プリウス、プリウスPHV、C-HR(CHR)) 2018年9月リコール情報

2018年9月5日にトヨタより4代目プリウス(ZVW50,ZVW5,ZVW551)、プリウスPHV(ZVW52)、C-HR(ZYX10)を対象にしたリコールが国土交通省に届けられました。
内容についてわかりやすくまとめました。

トヨタの公式案内ページはこちら

スポンサードリンク



リコールの内容


ハイブリッド車のエンジンルーム内にあるパワーコントロールユニットのコネクタ部においてハーネスの保護が十分でなく、ハーネス(ケーブル)の一部が周辺の補器類と干渉し走行の振動などにより表面を破損。
最悪の場合、短絡したのち発熱を経て焼ける可能性があります。

リコール内容の対策

ハーネスに保護材を追加装着します。
すで表面が破損しているものは、保護材を付けた新品に交換します。
対策が完了したものは運転席のドア開口部にステッカーを貼り付けます。

リコール対象となる車

対象台数は日本国内で55万台、全世界で100万台にもなります。


引用:https://toyota.jp/recall/2018/0905.html

プリウス、プリウスPHV、C-HR 2018年9月リコール情報 まとめ

売れ筋の主力モデルだけに対象台数はハンパないですね~

2018年6月以降の生産分や同じエンジン型式を採用しているカローラスポーツは対象に含まれていないところを見ると、設計変更があったようですね。

今回のリコール内容や対応についてユーザーへ通知されますが、中古車で購入された場合は念のため最寄りのトヨタディーラーに打診してみてください。
破損している可能性もあるので、早いうちにディーラーへ点検、対策してもらいましょう。

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。