新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

新型カローラスポーツは8月2日から待望のマニュアルトランスミッションが発売になりましたね。
システムが自動的に適切なエンジン回転数に調整してくれるマニュアルトランスミッション、ぜひ体験してみたいです。
問題はどれだけ試乗車が用意されるかですね~

さて、今回は新型カローラスポーツのインテリア(内装)について紹介していきますね。
ご紹介するカローラスポーツはハイブリッドの「G」グレードで標準のファブリックシートになります。

購入直後のインプレッションはこちら

カローラスポーツ 1000㎞走ってみた評価は?

2018年7月28日
ワインディングロードのインプレッションはこちら

カローラスポーツ ワインディングロードを走ってみた

2018年8月2日

スポンサードリンク


新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

奇をてらうことなくスッキリまとまった印象です。視界も悪くありません。
ダッシュボードが低く抑えられているだけにセンターのカーナビのベゼルの存在が目立ちますね。
エアコンの吹き出し口は横方向に大きいものになっています。
カローラスポーツのインパネ

皮革とピアノブラックパネルの組み合わせがイイですね。C-HRと違ってステッチがフェイクでないのがうれしいです。
カローラスポーツのダッシュボード

三角窓で死角が最小限にとどめられています。
カローラスポーツのAピラー

エアコンの操作パネルがとてもスマートで大衆車?らしくない落ち着いたデザインです。吹き出し口のツマミは凝ってますね。
ハザードランプはピアノブラック仕上げです。
カローラスポーツのエアコンパネル
ちなみにカローラツーリングやカローラ(セダン)はデュアルエアコンではない代わりに空気清浄機能がついています。

「G」グレードはアナログメーターになります。
カローラスポーツ 新型 内装
カローラスポーツ 新型 内装

カムリやクラウンと共通のデザインのステアリングになっています。
カローラスポーツのステアリング
ステアリングの右側にはアダプティブクルーズコントロールやオーディオ関連のスイッチ
カローラスポーツの右側ステアリングスイッチ
ステアリングの左側にはマルチインフォメーションディスプレイの操作スイッチや音量のスイッチ
カローラスポーツの左側ステアリングスイッチ

ステアリングの右奥には光軸調整ダイヤルやオプション装備関連のスイッチとETC車載器がマウントされています。
カローラスポーツオプションスイッチ

バックミラーの後ろにランプのスイッチ、ヘルプネット用のボタンとマイクがあります。
ヘルプネットのボタンの直下にDCMの通信状態を表す小さなLEDが付いています。
カローラスポーツの天井パネル

ダッシュボードのステッチがいい感じです。個人的には赤よりこの色の方が好みです。
ダッシュボードの下部が大きく手前に張り出しています。もう少し角度が浅ければモノが置けそう..
カローラスポーツのダッシュボード

グローブボックスの容量はやや小さめですね。
カローラスポーツのグローブボックス

T-Connectカーナビですが7インチなので広大なベゼルが(笑)C-HRみたいに時計が欲しい。
カローラスポーツのカーナビゲーションベゼル
2019年9月発売分から7インチのディスプレイオーディオが標準装備となります。オプションで9インチへ変更も可能です。
カローラツーリングのディスプレイオーディオ

シフトレバー周りもステッチ入りの皮革で囲われています。
カローラスポーツのシフトレバー
シフトレバーの奥にドライブモードの切り替えスイッチとEVモードスイッチが配置されています。
カローラスポーツのスイッチ

さらにその奥にはシートヒーターのスイッチと小物入れがあります。
さすがにこの位置だと頻繁に出し入れするモノの置き場所には向いていないでしょうね。
カローラツーリングやカローラではスマートフォン用非接触充電に対応しています。
カローラスポーツの小物入れ

ちなみにシートヒーターを付けない場合はスイッチがない分、小物入れのスペースも大きくなっています。
カローラスポーツ小物入れ2

電動パーキングブレーキとホールドのスイッチです。
基本的に電動パーキングブレーキのスイッチは操作することはありません。
いうまでもなくホールドスイッチは信号待ちで足をブレーキから解放してくれますのでとても重宝しています。
カローラスポーツの電動パーキング
カップホルダーは中央がつながっているのですがスマートフォンの置き場所のつもりでしょうか?
カローラスポーツのカップホルダー

