カローラスポーツ カスタムパーツをピックアップしてみました

2018年6月にデビューした新型カローラスポーツはプリウスやC-HRとは違い走りを重視しています。
新型が発売されてから少しずつですがカスタムパーツが出揃ってきましたね、
定番のものから気になったものまでいろいろいろまとめてみました。
(画像をクリックすると商品紹介のページへ移動します)

コンテンツ

カローラスポーツのカスタムパーツ エクステリア編

TRDやモデリスタなどメーカー系純正パーツ以外をピックアップしています。

フロントバンパーガーニッシュ

「G」、「GX」グレードのオーナーなら気になるのでは?

フロントエンブレムガーニッシュ

ここはメッキでないとしっくりこないオーナーのために。

フォグランプガーニッシュ

たしかにあのフォグランプ周りは少しさびしいですね~

ヘッドランプガーニッシュ

モデリスタで製品化されているものと似た形状になっています。

リアバンパーステップガード

純正品の品質がいいのは理解できますがお高いです。

バックドア(テールライト)ガーニッシュ

なぜモデリスタのものはあんなに高価なのでしょう?

ドアハンドルカバー

ハンドルカバーはこれ以外にもいろいろ製品化されています。

ドアハンドルプロテクションガーニッシュ

ボディカラーが濃色車だと目立ちそうですね。

ドアミラーガーニッシュ

樹脂部分を隠すと同時にサイドビューのアクセントとして。

リアリフレクターガーニッシュ

これもモデリスタとほぼ同じデザインです。

サイドドアメッキモール

モデリスタで製品化されているものと似た形状になっています。

ウインドウメッキモール

メッキモールのないGXグレードにいかがでしょう?

ルーフスポイラーサイドガーニッシュ

これもモデリスタで製品化されているものに準じたものですね。

マッドガード

北米仕様の純正部品です。カラーがブラック限定なのが残念です。

LEDナンバー灯

こちらも低コストで効果的なドレスアップが期待できます。

こんな感じです。

カローラスポーツのカスタムパーツ インテリア(内装)編

シートカバー

シートカバーは車内の雰囲気を大きく変えるアイテムとしておすすめです。
メーカーオプションのレザーシートを付けない限り室内はブラック一色なのでコントラストを大きく変えると効果的ですね。
どの製品でもシートカバーの取付は慣れていないとかなり苦労します。可能なら取付はプロに依頼したほうがいいかも?
シートヒーターがついている製品もあります。

フロアマット

純正のフロアマットは高いんですよね~。
社外品として選択肢が多く毛並みの高さでグレードの選択も可能です。
納車前にあらかじめ調達しておくのも手です。

実際に使用していますが造りはかなりしっかりしていました。
また、フロアマットは運転席だけが早く消耗しますが運転席用だけでも入手できるので助かります。

ウインドウフィルム

カローラスポーツのウインドウは標準でUV、IRカットに対応していますが、断熱やプライバシーを強化したい方はどうぞ。

LEDルームライト

カローラスポーツのルームライトは残念ながらLEDではないのでこれはぜひとも交換したいですね。
純正オプションは異様に高いのが気になります。

ウインドウスイッチパネル

スイッチパネルは質感がいまいちなのでいかがでしょう?
ピアノブラックとサテンシルバーが選択できます。

オーバーヘッドコンソールパネル

ピアノブラックとサテンシルバーが選択できます。

スカッフプレート

純正品の品質がいいのは理解できますがお高いですが、こちらはお手頃価格ですね。

ラゲッジスカッフプレート

純正品の品質がいいのは理解できますがお高いです。

カップホルダーガーニッシュ

ここは樹脂素材で傷つきやすいので保護カバーとしてもいいですね。
ピアノブラックとサテンシルバーが選択できます。

リアシートアームレストパネル

このパーツはプリウスと共用のようです。

ドアノブガーニッシュ

ピアノブラックとサテンシルバーが選択できます。

カローラスポーツのカスタムパーツ 機能編

電動パーキングブレーキ 自動オートホールドキット

オートホールド機能はエンジン始動毎にホールドボタンを押す必要があります。
このキットで自動的にホールドボタンを有効にすることができます。

ドアロック連動ドアミラー格納キット

ドアロック時にドアミラーを自動に格納する機能はメーカーオプションのリヤクロストラフィックオートブレーキ、ブラインドスポットモニターなどのセットオプションが必要です。(自動で格納するくらい標準機能にしてほしいところですが....)
これらのオプションを選択しなかったときのためのドアミラー格納機能の後付けキットです。

カローラスポーツのカスタムパーツ トムス(TOM’S)は出していないの?

トヨタのメーカー系カスタムパーツといえば「モデリスタ」と「TRD」の他に「トムス(TOM’S)」があります。
現在「トムス」でも様々なカスタムパーツが開発中で、電子スロットルコントローラーはすでに提供されています。

見た目よりも走りを意識したデザインは落ち着きがあり個人的に期待しています。
19インチのアルミやリアのデュフューザーなんかカッコイイですね~
もちろん、エクステリアだけでなく排気系やサスペンションなど足回りのパーツも供給予定です。

引用:https://www.tomsracing.co.jp

トムス公式サイトはこちら

カローラスポーツのカスタムパーツ まとめ

後付けでモデリスタなどメーカー系純正のカスタマイズ品で揃えるとなると割引購入が難しいのでかなりお高くついてしまいます。
ということで、主に純正カスタムパーツの代わりになるものを集めてみました。

発売後まだ間もないこともありますが、C-HRにくらべてカスタムパーツはまだまださみしい状況ですね。
なにしろカローラスポーツはカローラ店のみの販売となることや日本では不人気のハッチバックということでC-HRほどの勢いがないこともあるでしょう。

しかしこの新しいカローラスポーツをベースに、カローラフィールダーやカローラアクシオが2019年に新型に切り替わります。
そうなるとカスタムパーツも一気に充実してくることが予想されます。

これが2019年に登場する新型カローラフィールダー!?画像大量です!

2018.10.03

カローラフィールダーとカローラアクシオはホイールベースが大きいとはいえ、共用できるパーツはかなりあると思われますので期待できそうです!

新型カローラスポーツ エクステリアの画像

2018.08.10

新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

2018.08.06

新型カローラスポーツの評価 ここがよかった

2018.08.19

新型カローラスポーツの評価 ここがダメ?

2018.08.03

カローラスポーツ ワインディングロードを走ってみた

2018.08.02

新型カローラスポーツと輸入車の走りを比較してみました

2018.08.16

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。