ヤリスクロスとキックスを比較してみました!キックスの優位点は?

ヤリスクロスとキックス

2020年8月にデビューするトヨタの新型SUV、ヤリスクロスが発表されました。
その一方、日産では待望のニューモデル、キックスが2020年6月に発売の予定です。
さっそく判明している情報をもとにヤリスクロスとキックスを比較してみました。

日産待望の新型モデル キックスの概要

日産キックスのエクステリア
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

キックスとは2020年6月に新型として国内市場に投入される日産のコンパクトSUVです。
販売が終了してしまったジュークの後継モデルとして位置付けられています。
改良されたe-powerや実用性の高いパッケージに注目です。
詳しくはこちらの記事で紹介していますのでチェックしてくださいね。

日産キックスのフロントビュー

日産 | キックス | 間もなく発売される新型のサイズなど情報をまとめてみました

2020年5月6日

ヤリスクロスとキックスのエクステリア(外観)を比較

2台のボディサイズを比較

ヤリスクロスのエクステリア
キックスのエクステリア
引用:https://global.toyota
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

トヨタ ヤリスクロス
全長:4,180mm
全幅:1,765mm
全高:1,560mm
ホイールベース:2,560mm

日産 キックス
全長:4,295mm
全幅:1,760mm
全高:1,620mm
ホイールベース:2,620mm

ヤリスは国内向けボディーサイズが5ナンバーですが、ヤリスクロスは全幅1,765mmで3ナンバーサイズとなります。
全高が1550mmをオーバーしているため立体駐車場がネックとですね。
対するキックスはヤリスクロスより全長で約100mm、全高で50mmとひと回り大きいサイズとなっています。
最小回転半径はどちらも5.0~5.1mと予想されており、取り回しで大きな差はないと思われます。

ただ、ホイールベースはキックスが60mmも長いため後席の居住性でアドバンテージがあります。

フロントのデザインを比較

ヤリスクロスはベースのヤリスから大きく全幅を広げているためフェンダーの張り出しが大きく迫力が感じられます。
フロントマスクはキーンルックを採用しているものの真ん中に貫くバーが新鮮です。
ヤリスクロスのフロントマスク
キックスのフロントマスク
対するキックスも日産車の顔であるVモーショングリルが採用されていますが、今回、日本に投入されるキックスではこの画像よりも大きなものに置き換えられます。
引用:https://global.toyota
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

サイドのデザインを比較

ベースのヤリスよりリアのオーバーハングが200㎜延長されてRAV4に限りなく近いプロポーションとなっています。ヤリスがベースとはちょっとわからないレベルですね。
ヤリスのサイドビュー
キックスのサイドビュー
一方、キックスはリアドアがキックアップしたデザインと丸いオーバーフェンダーを除けばヤリスクロスに似たプロポーションですね。奇をてらわない端正なスタイルではないでしょうか?

引用:https://global.toyota
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

リアのデザインを比較

ヤリスクロスのバックドアはベースのヤリスとは全く異なるデザインが採用されています。横長のテールランプユニットがワイドな印象をを与えてくれます。
ヤリスクロスのリアビュー
キックスのリアビュー
キックスは兄貴分のエクストレイルに準じたデザインといえますが、テールランプは独自の尖ったデザインが採用されています。

引用:https://global.toyota
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

スポンサードリンク



ヤリスクロスとキックスのインテリア(内装)を比較

インパネを比較

ヤリスクロスは基本的にヤリスと同じデザインが与えられています。
メーターパネルは7インチディスプレイ、センターコンソールはサイドブレーキから電動パーキングに進化しています。
ヤリスクロスのインパネ
キックスのインパネ
キックスのこの画像は海外仕様であり、残念ながら日本向けはブラック一色になる可能性が高いです。インパネ中央にはステッチ付きの合成皮革が施されていてヤリスクロスより上質に見えます。
e-powerですがシフトレバーは一般的なタイプのデザインが採用されています。
引用:https://global.toyota
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

ヤリスクロスのホイールベースベースはヤリスと10mmしかかわらないため体感的にヤリスと同じ足元空間と考えていいでしょう。つまり大人の男性だときびしいレベルです。
新型ヤリスの後席足元
キックスのリアシート
引用:https://www.youtube.com/watch?v=W9XszMsWrEw
対してキックスは身長180cmの男性が座って膝前でこぶし1個分以上のゆとりがあるため、後席の居住性はキックスの圧勝といっていいでしょう。

ラゲッジスペースと容量を比較

ヤリスクロス
ヤリスから延長されたリアのオーバーハングはラゲッジスペースの拡大に充てられていてVDA方式で350Lを確保しています。
床面は荷物に応じて2段階選べるようになっていて使い勝手もよさそうです。
後席シートバックはこのクラスでは珍しい4:2:4の3分割となっていてセンターはアームレストも兼ねています。
ヤリスクロスのラゲッジスペース
フルフラット時のシートバックは、やや傾斜しています。
ヤリスクロスのラゲッジスペース
引用:https://global.toyota

キックス
後席シートバックは一般的な6:4分割となっています。ラゲッジ容量は432LありDセグメントに迫る大容量です。
日産キックスのラゲッジスペース
日産キックスのフルフラット
キックスでもフルフラットではシートバックが傾斜していますが、それ以上に段差が気になりますね。
引用:https://www.youtube.com/watch?v=W9XszMsWrEw

スポンサードリンク



ヤリスクロスとキックスを比較してみました!キックスの優位点は? まとめ

ヤリスクロスとキックス
引用:https://global.toyota
引用:https://www.nissanusa.com/

現在、判明している情報をもとにトヨタヤリスクロスと日産キックスを比較してみましたがいかがだったでしょうか?

ヤリスクロスとキックスの登場で国内のコンパクトSUVはヴェゼル、CX-3、RVR、ライズ(ロッキー)、クロスビーと選択肢が一気に充実してきました。
さすがにこれからはライズの一人勝ちということにはならないかもしれませんね。

ヤリスクロスとキックスの2台に注目すると、どちらも力強い走りが期待できそうです。
ただ室内の広さでいえば明確にキックスがリードしていますので、後席の利用頻度や荷物の量が多いとキックスということになります。
キックスのエクステリア
引用:https://www.nissan.co.th/vehicles/new-vehicles/kicks/

持ち駒の多いトヨタと違い、日産はキックスの守備範囲が広いため競合に持ち込みやすいのではないでしょうか?

人気のジャンルで個人的にもちょうどいいサイスなので、この2台は引き続き注目していきますね!

ヤリスクロスのフロントビュー

ヤリス | クロスオーバー | 名称は「ヤリスクロス」気になる発売日は?

2020年4月24日
ヤリスクロスとライズ

ヤリスクロスとライズを比較してみました!どっちがいいの?

2020年4月29日
日産キックスのフロントビュー

日産 | キックス | 間もなく発売される新型のサイズなど情報をまとめてみました

2020年5月6日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。

スポンサードリンク