センターコンソールボックスのフタにもステッチが入っています。
カローラスポーツセンターコンソール
アームレストとして前方へスライドできるので便利です。
カローラスポーツのアームレスト
このボックスの容量は3代目プリウスの半分といったところでしょうか。
中にシガーソケットとUSBポートがありますが、これを使うと出っ張ってしまうので収納にはかなり制約を受けます。
カローラスポーツのコントールボックス
後ろにはリアシート用に小物入れのスペースがあります。
カローラスポーツ リアの小物入れ

スポンサードリンク


「G」グレードのフロントシートは「GZ」グレードのスポーツシートではなくスポーティーシートになります。
思いのほか座面と背もたれのサイドサポートが硬めで体をしっかり保持してくれています。
座面の面積も余裕があり、他の車のシートより背もたれが高く私のように座高が高くても肩をしっかりサポートしてくれます。おかげでヘッドレストを上げる必要がほとんどありません。
座面はやや柔らかめの印象ですが意外に姿勢変化が少なく疲れにくいと思います。
カローラスポーツのフロントシート
リアシートは同じホイールベースのC-HRに比べると足元空間のサイズはほとんど同じです。
このプラットフォームはペダルの位置がやや後ろ寄りの設計になっているためフロントシートの位置関係からどうしてもリアシートの空間が犠牲になってしまうようです。
しかし身長178cmのドライバーが運転席に座っても、膝があたることもなくしっかり座れました。
カローラスポーツのリアシート
何よりC-HRと比べて明るく開放感があるのがイイですね。
カローラスポーツの後方視界

リアシートにはアームレストがありカップホルダーもついています。
カローラスポーツのリアアームレスト

リアのウインドウは全部オープンすることが出来ます。
カローラスポーツのウインドウ

ドアにもしっかりステッチ入りの皮革が使用されています。
ドアポケットにはドリンクが置けるようになっており大きさも合格点です。
カローラスポーツのドアポケット

パワーウインドウのスイッチには先端にメッキの加飾が施されていますが全然目立っていません。
しかもこのスイッチパネルの角度が下を向いているので操作的にも難があります。
カローラスポーツのウインドウスイッチ

リアもパワーウインドウのスイッチにはメッキの加飾がありますがフロントドアと同じく目立ちません。
カローラスポーツのリアウインドウスイッチ

このラゲッジルームはメーカーオプションのアジャスタブルデッキボード仕様です。
カローラスポーツのラゲッジスペース
デッキボードは上段だとフルフラットに、下段だと荷室の高さを稼げるようになっています。
カローラスポーツのアジャスタブルデッキボード
標準ではパンク修理キットや工具が発泡スチロールのトレーに収まっています。
カローラスポーツのラゲッジスペースのトレー

新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像 まとめ

カローラスポーツの内装
誰が見てもプリウスはもちろん、C-HRよりも高級に魅せるインテリアで、所有欲を満たしてくれます。
(前の車が3代目プリウスだっただけに余計に感動してしまう....)
デザインもプリウスと違って誰にでも受け入れやすいと思います。

C-HRの内装ではピアノブラックを多用しているためホコリが目立つ上にフェイクのステッチなど不満がありましたが、インテリア(内装)についてはカローラスポーツの圧勝といっていいでしょう。
また、ウインカーも「クォッチ、クォッチ」と安物感を感じさせない音でした。

まさかカローラでここまで気合が入った造りをしてくるとは嬉しい誤算でした~

カローラシリーズは内装の出来では、4代目プリウスやC-HRを完全に上回っているといっていいでしょう。

新型 | カローラツーリング | 1.8Lガソリンエンジンモデルの試乗レポート!評価してみました

2019年9月23日

新型カローラスポーツと輸入車の走りを比較してみました

2018年8月16日

新型カローラスポーツ エクステリアの画像

2018年8月10日

新型カローラスポーツの評価 ここがダメ?

2018年8月3日

カローラスポーツ ワインディングロードを走ってみた

2018年8月2日

カローラスポーツ 1000㎞走ってみた評価は?

2018年7月28日

カローラスポーツ カスタムパーツをピックアップしてみました

2018年10月17日


 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。