カローラスポーツ(カローラハッチバック)新型を見てきた感想です

発売が迫っている新型カローラスポーツ(カローラハッチバック)ですが、今月に入って各地にある販売会社の本社には展示用の車が届いており、ホット客を対象にお披露目が始まっています。
すでに車名もカローラスポーツであることが判明してしまいましたね。

営業スタッフさんのはからいで私もカローラスポーツの現物と対面することができましたので感じたことをまとめました。

もちろん写真はNGのため撮れませんでした…というわけで画像はすべて引用したものです。

スポンサードリンク



カローラスポーツ(カローラハッチバック)新型のエクステリア第一印象は?

案内された駐車場にひときわ目立つ色の車が置いてあり、一目でカローラスポーツだとわかりました。

展示されていたのは1.2Lターボの中間グレード「G」で、ボディカラーはシアンメタリックです。

この色は北米モデルのイメージカラーになっているものですね。

第一印象としてこのモデルは見る角度でかなり印象が変わってくるなということです。

フロント正面や斜め前からだと大きな開口部を持つキーンルックのおかげで、中々精悍に見えます。

しかしやや見下ろすようにサイドから見ると車体寸法よりコンパクトに見えました。

とても全長4370mm x 全幅1790mmとは思えませんね~

しいていえば「アクアより少しリアが長い」という感じでしょうか?

伸びやかというよりこんもりしているように見え、直線を多用したデザインのフォルクスワーゲンのゴルフとは対照的でした。
(シアンメタリックというポップなボディカラーがそれを助長しているような...)

今回のモデルは若い人たちをターゲットにしているため、この色が採用されたのでしょうが個人的にはあまりにも明る過ぎです。

車としての実力は実際に運転してみないとわからないでしょうが、見た目で損をしている気がしますね。

カローラスポーツ(カローラハッチバック)新型のエクステリアの細部をチェック

すでにメディア向けの試乗会でのプロトタイプの画像が公開されていましたが、エクステリアの細部にいたるまで同じでした。

カローラスポーツ新型(カローラハッチバック) 国内仕様の画像公開!

2018.06.01

ヘッドライトは中間グレードの「G」はLEDライトでその更に内側にウインカーが内臓されています。
この新型モデルは運動性能向上のため重心を低く設計されていますが、サイドから見るとボンネットの形状からかさ高く見えました。

ボンネットはアルミ製、リアハッチは樹脂製ということもあり軽々と開け閉めが出来ました。
ちなみにボンネット裏には防音シートなどはありません。

中間グレードの「G」でもドア上部のエッジモールが付いています。

リアバンパーのディフューザー部分はツヤのあるピアノブラック調になっています。

フロントスポイラーとディフューザー部分は裏側の支持が少ないためか指で押すとフニフニとたわみます。
「こんな柔らかいものなの?」と驚きでした。
展示車はリアのナンバープレートが付いていないのでバンパーに四角い穴が開いており、中はスカスカの状態です。

「GZ」だとフロント開口部を囲むモールがメッキですが、「G」だと黒い樹脂パーツです。

カローラスポーツ(カローラハッチバック)新型のタイヤやホイールサイズは?

展示車の「G」グレードには205/55R16のブリヂストンのエコピアが装着されていました。
単一銘柄ではなくダンロップのエナセーブということもありえます。

ホイールサイズの詳細がまだわからないということなのでメジャーを持参(笑)
ホイールのPCDは実測した結果100でした。

ということでカローラスポーツのホイールはプリウスやスバル車と同じサイズですね。
オフセットはおそらく50でしょうか?

カローラスポーツ(カローラハッチバック)新型のインテリアの細部をチェック

今回のカローラスポーツ(カローラハッチバック)を見て一番気に入ったのは室内の質感です。

C-HRに比べてカローラスポーツの圧勝、プリウスと比べても見劣りしません。

表皮に合成皮革とダッシュボードやドアパネルに本物のステッチがあしらわれていました。

テカテカのピアノブラックパネルの使用が控えめなのがいいですね。

中間グレードのGのアナログメーターですが、自発光式ではないものの安っぽさは感じられません。

エアコン操作部もアウディに似た精緻な造りで見た目の高級感があります。(さすがにダイヤルはアルミ製ではありません)

センターコンソールの容量は少なめでですが、フタはスライドできるのでアームレストとして使用可能です。

ドライブモードの切り替えレバーも、手を伸ばせば十分操作可能な配置になっていました。

1.2Lターボのみの装備であるパドルシフトの造りもしっかりしていて節度感がありました。

シートの座面長もしっかり確保されておりは身長180cm近い私でも許容範囲でした。

後席の膝前空間ですが、同じホイールベース長であるC-HRより若干広く感じました。

運転席から振り向いて後部を確認するとやはりグラスエリアが広いので左後ろの視界はまずまずです。
ただしリアハッチがかなりの角度で寝ているデザインなのでリアのガラスの視界は狭いですね。

1.2Lターボエンジンを始動すると思ったよりアイドリング音が室内に響いてきます。
これはうるさいというよりわざと聞かせている気もしますね。

スポンサードリンク



カローラスポーツ(カローラハッチバック)ボディ剛性が高いのも当然

カローラスポーツのドア周りのウェザーストリップを外してみると先代プリウスとの違いが明確にわかりました。

これは先代プリウスのスポット溶接部

こちらはカローラスポーツのスポット溶接部

溶接間隔が半分以下になり打点の数がはるかに多くなっています。
さらに構造接着剤も使用されているためパネル接合部の強度はかなり強化されていることがわかります。

カローラスポーツ(カローラハッチバック)新型を見てきた感想です まとめ

やはり写真で見るのと実物を見るのとでは印象が異なるもんですね~

エクステリアの印象はネガ的な要素を含んでいるものの、取り回しがよさそうで最小回転半径5.1mもうなずけます。

ところで若い人をターゲットとしながらも内装はあいかわらずブラック一色となっています。
これがウケると思っているところにズレを感じました。

日曜日だったこともあり、営業スタッフが同行で見に来るお客さんが大勢いましたので注目されているんですね。

ちなみに6月中旬の時点で注文して納期は7月末かそれ以降になるとのことでした。

引用:https://www.autocar.jp/
引用:https://car.watch.impress.co.jp/
引用:http://autoc-one.jp/
引用:https://kuruma-news.jp/

カローラスポーツ買っちゃいました 3代目プリウスからの乗り換えです

2018.07.27

新型カローラスポーツ エクステリアの画像

2018.08.10

新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

2018.08.06

新型カローラスポーツの評価 ここがよかった

2018.08.19

新型カローラスポーツの評価 ここがダメ?

2018.08.03

出典元:CarWatch

 

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。