トヨタ | ヤリスクロス | 気になる外観(エクステリア)をチェック

ヤリスクロスのエクステリア

ライズと並んで大人気となるのは確実なトヨタの新型コンパクトSUVのヤリスクロス。
気になっている人も多いヤリスクロスをカラーチェックも兼ねての外観(エクステリア)をご紹介します。

2020.9.23更新 画像を追加

ヤリスクロスの関連記事はこちら

トヨタ 新型ヤリスクロスのプロポーション

ヤリスクロスのブラックマイカのエクステリア

画像はすべて上級グレードのZになります。

始めて見た印象では確かにコンパクトではありますが、車高があるので実際より大きく見えて存在感がありますね。
ヤリスクロスZの外観

RAV4やレクサスUXに似たフェンダーアーチが力強く、大きなサイドガーニッシュがアクティブな印象を与えてくれます。Xグレードではドアのガーニッシュの車名プレートはありません。
ヤリスクロスのサイドビュー

リアビューはハリアーに似た横基調のテールランプのおかげでワイド感がありコンパクトカーらしからぬ安定感です。
ヤリスクロスのリアスタイル

キーンルックを採用しているトヨタ車の中でとびきりシンプルな造形のフロントマスクです。上段のグリルはピアノブラック塗装になっています。
ヤリスクロスのフロントマスク

個人的にコンパクトSUVでこのデザインの組み合わせが新鮮です。バンパーもとってもシンプル!
ヤリスクロスのリアビュー

車高のおかげでボンネットの高さもあり、斜め前から見るとコンパクトSUVとしてはかなりの迫力です。
ヤリスクロスのベージュのフロントビュー

こちらはGグレードです。見た目の違いはホイールとフロントグリルが無塗装となっています。
ヤリスクロスGのブラスゴールドメタリックの外観
ヤリスクロスGのブラスゴールドメタリックのリアスタイル

スポンサードリンク


トヨタ 新型ヤリスクロスの外観(エクステリア)をチェック

好き嫌いがはっきり分かれてるヤリスと違いヤリスクロスのシンプルなフロントマスクはトヨタ車として新鮮に映ります。RAV4と同じグリル二段重ねのデザインですね。
ヤリスクロスのベージュのフロントマスク

シンプルな形状のヘッドライトユニットは、ボンネットと同じラインで上面まで伸びる立体的なデザインです。
バンパー外側にある縦長のウインカー兼用デイライトが2段整流の役目を果たしています。
ヤリスクロスのベージュの外観

フロントタイヤ手前の大きめのスパッツはタイヤへの走行風への低減や整流効果があります。
ヤリスクロスGのスパッツ

Aピラーは全車ブラック塗装でサイドミラーはツートーンカラーを選択するとブラック塗装となります。
ヤリスクロスのサイドミラー

Cピラー周りもヤリスの面影は微塵もなく、むしろRAV4に近いですね。ブラックルーフはリアスポイラーの延長線上に塗り分けられています。
ヤリスクロスのCピラー

ヤリスクロスは国内向けにストレットされていないのでフェンダーの張り出しもボリュームがあります。

ヤリスクロスのリアフェンダー

個人的にヤリスの“フ”の字のテールランプよりこちらの水平基調の方が好みです。すべてLEDランプです。
ヤリスクロスのリアコンビネーションランプ

ヤリスクロスの最低地上高は170mmとなっていますが、これはフロントのサスペンション周りの数値で大半の底面は実質200mmが確保されています。
ヤリスクロスのマフラー

Zグレードに装着されているタイヤサイズは215/50R18でダンロップのエナセーブが採用されています。
ヤリスクロスのタイヤ
Gグレードに装着されているタイヤサイズは205/65R16でヨコハマのブルーアースGTが採用されています。
ヤリスクロスGのタイヤ

オプションのルーフレール。
ヤリスクロスのルーフレール

こちらではシルバーメタリックのヤリスクロスの外観がチェックできます。

ヤリスクロスの外観

トヨタ | ヤリスクロス | 先行展示会で気になる外観(エクステリア)を見てきました

2020年8月10日

スポンサードリンク


トヨタ ヤリスクロス 気になる外観(エクステリア)をチェック まとめ

ヤリスクロスのブラックマイカのエクステリア
ヤリスクロスの外観(エクステリア)をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ここまでヤリスの面影を消し去るとは思いもよりませんでしたね~
ベースとなったヤリスはキーンルックをはじめかなり好き嫌いがはっきり分かれる造形でしたが、ヤリスクロスはクセが抑えられており直線基調のプレーンなデザインです。
これならファミリカーとして家族の同意も得やすいかもしれませんね?

アクアのクロスオーバーがヒットしなかった経験からなのか、SUVとして単なる車高アップや架装だけでなく、開発費をかけてしっかり走破性を高めてきたので正統派SUVとして使えます。
取り回しや価格設定も含めて、本当に売れない理由がない車に仕上げてきましたね。

個人的にも数あるSUVの中では最も気になるモデルとしてマイカー候補のリストに挙がっています。

ヤリスクロスについては引き続き、また情報をアップしていきますね。


ヤリスクロスの関連記事はこちら

ヤリスクロスGの外観

ヤリスクロス | 値段や装備など最新情報をまとめてみました

2020年6月21日
ヤリスクロスZのブラスゴールドメタリック外観

トヨタ | ヤリスクロス | 安っぽい?気になる内装(インテリア)をチェック

2020年9月14日
ヤリスクロスのカラーラインナップ

トヨタ | ヤリスクロス | 新型の気になる色・カラーを紹介!おススメの色は?

2020年7月26日
ヤリスクロスZの外観

トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!

2020年9月1日
ヤリスクロスとキックス

ヤリスクロスとキックスを比較してみました!キックスの優位点は?

2020年5月7日
ヤリスクロスとライズ

ヤリスクロスとライズを比較してみました!どっちがいいの?

2020年4月29日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。