新型 | カローラツーリング | 1.8Lガソリンエンジンモデルの試乗レポート!評価してみました

カローラフィールダーがモデルチェンジを果たし新型カローラツーリングとして2019年9月に登場しました。

カローラツーリングではTNGAプラットフォームに従来から採用されていた1.8Lガソリンエンジンとの初の組み合わせとなります。

カローラスポーツのオーナーの視点からカローラツーリングを試乗していろいろ評価してみました。

新型カローラツーリングのパワートレインについて


引用:https://toyota.jp

カローラツーリングに設定されているパワートレイン(エンジン)は全部で3種類がラインナップされています。

1.8Lガソリンエンジン+モーター
WLTCモード燃費 2WD:25.6km/L 4WD:24.4km/L
プリウスをはじめ、C-HRやカローラスポーツで採用されているおなじみのハイブリッドシステムですね。
改良を重ねて3代目プリウスのものとは別格のフィーリングとなり、信号ダッシュも可能(笑)なレスポンスを身に着けています。
また、カローラスポーツにはないE-fourという4WDも選択できます。

1.8Lノンターボガソリンエンジン
WLTCモード燃費 14.6km/L
カローラアクシオやカローラフィールダーでも採用されていたエンジンです。なんといってもコストが魅力です。

1.2L直噴ターボガソリンエンジン
WLTCモード燃費 15.8km/L
オーリスに搭載されたものをベースに改良が加えられC-HR、カローラスポーツにも採用されています。
唯一のターボエンジンとなります。

引用:https://toyota.jp

1.2L直噴ターボエンジンはカローラツーリングやセダンのカローラでは上級グレードのWxBのみの設定でマニュアルトランスミッション限定となっています。

大多数の人達はハイブリッドか1.8Lノンターボの2択となるんじゃないでしょうか?

フィールダーからの乗り換えとなると価格帯で1.8Lガソリンエンジンとなりますが、3代目プリウスからの乗り換えを狙っているのか、カタログでは1.8Lガソリンエンジンの扱いが小さいです(笑)

スポンサードリンク


新型カローラツーリング エクステリアを評価してみました

実物を見るまではナロー化されたカローラツーリングのエクステリアに少し不安を感じていましたが、現物を見て安心しました。
普段カローラスポーツに乗っている私が見ても全く違和感のないプロポーションです。
カローラツーリングを試乗

フェンダーやドアパネル、サイドミラーのふくらみが抑えられているとはいえ、不自然な印象はありません。
カローラツーリングのフロントマスク

やっぱり6ライトは見ていて安定感がありますね。カローラスポーツとは全長が120mmの違いですがずいぶん印象が変わって見えます。
カローラツーリングを評価
こちらはカローラスポーツです。
カローラスポーツのリアビュー
フロントマスクはカローラスポーツに比べて少しシンプルなデザインとなっています。もはや好みの問題ですね~
ただ、石はねなど傷付きやすいバンパー下部にピアノブラックを配置するのはどうなんでしょう?
カローラツーリングのフロントグリル
こちらはカローラスポーツです。すでに5万km走っているのでスポイラーには傷が...
カローラスポーツのフロントマスク

テールランプの形状はカローラスポーツに似ていますが、残念ながらこちらはバックドア部分は点灯しません。欧州向けのカローラツーリングスポーツでは点灯していたのでコストダウンなんですかね?
カローラツーリングのテールランプ

WxBグレードにはダミーのマフラーカッターがアクセントになっています。形状からしてもはや開き直っているような...
カローラツーリングのリアバンパー

WxBグレードではサイドミラーがダークグレーで塗られています。カローラスポーツにあったウインドウ周囲のクロームメッキモールが、こちらにはありません。
カローラツーリングのBピラー

BピラーはカローラスポーツのG”Z”グレードではピアノブラックでしたが、こちらのWxBグレードでは無塗装の樹脂素材です。
カローラツーリングのサイドミラー

ドアパネルなど専用設計のボディはいいとして、カローラスポーツと比べて細かい仕様の違いがありますね~
わざわざ変化を付ける理由はなんでしょう?

スポンサードリンク


新型カローラツーリング インテリアを評価してみました

カローラツーリングのインパネ

こちらがカローラスポーツです。大きな違いはデュアルエアコンの有無、細かいところではバニティミラーのランプといったところです。
カローラスポーツの内装
ステアリングはスイッチパネルも含めてカローラスポーツと同じです。ちなみにカムリやクラウンも同じです。
カローラツーリングのステアリング
賛否両論の標準装着のディスプレイオーディオ7インチモニタです。両サイドにスイッチがあるので7インチでもあまり違和感はありません。
ちなみに9インチに変更も可能ですが、解像度は640×480と7インチと同じなのが残念なところ。
エアコンにはカローラスポーツにはない空気清浄機能が付いています。
カローラツーリングのディスプレイオーディオ
スイッチパネルはカローラスポーツと異なりピアノブラックパネルとなっています。
カローラツーリングの前席ドアパネル
リアのドアパネルもなかなかの質感です。
カローラツーリングの後席ドアパネル
WxBグレードではスポーティーシートとなります。カローラスポーツの中間グレードと同じ形状ですね。
カローラツーリングのフロントシート
左後方視界はカローラスポーツより良好です。Cセグメントの中でも優秀な部類といえそうです。
カローラツーリングの左後方視界
後席足元の空間は事前情報ではカローラスポーツより広くなっているような話でしたが、実際に座ってもみるとほとんど違いがわかりません。
身長178cnの私のドラポジで膝前の余裕はこぶし1個分のスペースでカローラスポーツと変わりません。
ホイールベースも前席の取付位置も同じなので当然ですが、プリウスからの乗り換えだとこの点が気がかりとなるでしょうね。
カローラツーリングの後席足元空間
センターコンソールの後席側には小物が置ける空間とUSBポートがあります。
カローラツーリングの後席
ラゲッジスペースはカローラスポーツのオーナーからみて明らかに広いです。全長では120mmしか差がないのに荷室の奥行では約200mmも伸びています。これは羨ましい~。
カローラツーリングのラゲッジスペース
なんとかロードバイクやマウンテンバイクも前輪を外さないで収納が可能なサイズです。
これなら室内高が厳しいものの、2名で車中泊も可能でしょう。
カローラツーリングの荷室

