トヨタ | ヤリスクロス | 1.5Lガソリンエンジンモデルを試乗した感想です

ヤリスクロスを試乗した感想

発売以来、納期が延び続けるほど売れているトヨタのヤリスクロス。
ところがこのヤリスクロスに乗った人の感想にかなりばらつきがあるのが気になっていました。
そこでプリウス、カローラ乗りの立場から1.5Lガソリンエンジンモデルに試乗してきましたので感想をまとめています。

ヤリスクロスの関連記事はこちら

今回試乗したヤリスクロスの概要

試乗したのはヤリスクロスのガソリンエンジンモデルでZグレードの2WDになります。
ヤリスクロスのサイドビュー
全長:4180mm
全幅:1765mm
全高:1590mm
ホイールベース:2560mm
最小回転半径:5.3m
車両重量:1020kg

エンジンはヤリスにも搭載されている新開発ダイナミックフォースエンジンです。
直列3気筒1.5Lエンジン
最高出力:120ps/6,600rpm
最大トルク:145Nm/4,800-5,200rpm
駆動方式 : FF
燃料タンク容量 : 42L
WLTCモード燃費 : 18.8km/L

タイヤサイズは215/50R18でダンロップのエナセーブEC300+を履いています。
ヤリスクロスのタイヤ
スポンサードリンク


トヨタ ヤリスクロス1.5Lガソリンエンジンモデルを評価してみました

このZグレードはパワーシートが標準装備されています。さっそく運転席に座ってシートポジションを調整してみました。
ヤリスクロスの運転席
操作レバーの使い勝手にややクセがありメモリー機能が無いなど不満もありますが、やっぱり微調整が出来るのはいいですね。
ヤリスクロスのフロントシート
もちろん、ステアリンングにはチルトとテレスコピック機能も付いています。
身長178cmの私でも適切なドライビングポジションが決められました。明らかにヤリスのZグレードのものより調整幅があります。

ヤリスクロスのインテリア
では、エンジンをかけてスタートしてみます。
停止状態からの動き出しはなめらかです。
アイドリングも含めてわずかな振動はありますが、3気筒エンジンということで音や振動に過敏になっていたとしても問題視するレベルではありません。
私の場合、このクラスならこのレベルの振動や音は当然という認識というか偏見を持っているので全く気にならないですね~(笑)

進入した幹線道路の流れ(50~60km/h)に乗るべくアクセルを踏みましていくと予想よりほんの僅かながら遅れて速度が乗っていきます。
大人3人が乗車している状態を考えるとまずまずといったところで、余裕はありませんが必要最低限のトルクは感じられます。
もう少し遅れていれば非力の烙印を押してしまうところですが、このレスポンスなら普段使いでストレスを感じることもなく扱えそうです。

ただ、出足の力強さは明らかにハイブリッドが勝っていますので、ストップ&ゴーの多い街中の利用頻度が高いなら精神的に余裕が生まれるハイブリッドの方がいいかもしれません。
ヤリスクロスのペダル
ブレーキのタッチもクセがなくアクセル操作も含めて誰もがすぐに運転になじめるでしょう。
ヤリスクロスは最低地上高が170mmありますが、運転していてそれほどアイポイントが高くなった印象はありません。
Aピラー周りや周囲の視界は良好で、運転していて不安になる要素はありません。
ヤリスクロスを試乗

ガソリンエンジンモデルでもパドルシフトがないので、エンジンブレーキをかけるにはシフトレバーを右に倒してマニュアルモードにする必要があります。
マニュアルモードにするだけで取りあえずエンジンブレーキが発生しますので、私なら頻繁にシフトレバーを左右へ切替しながらの運転になりそう。(個人的には問題なし)
ヤリスクロスのシフトレバー

乗り心地ですが、扁平率50タイヤということもあり、路面からの衝撃はうまくいなされていて、路面の凹凸やマンホールなどによる不快に感じる突き上げはありませんでした。
このサイズで18インチは抵抗がありますが、十分履きこなしているといえそうです。
カーブを旋回中も適度なロールに抑えられていて腰高感は乏しいです。
ヤリスクロスのリアビュー
それにしてもステアリングの操作を通じてボディー剛性の高さを感じさせます。
2WDのガソリンエンジンモデルということで最も車重が軽いこともありますがボディーの一体感が感じられキビキビとした走りが可能です。
剛性面で、もはや国産車の弱点がほとんどなくなったといっていいかもしれませんね。

スポンサードリンク


トヨタ ヤリスクロス 1.5Lガソリンエンジンモデルを試乗した感想です まとめ

ヤリスクロスの斜め前からの画像
ヤリスクロスのガソリンエンジンモデルを試乗した感想をお届けしましたがいかがだったでしょうか?

今回は営業スタッフさんから「好きなだけ走ってください」とのことだったのでお言葉に甘えて30分ほど運転させていただくことが出来ました。

ヤリスクロスはベースとなったヤリスより約100kg重いためパワー感や取り回しが気がかりでしたが、無用の心配でした。
がっちりと引き締まったボディーとコントロールしやすいフットワークを持っており、トヨタのSUVの中でも運転して楽しい部類に属します。
ステアリングを通じてしっかりトラクションが感じられたのが好感が持てました。

さて、1.5Lガソリンエンジンですが、街乗りでは十分実用的なレベルに仕上られていました。
ただ、同じエンジンを積むヤリスより重くなっているので軽快とまではいきませんね~

低速域で意図的にパワフルな味付けの1.0Lターボを搭載しているライズや上質な1.2Lターボエンジンのプジョー208を知ってしまうと見劣りしてしまいます。

ライズのリアスタイル

ライズ | 口コミ | 評価 | 走行性能や乗り心地、燃費などのレビュー

2020年2月5日
プジョー208の外観

プジョー | 208 | 新型を試乗して評価してみました!

2020年9月27日
これらのライバルにヤリスクロスが対抗するにはハイブリッドでないと苦しいな...と感じました。

もっとも今までどんな車に乗っていたかで評価が大きく分かれそうです。
ハイブリッドを購入するつもりがないなら、試乗はガソリンエンジンだけに絞ったほうがいいでしょう。

ということで予算が許すならハイブリッドモデルをおススメしたいところです。

ヤリスクロスについては引き続き、また情報をアップしていきますね。


ヤリスクロスの関連記事はこちら

ヤリスクロスGの外観

ヤリスクロス | 値段や装備など最新情報をまとめてみました

2020年6月21日
ヤリスクロスZのブラスゴールドメタリック外観

トヨタ | ヤリスクロス | 安っぽい?気になる内装(インテリア)をチェック

2020年9月14日
ヤリスクロスの内装

トヨタ | ヤリスクロス | アームレストなど内装(インテリア)のカスタムパーツ(用品)をチェックしてみました

2020年9月30日
ヤリスクロスのカラーラインナップ

トヨタ | ヤリスクロス | 新型の気になる色・カラーを紹介!おススメの色は?

2020年7月26日
ヤリスクロスの外観

トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!

2020年9月1日
ヤリスクロスとキックス

ヤリスクロスとキックスを比較してみました!キックスの優位点は?

2020年5月7日
ヤリスクロスとライズ

ヤリスクロスとライズを比較してみました!どっちがいいの?

2020年4月29日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。