トヨタ | ヤリスクロス | 安っぽい?気になる内装(インテリア)をチェック

ヤリスクロスZのブラスゴールドメタリック外観

トヨタの新型コンパクトSUVのヤリスクロスは、取り回しに優れたコンパクトなサイズが魅力です。
そのヤリスクロスの気になる内装(インテリア)をチェックしてみました。
2020.9.18更新 ヤリス用アームレストの追記

ヤリスクロスの関連記事はこちら

トヨタ 新型ヤリスクロスの内装(インテリア)をチェック

新型ヤリスクロスの内装(インテリア)をご紹介していきます。

こちらがヤリスクロスのインパネですが、ヤリスと共通のデザインが採用されています。
Zグレードはブラックとダークブラウンのツートーン仕様でアクティブな外観とは違い落ち着いた印象を与えてくれます。これはこれでいいのですが出来ればカラーの選択肢が欲しかったところです。
ヤリスクロスのインパネ
ちなみにGグレードだとブラックのみの構成になります。

もう少しカジュアルに決めたいならディーラーオプションで木目調パネルも用意されています。
ヤリスクロスのウッドパネル
引用:https://toyota.jp
ステアリングもヤリスと共通のデザインでスイッチパネルの左側は表示やメディア操作、右側はクルーズコントロール関係の操作スイッチになります。
ZとGはステアリングとシフトレバーが本革革巻き仕様です。
ヤリスクロスのステアリング

ヤリスのインパネと異なる点として、メーターフードとメーターパネル、そしてエアコン操作パネルがあります。
Zのメーターパネルは7インチオプティトロンメーターでカローラシリーズに似たデザインを採用、GはヤリスのZと同等の4.2インチデジタルメーターとなります。
ヤリスクロスのメーターパネル

エアコン操作パネルは、ヤリスより少し高級感がありますね。
その下にはUSBポートとシートヒーターのスイッチがあります。
ヤリスクロスのエアコン操作パネル

フロントのコンソールボックスの奥には12Vサービス電源があります。
ヤリスクロスのインパネ

ZとGには8インチ、Xには7インチのディスプレイオーディオが標準装備です。
ヤリスクロスのディスプレイオーディオ

グローブボックスの容量は車検証や取扱説明書を入れるといっぱいになるサイズです。
ヤリスクロスののグローブボックス

ステアリングの右奥にはオプション関連のスイッチとETC車載器が並んでいます。
ヤリスクロスのスイッチ

ペダルは吊り下げ式です。
ヤリスクロスのペダル

頭上にはヘルプネットのボタンとマップランプ(豆球)
ヤリスクロスのマップランプ
バイザーは運転席、助手席共にバニティーミラーとライトが付いています。
ヤリスクロスのバニティーミラー

センターコンソールはパーキングブレーキが電動になっていることでヤリスと大きく異なっています。
ヤリスクロスのセンターコンソール

ドライブモードの切替スイッチやオートホールド、電動パーキングのボタンが並んでいます。コンソールの後ろはカップホルダーを兼ねた物入スペースとなっています。
ヤリスクロスのカップホルダー

後席側にも小さな物入れが確保されています。ヤリスとはややデザインが異なりますがコンソールの横幅は同じなのでアームレストなどヤリス向けの用品も流用で出来そうですね。
ヤリスクロスのセンターコンソール

