました

2019年10月19日

BMW | 1シリーズ | 新型 | 最小回転半径がとんでもないことに...

2019年10月16日

BMW|1シリーズ|新型|先行予約がスタート!グレードやエンジンの情報など紹介

2019年7月10日

BMW|1シリーズ|新型|内外装の画像公開!発売日は?

2019年5月27日


 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。