新型オーリス(2018) 画像や最新情報

2018年3月6日よりスイスで開催されているジュネーブモーターショー。

ここでトヨタは2018年にフルモデルチェンジを果たす新型オーリスを発表しました。

以前からテストカーのスパイショットが流通していましたが、ついにエクステリアやエンジンなどの情報が披露されました。

新型オーリスのエクステリア画像やスペックなど最新情報をまとめています。

新型オーリス 画像や最新情報  新型のエクステリア画像

サイドビューは非常にオーソドックスなデザインです。Cピラーもシンプルでスッキリしていますね。
新型オーリス 画像

CH-Rやプリウスで展開しているブラックのルーフ、ピラーで構成された2トーンカラーが用意されています。
新型オーリス 画像

大径ホイールがマッチしていますね!18インチ?19インチ?
新型オーリス 画像

引用:http://blog.toyota.co.uk/new-toyota-auris

ヘッドライトは今までのトヨタにはなかった新しいデザインですが、アメリカで販売予定の新型アバロンと通じるものがありますね。

バンパー下部は現行の国内向けカローラアクシオに似た大きな台形型ガーニッシュが採用されています。格子はハニカム形状です。
そこに控えめなサイズのLEDフォグランプが装備されています。

現行(旧型)

リアバンパー下部は黒のガーニッシュとデザインされたマフラーカッターとなっています。リアスポイラー全車標準装備です。

新型オーリス 画像

現行(旧型)

スポンサードリンク



新型オーリス 画像や最新情報 予定されているエンジンラインナップ

2.0Lハイブリッド THS-Ⅱ

180ps 世界最高レベルの熱効率40%を実現した新開発エンジン
新型オーリス 画像

1.8Lハイブリッド THS-Ⅱ

120ps プリウスやCH-Rに採用されているものを改良

1.2Lガソリンターボエンジン

116ps CH-Rに採用されているエンジンに相当します。

欧州向けオーリスに設定されていたディーゼルエンジンは新型では見送られました。

トヨタは欧州向けモデルにディーゼルエンジンの設定を今後おこなわない方針です。

新型オーリス 画像や最新情報  車体寸法などの詳細情報

新型オーリス 画像
全長 4370mm
全幅 1790mm
全高 1455mm

旧型比で全長は40mm延長、全幅は30mm延長、全高は25mm低下、ボンネットも低く抑えられており、重心が20mm下がっているそうです。
新型オーリス 画像

フロントオーバーハングは20mm短く、リヤオーバーハングは20mm延長されています。
新型オーリス 画像

2.0Lハイブリッドモデルにはパドルシフトが装備されます。


メーターパネルが少しだけ披露されています。
中央にスピードメーター、左側にタコメーター、右側に燃料計ですね。

画像ではスピードメーター中央に運転モードのメニューが表示されています。
...ということは新型オーリスもCH-Rと同じくファンクションキーによる切り替え式でしょうか??
メニュー読みだし → 選択 → 決定という操作の手間があって不便なんですけど...

 

もちろん新型オーリスも現行プリウスから採用が始まった『TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)』が採用されています。

またリアサスペンションは同じく現行プリウスで採用されているマルチリンク式になります。

安全システムでは現行のオーリスは『Toyota Safety Sense C』という低スペックのものでしたが、新型オーリスではミリ波レーダーを使った最新の『Toyota Safety Sense』に切り替わります。
歩行者の検出や全車速対応のACC(アダプティブクルーズコントロール)が備わっています。

トヨタセーフティセンスの第二世代が登場! 搭載車は?

2018.01.08

スポンサードリンク




新型オーリス 画像や最新情報 まとめ

新型オーリス 画像

ついにフルモデルチェンジを果たす新型オーリスが発表されました。

偽装を施したテストカーの画像からいくつかの予想エクステリア画像が出回っていましたが、現物は一歩上を行くアグレッシブなデザインでしたね~

カムリやCH-Rといい最近のトヨタは本当にデザインを大きく変えてきていますが、好感を持って迎えられているのではないでしょうか?

また、今回の注目ポイントとしてエンジンラインナップにハイパワーの2.0Lハイブリッドの登場です。

「トヨタのハイブリッドモデルは燃費はいいが走りが面白くない」と言われ続けてきましたが、これがトヨタの回答でした。

排気量がアップしたとはいえ180馬力は、もう全く別物ですね!今から試乗が楽しみです。

燃費重視の1.8Lハイブリッドモデル、パワー重視の2.0Lハイブリッドですが、この選択肢が日本でも同じように用意されることを期待しましょう。

欧州(ヨーロッパ)では、ディーゼルエンジンに逆風が吹いており、今までディーゼルエンジンを推し進めていたドイツでさえシェアが低下しています。

もともとトヨタのハイブリッドカーに対抗するためのディーゼルエンジンでしたので、逆にトヨタにとっては追い風となってきました。

ドライバビリティを向上させた今度の新型エンジンで一気にシェアを伸ばす作戦ですね!

欧州モデルの発売は2018年後半とアナウンスされていますが、国内モデルは2018年6月に先行投入される見込みです。

ちなみに国内モデルはオーリスではなく「カローラスポーツ」という名称に変更とのことです。

インプレッサやアクセラと同様にハッチバックはスポーツなんですね。 オーリスという名前では売れないと判断されたのかな?

2018年3月23日 ニューヨークモーターショーで披露される北米版オーリスを紹介しています。

新型オーリス改めカローラハッチバック(2018)の画像

2018.03.24

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。