新型カローラスポーツ エクステリアの画像

新型カローラスポーツについては、インテリア(内装)やダメ出しの記事を出しているにもかかわらずエクステリアの紹介がまだでしたね。
あらためて新型カローラスポーツのエクステリアを画像を通じて紹介します。
車はハイブリッドの「G」グレード、ボディカラーは有料色のホワイトパールクリスタルシャインになります。

購入直後のインプレッションはこちら

カローラスポーツ 1000㎞走ってみた評価は?

2018.07.28
ワインディングロードのインプレッションはこちら

カローラスポーツ ワインディングロードを走ってみた

2018.08.02
インテリア(内装)の画像はこちら

新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

2018.08.06

スポンサードリンク



新型カローラスポーツ エクステリアの画像

新型カローラスポーツのエクステリアの特長は何といっても開口部の大きいキーンルックにつきますね。
フロントバンパーは巨大な開口部があり前面の投影面積がとても小さいです。まあレクサスのスピンドルグリルもいい勝負ですが。
新型カローラスポーツ エクステリア

ただしこれに似たデザインであるカローラアクシオやフィールダーと違って、新型カローラスポーツの方がノーズがかなり低くなっているのでずっとスマートです。プリウスと同様に低重心のTNGAによる設計のおかげですね。
新型カローラスポーツ エクステリア

「G」グレードはフロントロアグリルのフレーム部分がガンメタリック艶あり塗装、メッシュ部分はガンメタリックの半艶塗装ということになっていますが、見た目は真っ黒です。
よーく目をこらしてみると確かにガンメタのような....フレーム部分はトヨタの公式ホームページのイメージとはかなり印象が違います。

LEDヘッドランプユニットは「GZ」グレードのプロジェクタータイプではありませんが個人的にはこちらの方が好みです。ランプユニットがボディラインから飛び出して角ばっていますね。
「G」グレードなのでLEDフォグランプはオプション設定になっています。私の場合、通勤で田舎道も走るので迷わず付けました。
新型カローラスポーツ エクステリア

賛否両論のカローラマークですが、デザインは置いとくとしてこの配色は少し安っぽさを感じます。
新型カローラスポーツ エクステリア

インパクトのあるフロントやリアに比べてサイドはオーソドックスなデザインです。
ハイブリッド車なのでフロントフェンダーにオーナメントが付いていますが、サイドビューではいいアクセントだと思います。
新型カローラスポーツ エクステリア

サイドミラーは外側がとんがった形状です。内側にはトヨタお約束の小さなフィンが付いています。
Aピラーのこの継ぎ目が気になる...この隙間は意図したものなんだろうか?
新型カローラスポーツ エクステリア

ドアパネルの形状は非常に複雑です。
新型カローラスポーツ エクステリア

スポンサードリンク



リアも新型カローラスポーツのデザインにおいて大きな特長になっていますね。
新型カローラスポーツ エクステリア

とにかく一目で「デザインを優先したな」と思える曲面で構成されています。
ラグビーボールとはよくいったもので、ホントにぷっくり膨れています。
新型カローラスポーツ エクステリア

バックドアは樹脂製ですが、軽々と持ち上がるというほどではありません。それでもC-HRと比べれば雲泥の差です。
軽さよりもデザインの自由度で樹脂製にしたようなものですね。
「G」グレードなのでなんちゃってマフラーカッターはありません(;^ω^)
新型カローラスポーツ エクステリア

シャークアンテナです。
新型カローラスポーツ エクステリア

ヘッドライトとポジションランプの点灯時です。
新型カローラスポーツ エクステリア
新型カローラスポーツ エクステリア

新型カローラスポーツ エクステリアの画像 まとめ

新型カローラスポーツ エクステリア

以前の記事でも書きましたが、この新型カローラスポーツは見る角度でかなり印象が変わってきます。
場合によってはヴィッツやアクアクラスか?と思えるほどコンパクトに見えますが、これでもゴルフより大きいんですけどね~
トヨタはこの車をコンパクトカーとして分類していますで妙に納得してしまいます。
新型カローラスポーツ エクステリア

キーンルックにマイナーチェンジしたカローラアクシオを見たときは、かなり抵抗を感じましたが、このカローラスポーツはキーンルックがよく似合うと思います。
「GZ」グレードではホイール周りのみせ方を意識したりと、ようやく日本車というかトヨタ車も実用性以外の魅力も追及するようになったのはうれしいですね。

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。