BMW | 2シリーズクーペ | 220i Mスポーツモデルに試乗して評価してみました

BMW2シリーズクーペのエクステリア

すでに新型の開発車両も目撃されている2シリーズクーペ。
BMWの小型車で唯一となったFRモデルにようやく乗る機会ができましたのでカローラ、プリウス乗りの視点で感想をまとめてみました。

スポンサードリンク



試乗した 2シリーズクーペの概要

BMW1シリーズのクーペから派生したのが2シリーズクーペです。
新型となった1シリーズやアクティブツアラーなどFF化が進んでいますが、2シリーズクーペはFRを採用しています。
2021年に登場する次期型もFRで開発されていることがわかっています。

今回試乗させていただいたのは220iクーペMスポーツグレードになります。
BMW2シリーズクーペの外観

ボディーサイズ:4440×1775×1420mm
ホイールベース:2690mm
最小回転半径:5.1m
車重:1470kg
駆動方式:FR

2.0L直列4気筒ターボエンジン
最高出力:184ps/5000rpm
最大トルク:270Nm/1250-4500rpm
WLTCモード燃費:12.8km/L

トランスミッション
ZF製8速AT

この車にはMパフォーマンスパッケージというパーツが装着されていました。

BMW2シリーズの外観

スポンサードリンク



BMW 2シリーズクーペ 220i Mスポーツモデルに試乗してみました

BMW2シリーズクーペの外観

まず運転席へ乗り込んでドライビングポジションを調整してみます。
着座位置は少し低いかな?というレベルで乗り降りしにくいということはありません。(自分が低い着座位置が好みということもあります)
パワーシートなので微調整が出来るためばっちりポジションが決まります。また、座面先端を引きだすことが出来るで身長178cmの私でも快適なシートです。
BMW2シリーズクーペの運転席
しかし!私にとってベストなポジションに調整すると旧型1シリーズと同様にステアリングでメーターパネル上部が隠れてしまいます。「ああ..やっぱり!」

平均的な身長170cm前後の人なら問題ありませんのでご安心ください。

ではスタートボタンを押してエンジンを始動。
今の時代2Lターボエンジンはスポーツカーのエンジンといっていい存在ですが、意外に大人しいエンジンサウンドでした。
動き出しから巡行速度に乗せるまで十分なトルクがありシフトチェンジもスムーズ。アクセル操作のレスポンスも早くストップ&ゴーの多い街中でもとても扱いやすいエンジンです。
そしてコンパクトなボディーなので車両感覚がつかみやすく、慣れないクルマということでオドオドするようなこともありません。
乗り心地もなめらかで誰が乗っても快適な部類だと思います。

そして高速道路に乗ってみます。
ドライブモードをスポーツに切り替えて、合流ランプから待ちわびていた加速を開始!
ボディーの一体感を感じならが豪快に加速していきます。
数値的には86/BRZより劣る184psですが、ターボエンジンの220iの方がはるかにパワフルで高速道路では持て余すレベルの動力性能です。
ただ吸気を含めたエンジンサウンドとしては物足りない印象で、普通?のBMWとあまり変わり映えしません。

直進安定性はドイツ車なので文句なく、高速巡行も快適です。
ただ、この車固有の症状なのか路面の継ぎ目などを乗りこえた時、フワッと縦揺れがあります。2万km走行した車なので足回りがこなれているだけに意外でした。
まあ、硬いよりは乗り心地がいいのですが...

そして、最近お気に入りの全長15kmのワインディングコースにやってきました。

ここはメインのマイカーであるカローラスポーツはもちろん、ポルシャ911やBRZでさんざん走っているので比較するにはぴったりです。

一般道では十分すぎるパワーなので直線やコーナー立ち上がり加速は痛快、コーナー手前できっちり減速してステアリングを切り込んでいくと素直に車が反応してくれます。
アンダーやオーバーとは無縁のハンドリングでFRの運転の楽しさをひしひしと味わえます。「う~む、至福の時間だ~」

そしてブレーキングでは国産車よりボディーや操作系の剛性が高いので安心してコーナーへ飛び込めます。
また、荒れた路面でも乗り心地に大きな変化はなくスポーツカーらしからぬ快適性です。

数往復して2シリーズクーペ 220iの走りを堪能しましたが、やはりコンパクトサイズで高剛性ボディーと少し持て余すレベルのパワーは日本の道路にはぴったりです。
やっぱり自分にはCセグメント以上の車は要らないな~と実感しました。

スポンサードリンク



BMW 2シリーズクーペ 220i Mスポーツモデルに試乗して評価してみました まとめ


2シリーズクーペの220i Mスポーツモデルに試乗した感想をお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

普段カローラスポーツに乗っていることもあり、2シリーズクーペは自分にとって扱いやすいジャストサイズでした。
新型3シリーズや最近のSUVなどサイズがどんどん大きくなってしまっているので2シリーズクーペは数少ない選択肢となります。
2ドアですが、私の場合後席は実質荷物置き場になっていてほとんど人を乗せることがないので問題ありません。
86/BRZの様に極端に着座位置が低いわけでもないので毎日の普段使いにも適しています。

個人的な印象ですが2シリーズクーペの方がコンパクトなためか、3シリーズよりはるかにFRらしさを感じますね~
ブラインドスポットモニタや車線中央維持機能はありませんが、車線逸脱警報やアダプティブクルーズコントロール(オプション装備)はあるので、安全・運転支援システムもスポーツカーとしては優秀な部類といえます。
性格的にはスポーツカーというよりスポーツ走行もがっつり楽しめるGTカーですね。

ただ、FRを操る楽しさやエンジンサウンドなどスポーツカーの演出では86/BRZの方が勝っていると感じました。

モデル末期となった現行2シリーズクーペですが、運転が楽しい車をお探しならおすすめできる1台です。
ぜひ一度試乗してみてください。

BRZのエクステリア

自分がもとめていたのはコレなのか? スバル BRZ の試乗インプレッション

2020年6月9日

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。