C-HR | GRスポーツ | エクステリアやインテリアをチェック

C-HR GRスポーツのエクステリア

2019年10月のC-HRのマイナーチェンジが実施され、あらたにGRスポーツ(GR SPORT)が登場しました。

前期型も含めてノーマルとは別格のアグレッシブなエクステリアの大きな差別化要素ですね!

そのC-HR GRスポーツを試乗する機会がありましたので早速内外装をチェックしてみました。

C-HRの関連記事はこちら

スポンサードリンク



C-HR GRスポーツ(GR SPORT) エクステリアをチェック

今回チェックさせてもらったのはC-HR GRスポーツ ハイブリッドモデルになります。
他のGRスポーツモデルと同様のデザインテイストが採用されていて、バンパーの四角い大きな開口部が特徴的です。
ノーマルとは明らかに異なるフロントマスクは迫力がありますね~
C-HR GRスポーツのエクステリア

こちらがノーマルのフロントビューです。GRスポーツを見た後だとなんだか大人しく見えてしまいます(笑)
ノーマルのC-HRのフロントマスク

フロントマスクのインパクトに比べてリアはGRスポーツのオーナメント以外はノーマルと変わりませんね。
C-HR GRスポーツのリアビュー

こちらがノーマルのリアビューです。
ノーマルのC-HRのリアビュー

ハイブリッドといえどもトヨタのオーナメントはブラック基調になっています。
フロントバンパーのデザインはアクアGRスポーツに近いかな?
C-HR GRスポーツのフロントマスク

バックフォグランプは間違った使い方をされることが多いので個人的にはやめてもらいたいところです。
C-HR GRスポーツのリアスタイル

サイドビューは何といっても19インチのホイールが目を惹きますね。白のブレーキキャリパーもカッコいい..
C-HR GRスポーツのサイドビュー

タイヤサイズは225/45R19でヨコハマタイヤのADVANフレバが装着されています。このタイヤはADVANでも最もコンフォー寄りの製品となります。SUVとはいえもオンロード専門ですね(笑)
C-HR GRスポーツのタイヤ

C-HR GRスポーツはBi-BeamLEDヘッドランプが標準装備となっており、ノーマルと異なりダークスモーク処理が施されています。
GRスポーツモデルで採用されているメッキのガーニッシュですが、見た目はいいアクセントになりますが夏場の虫対策に手を焼きそうです。
C-HR GRスポーツのフロントバンパー

エモーショナルレッドⅡとブラックのツートンがよくマッチしていて、これを見てしまうと単色カラーがどこか物足りなく感じてしまいますね。
営業スタッフによるとマイナーチェンジでエモーショナルレッドⅡを選択しているユーザーが多いそうです。
C-HR GRスポーツのツートンルーフ

GRスポーツといえどもダミーマフラーにはしていない点は個人的に好感が持てますが、もう少しノーマルと差別化を図ってもいいのでは?
C-HR GRスポーツのリアバンパー

スポンサードリンク



C-HR GRスポーツ(GR SPORT) インテリアをチェック

GRスポーツのインパネです。ノーマルとの違いはGRスポーツ本革革巻専用ステアリングですね。
インパネの造形や材質は同じ、ワンポイントとしてシフトレバーの表面が皮革に、ペダルがアルミに変更されています。
C-HR GRスポーツのインパネ

こちらがノーマルのC-HRのインパネです。ステアリングはマイナー前とほとんど変化はありません。
個人的にはこちらのツルツルしたシフトレバー(アルミ調)の感触が好きです。
ノーマルのC-HRのインパネ

他のGRモデルと同様にステアリングはノーマルに比べ直径、断面ともスリムになっています。
ノーマルのステアリングスイッチは外側に張り出していたのでうっかり触ってしまうことがありましたが、こちらのスイッチならその心配もなさそうです。
C-HR GRスポーツのステアリング

相変わらずシートのポジション調整は手動で、なぜかランバーサポートだけ電動ですが、この仕様は一体誰が望んでいるんでしょうか??
スポーツモデルなら微調整が出来る仕組みを提供して欲しいところ。
C-HR GRスポーツのシート座面

ドアパネルもノーマルC-HRとの差は見られませんね~
C-HR GRスポーツのドアパネル

当然ながら後席の閉塞感と視界の狭さは変わりません。ただ、マイナーチェンジでパノラマミックビューモニターがオプション設定されたので少しは改善したといっていいでしょう。あるとないとでは大違いです。
C-HR GRスポーツの後席視界

ラゲッジスペースもノーマルと何も変わりません。
C-HR GRスポーツのラゲッジスペース

スポンサードリンク



C-HR GRスポーツ(GR SPORT) エクステリアやインテリアをチェック まとめ

C-HR GRスポーツのフロントビュー
C-HR GRスポーツのエクステリアやインテリアをチェックしてみましたが、いかがだったでしょうか?

エクステリアではフロントマスクと19インチホイール、インテリアではGR特製ステアリングがC-HR GRスポーツとして差別化されています。

ノーマルのC-HRのエクステリアもトヨタらしかぬ?アグレッシブなデザインですが、C-HR GRスポーツはその上を行くド迫力です。

大きな開口部のフロントバンパーも、他のGRスポーツモデルよりもバランスが取れているように見えます。

とにかく街中にはC-HRがあふれています(笑)ので、このC-HR GRスポーツなら一目置かれることは間違いないでしょう。

もしかしたら最も台数が出るGRスポーツモデルかもしれませんね?

C-HR GRスポーツに限った話ではありませんが、個人的にマイナーチェンジしたC-HRで残念なのがドライブモードの切替方法が見直されていない点です。

このC-HR、ノーマルやスポーツ、エコなど各モードに切り替えるには、ステアリングスイッチでメニューを出してモードを選択して決定と、3アクションが必要になります。

モニターを確認して操作する必要があるため、事実上走行中の切替は困難です。

せめて初期設定のモードを任意に設定できればよかったんですけどね~
これって海外でも指摘されなかったんでしょうか??

C-HRの関連記事はこちら

C-HR | マイナーチェンジ | 2019年モデルの変更点をまとめてみました

2019年9月6日

トヨタ | C-HR | 実際の燃費など試乗インプレッション

2017年7月1日

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。