プリウス マイナーチェンジのデザインを前期型と比較してみました

2018年のロサンゼルスモーターショーでついにマイナーチェンジの新型プリウスが披露されました。

プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジでシンプルなデザインに!

2018.11.28
早速、公開されている日本仕様のエクステリア画像で現行モデルと比較してみました。

斜め前から

今回のマイナーチェンジでイメージカラーがレッドからブルー(ピュアブルーメタリック?)に変更でしょうか?
この色は歴代プリウスにも設定されていない明るいものでクールですね~
肝心のデザインは旧型のとんがったイメージから落ち着きのあるものに...
この角度から見るとますますリアのハイデッキが強調され一体感がありカッコイイです。
プリウス マイナーチェンジの国内仕様の画像

引用:https://toyota.jp/prius

サイド

サイドビューはほとんど変化がないといっていいでしょう。
ツーリングに標準装着の17インチホイールはデザインは同じもののガンメタっぽくダーク塗装になっていますね。
プリウス マイナーチェンジの国内仕様の画像

引用:https://toyota.jp/prius

スポンサードリンク



斜め後ろから

一部ではフロントより評判が悪かったリアのデザインも縦から横基調のデザインに改められました。
また、リフレクター(反射板)がデュフューザーの両側に埋め込まれました。
こっちのほうが断然、ワイドに見えますね。

縦にのびるデザインが、ほとんどの自動車メーカーで採用されていないのは扱いが難しいからなんでしょうね。
挑戦する姿勢は評価したいのですが..
プリウス マイナーチェンジの国内仕様の画像

引用:https://toyota.jp/prius
余談ですが、カローラスポーツもリフレクターが縦に配置されているので実際よりコンパクトに見えてしまいます。

フロント正面

ヘッドライトユニットは前期型の反省?からシンプルでスッキリしたデザインに。

シルバーの加飾が先進的でいいアクセントになっています。

バンパーサイドのガーニッシュにはライトが埋め込まれているのですが、現行モデルのこの部分は個人的にごちゃごちゃし過ぎだと感じていたので好感が持てました。
プリウス マイナーチェンジの国内仕様の画像

引用:https://toyota.jp/prius

スポンサードリンク



プリウス マイナーチェンジのデザインを前期型と比較してみました まとめ

プリウス マイナーチェンジの国内仕様の画像
比較した感想はいかがだったでしょうか?

マイナーチェンジのデザインは決して惚れ込むところまではいかないかもしれませんが、これなら日本はもちろん世界でも受け入れてもらえる気がします。
プリウスはターゲット層が広いのでデザインは非常に難しいモデルなのは確かです。
でも前期型を好む方は少数派(前期ユーザーの方、ごめんなさい)だと思うので現行プリウスに躊躇していた人達には確実にハードルが下がったのではないでしょうか?

今からこの新デザイン用に設計されたモデリスタやTRDのエアロパーツが楽しみです!来年リリースの噂のGRプリウスにも期待しましょう!!

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。