カローラスポーツのフロントマスク

カローラスポーツ|車中泊|できる?できない?実際に試してみました!

2019年5月19日

スポンサードリンク


新型カローラツーリング 試乗レポート!評価してみました

今回試乗したのはWxBグレードの1.8Lノンターボガソリンエンジンで、TNGAプラットフォームと初めての組み合わせとなります。

トヨタのTNGAとはプラットフォームのこと?

2018年5月5日

私自身もトヨタの1.8Lガソリンエンジンは初めての経験でした。

カローラツーリングの評価

アイドリングでのエンジン音はよく抑えられておりハイブリッドと比べてもほとんど遜色はありません。

幹線道路の流れに乗るべく、アクセルを軽く踏み込んでみるとすーっとダイレクトに加速していきます。

軽やかとまではいかずパワフルでもありませんが、レスポンスもよく中速域からの加速でもしっかり速度がのっていくので過不足のないエンジンといえるでしょう。

エンジン音もアトキンソンサイクルのハイブリッドのエンジンに比べれば雲泥の差です。

ただ、低速域での力強さはモーター駆動のハイブリッドが勝っています。

そして乗り心地ですが、高い剛性を感じられカローラスポーツと同様のなめらかな仕上がりです。

市街地しか試乗していませんが、ハンドリングもカローラスポーツとほとんど遜色がなさそうですね、

試乗車のWxBはヨコハマのブルーアースGTが装着されており、このタイヤのパフォーマンスの恩恵も大きいと思います。
カローラツーリングのタイヤ

カローラスポーツに約5万km乗っていますが、それと比較して走行フィールはカローラツーリングも同等レベルであることが確認できました。

高速道路での高速域からの追い越しや長い上り坂でもない限り、1.8Lガソリンエンジンは十分なパワーがありコストでこちらを選んでも我慢を強いられることはないでしょう。

走りの実用性やコスト面で1.8Lガソリンエンジンも十分魅力があると思います。

 

えスポンサードリンク


新型カローラツーリング 1.8Lガソリンエンジンモデルの試乗レポート!評価してみました まとめ

カローラツーリングを試乗して評価
カローラツーリングのエクステリアやインテリア、実際の走りを試乗して評価してみましたが、いかがだったでしょうか?

カローラスポーツ乗りからみて、街乗りや自動車専用道路での試乗であえて指摘したくなる問題点はありませんでした。

エクステリアもインテリアも細かい点でカローラスポーツと異なる仕様がありましたが、いずれも車種選択を左右するものではありません。
一通り見て確信したことは、よほどスポーツ走行にこだわりがなければあえてカローラスポーツを選ぶ理由が乏しいという点です。
カローラスポーツのエクステリア

カローラツーリングの方が全長で120mm長いものの、それでもプリウスよりはるかに短かくマイナス材料になりません。
また全幅に至っては約50mm狭くなっているおかげで取り回しも優秀です。

もしカローラスポーツを使い倒している私が今選ぶとすれば迷わずカローラツーリングを選ぶでしょう。
カローラスポーツは走りを意識した味付けとの情報もありますが、短時間の試乗なので結論を出すのは早いかもしれませんが個人的は誤差の範囲かと….

そもそもカローラツーリングは全長からしてインプレッサスポーツ(4460mm)よりわずか35mmの差でワゴンというよりハッチバックに分類してもおかしくないサイズですからね~

ただでさえハッチバックは不人気なのでこれでカローラスポーツは販売台数を落とすんじゃないでしょうか?

機会があれば、ぜひ両方を乗り比べてみてくださいね。

今回の試乗で本当にトヨタのTNGA採用モデルは輸入車と比較してもレベルが高いことを実感させてくれました。

あえて欠点を挙げるとすればカローラフィールダーからホイールベースが伸びているにも関わらず後席足元はやや狭くなっている点くらいでしょうか?

それ以外で欠点らしいものが見当たらないカローラツーリングは、あっさり私の次期マイカー候補に加わりました。

Cセグメントの車では間違いなくおススメ出来るモデルです。

ちなみにセダンでも後席を倒すことが出来るので、車中泊が可能な気がする(笑)

フィールダーが2019年9月にモデルチェンジで新型カローラツーリングに!

2019年6月14日

カローラツーリングのカスタムパーツをピックアップしてみました

2019年9月21日

新型 | カローラツーリング | 気になる色・カラーを紹介!おススメの色は?

2019年9月23日

カローラスポーツ|評価|ハイブリッドGを3万km乗った感想

2019年4月28日
カローラスポーツのフロントマスク

カローラスポーツ|車中泊|できる?できない?実際に試してみました!

2019年5月19日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。