BMW | 1シリーズ | 新型 | 気になるエクステリアを見てきました

BMW1シリーズのエクステリア

ついにBMWの新型1シリーズが日本でも発売がスタートしました。

最初は1.5Lターボと2.0Lターボのガソリンエンジンのみですが、追って2.0Lのディーゼルエンジンモデルも追加されます。

さっそく、新型となった1シリーズのエクステリアを見てきましたので紹介しています。

BMW 新型1シリーズのラインナップをチェック


引用:https://www.bmw.co.jp/ja/topics/

BMWの新型1シリーズが2019年9月28日に世界同時発売となりました。

日本でもすでに見積もりや注文も可能なのですが、まだ展示車がごく一部のディーラーに出回り始めたばかりの状況で試乗車となると10月下旬以降となりそうです。

グレード構成は以下の通りです。

BMW 118i ¥3,340,000
BMW 118i Play ¥3,750,000
BMW 118i M sport ¥4,130,000
BMW M135i xDrive ¥6,300,000

ベースグレードの118iはほとんど受注生産扱いのため、実質3つのグレードからの選択となります。

このBMW1シリーズに限りませんが輸入車はDIN規格に対応していないため、ナビゲーションはメーカーオプションの純正品以外選べません。
このため必ずiDriveナビゲーション・パッケージという249,000円のメーカーオプションを選択することになります。

iDriveナビゲーション・パッケージには以下の内容が含まれています。

● BMWライブ・コックピット
(10.25インチ マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル、
10.25インチ ワイド・コントロール・ディスプレイ〔タッチ・パネル機能付〕、
HDDナビゲーション・システム〔VICS 3メディア対応〕)
● BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AI音声会話システム)
● ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)
● BMWコネクテッド・ドライブ・プロフ

また、アダプティブクルーズコントロールは、コンフォートパッケージ(¥170,000~190,000)を選択する必要があります。

最上位グレードのM135iにはiDriveナビゲーション・パッケージとコンフォートパッケージが標準装備となっています。

ますはガソリンエンジンモデルのみの構成でスタートしましたが、10月下旬にはディーゼルエンジンモデルの118dも追加となります。

今回エクステリアをチャック出来たのは118i M sportになります。

スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型のエクステリア

118i M sportのサイズは全長4355mm、全幅1800mm、全高1465mm、ホイールベース2670mm、最小回転半径5.4mになります。

BMW | 1シリーズ | 新型 | 最小回転半径がとんでもないことに...

2019年10月16日
パッと見た瞬間、今まで1シリーズよりキャビンの割合が増えているため一回り大きくなった印象を受けます。
BMW新型1シリーズのエクステリア

どっしりしたリアスタイルは1シリーズとはいえヒエラルキーを感じさせません。
BMW新型1シリーズのリア

Cピラーに小さなガーニッシュが追加されたことで6ライトのような伸びやかなサイドビューです。
BMW新型1シリーズのエクステリア

ヘッドライトユニットの形状から怒った顔に見えますね(笑)バンパー下部中央のリフレクターはミリ波レーダーかな?
BMW新型1シリーズのエクステリア

リアスタイルだけ見ると1シリーズか3シリーズかわからないくらいの迫力があります。118ではM sportといえども1本出しなんですね。
BMW新型1シリーズのエクステリア

3シリーズやZ4など最近のBMWの新型モデルと同じくキドニーグリルが縦方向に大きくなっています。
BMW新型1シリーズのエクステリア

とにかく目立つ!デカイ!!
BMW新型1シリーズのフロントグリル

ヘッドライト、デイライト、コーナリングランプはLEDで全グレードに標準装備なのはうれしいところ。
BMW新型1シリーズのエクステリア

ヘッドライド前面は逆スラント形状となっています。
BMW新型1シリーズのヘッドライト

フロントバンパーの張り出しはほとんどなく、横からみると出っ張りがありません。
BMW新型1シリーズのエクステリア

BMWでは珍しいフロントバンパー両端の縦スリットは貫通していて飾りではありません。
BMW新型1シリーズのエクステリア

サイドミラーはやや角ばった形状でトヨタ車でよくあるエアロスタビライジングフィンが付いています。
BMW新型1シリーズのサイドミラー

視界確保のためかサイドミラーがボディからかなり飛び出している印象があります。
BMW新型1シリーズのエクステリア

ドアハンドルの内側にはライトが付いています。
BMW新型1シリーズのドアハンドル

このCピラーのガーニッシュが有ると無いとでサイドビューの印象が大きく変わります。
BMW新型1シリーズのCピラー

限りなくツライチ!スタッドレス全盛の時代なので国産車も見習ってほしいところです。
BMW新型1シリーズのエクステリア

リアの側面もほぼツライチ状態で限られた寸法を有効活用?しています。
BMW新型1シリーズのリア側面

ブレーキランプが点灯した状態。
BMW新型1シリーズのテールランプ

M sportはリアバンパーはデュフューザー形状です。存在感を誇示するマフラーは最近では珍しいかも?
BMW新型1シリーズのエクステリア

リアバンパー両端のスリットはふさがっていました。
BMW新型1シリーズのエクステリア

給油口のパネルの裏をみると高級車を実感します。キャップレスではありませんでした。
BMW新型1シリーズのエクステリア

M sportは225/40R18のタイヤサイズでブリヂストンのトランザが装着されていました。
新型1シリーズのタイヤ

1.5L3気筒ガソリンエンジンのスペックは140ps(4200-6500rpm)、22.4kgm(1480-4200rpm)となります。
BMW新型1シリーズのエンジンルーム

やはりアッパーマウント部分は国産車とは造りが違います。1シリーズとはいえオイルダンパーはプレミアムブランドですね。
BMW新型1シリーズのエンジンルーム

 


スポンサードリンク



BMW 1シリーズ 新型 気になるエクステリアを見てきました まとめ

BMW1シリーズのエクステリア

BMWの新型1シリーズの118i M sportのエクステリアを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

フロントマスクも他の上位モデルに準じたデザインが採用されエントリーモデルとはいえ存在感があります。

個人的にはリアスタイルがお気に入りで一瞬3シリーズツーリングに見えませんか?

FRだった旧型の1シリーズはAピラーがかなり後ろへ下がっていてキャビンに対してボンネットが長く見える印象を持っていたのですが、新型1シリーズではキャビンが拡大され、よりバランスがとれたプロポーションに仕上がっていると思います。


引用:https://www.netcarshow.com

旧型の弱点だった狭いキャビン(おそらくCセグメントのハッチバックでは最も狭い)が改善されたことにより、1シリーズがマイカー候補となる人も多いのではないでしょうか?

新型1シリーズのインテリアもしっかり見てきましたのでチェックしてくださいね。

BMW新型1シリーズのリアビュー

BMW | 1シリーズ | 新型 | FF化で注目のインテリアを見てきました

2019年10月20日

BMW | 1シリーズ | 新型 | 最小回転半径がとんでもないことに...

2019年10月16日

BMW|1シリーズ|新型|先行予約がスタート!グレードやエンジンの情報など紹介

2019年7月10日

BMW|1シリーズ|新型|内外装の画像公開!発売日は?

2019年5月27日


 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。