室内灯も残念ながらLEDではありません。
ヤリスクロスの室内灯

ドアパネルもヤリスと共通デザインですね。Zでは中央パネルがダークブラウンのざらついた手触りのモケットが使われています。
ヤリスクロスのドアパネル

Gになると全面がブラック1色となるのでZと比較すると見た目の印象に差があります。
ヤリスクロスのドアパネル

フロントシートのデザインはZとGで共通ですが、Zは合成皮革があしらわれています。Xはヘッドレストが一体型となります。
ヤリスクロスのフロントシート

Zでは一つのモーターで動作するパワーシートが標準装備です。調整幅はたっぷりありました。
ヤリスクロスのパワーシート

こちらはディーラーオプションのアームレスト(19,800円)ですが、運転席のみの設定になります。
ヤリスクロスのアームレスト

運転席から見た左後方視界です。
Cピラーの死角がやや気になるところですが、C-HRに比べればはるかにマシでしょう。
ヤリスクロスの左後方視界

後席は室内高が確保されていることもあり、ヤリスよりはるかに乗り込みやすいですね。ただドアはもう少し開いてほしいところ。
ヤリスクロスの後席

身長178cmの私が運転席のポジション調整して後ろに座ってもヒザ前でこぶし1個分のスペースがありました。
ホイールベースはヤリスとわずか10mm長いだけですが、体感的にはヤリスクロスの方が広く感じます。
ヤリスクロスの後席足元空間

ZとGは後席シートバックが4:2:4分割で、真ん中がアームレストを兼ねています。
ヤリスクロスの後席アームレスト

 

スポンサードリンク


トヨタ 新型ヤリスクロスのラゲッジスペース(荷室)をチェック

ヤリスクロスの外観
ヤリスクロスのラゲッジスペースは後席利用でVDA方式で390L(床板を下段にセットした状態)あり、C-HRより広くステーションワゴンのカローラツーリングとほぼ同じサイズです。
全長4,180mmを考えればとても優秀です。バンパーとの段差もよく抑えられていま。
ヤリスクロスの後席使用時のラゲッジスペース

後席シートバックはZとGでは日本車では珍しい4:2:4分割となっています。フルフラットでは奥行が1590mmあります。
ヤリスクロスでフルフラット
車中泊が出来るか検証してみましたのでこちらもチェックしておいてくださいね。

ヤリスクロスZの外観

トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!

2020年9月1日
ラゲッジスペースはゴルフバックが2個入るように荷室手前の両サイドがえぐれていて横方向の寸法が確保されています。
左側面にはラゲッジランプと12Vサービス電源の他にハイブリッド車専用オプションで容量1500WAC100Vのコンセントも追加できます。
ヤリスクロスのラゲッジ

トノカバーは15,000円のオプションになります。
ヤリスクロスのトノカバー

テールゲートはZとGではハンズフリーパワーバックドア(77,000円)を選択することが出来ます。
ヤリスクロスのテールゲート

ハンズフリーパワーバックドアはオープン時のドアの高さを指定できるので、天井の低い駐車場では助かりますね。
ヤリスクロスのテールゲート

スポンサードリンク


トヨタ ヤリスクロス 安っぽい?気になる内装(インテリア)をチェック まとめ

ヤリスクロスの内装
ヤリスクロスの内装(インテリア)をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

インパネ周りの基本デザインはヤリスと共通ですが、材質や配色など細かい差別化が施されていてヤリスより少し上質に感じられました。
また、サイズは所詮、ヤリスがベースだから狭いだろうという予想をくつがし、想像以上の室内空間が確保されていました。

コンパクトカーですが、上のクラスを凌駕する積載量が確保されており、最近のデザイン優先のモデルとは一線を画す実用を考えた設計なのはうれしいところです。
後席に大人を乗せることが少ないならヤリスクロスは十分活躍してくれるでしょうね。

ヤリスクロスについては引き続き、また情報をアップしていきますね。


ヤリスクロスの関連記事はこちら

ヤリスクロスGの外観

ヤリスクロス | 値段や装備など最新情報をまとめてみました

2020年6月21日
ヤリスクロスのカラーラインナップ

トヨタ | ヤリスクロス | 新型の気になる色・カラーを紹介!おススメの色は?

2020年7月26日
ヤリスクロスZの外観

トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!

2020年9月1日
ヤリスクロスとキックス

ヤリスクロスとキックスを比較してみました!キックスの優位点は?

2020年5月7日
ヤリスクロスとライズ

ヤリスクロスとライズを比較してみました!どっちがいいの?

2020年4月29日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。