新型アクセラ|マツダ3|内装で気になること

2018年12月のロサンゼルスモーターショーで公開された次期新型アクセラことマツダ3。
事前に披露されていたコンセプトカーとほぼそのままのデザインで登場しましたね~。

マツダ 新型アクセラ 発売時期はいつ?気になるエクステリアは?

2018年9月17日

日本車にデザイン優先のモデルがあることは大歓迎ですが、使い勝手はどうなんでしょうか?
さっそく調べてみました。

スポンサードリンク



徹底したデザイン重視!新型アクセラ(マツダ3)

ついに市販化モデルの新型アクセラことマツダ3が公開されました。

引用:https://www.mazda.mx
クーペを思わせる大きなCピラーが特徴の大胆なデザインで構成されており、2017年の東京モーターショーで公開されたマツダ 魁 CONCEPT(マツダ カイ コンセプト)のコンセプトカーとほぼ変わらないで注目を集めています。


本来ならコンセプトカーから市販化へのプロセスでどんどん実用的なデザインに改められるのが普通ですので、マツダの 魁 CONCEPTに対する本気度が伝わってきます。

セダンはフォーマルを意識したのに対してハッチバックはスポーティ、パーソナルを意識した設計となっており、同じモデルにもかかわらずほとんど共通部品がないそうです。



引用:https://www.mazda.mx




引用:https://www.mazda.mx

それにしてもハッチバックのデザインのインパクトが大きいのでセダンがとても平凡に見えてしまいますが、このセダンも日本車の中ではトップクラスのスタイリッシュなデザインです。

プリウスがデザインで迷走したのとは正反対で、デザインに惚れこんで買うクルマに仕上がっていました。

やっぱりソウルレッドが似合うわね~

モデルチェンジで狭くなった?新型アクセラの内装


引用:https://www.mazda.mx
すでに内装の寸法などメキシコマツダの公式サイトにアップされていたのでまとめてみました。
ハッチバックのSKYACTIVE-G2.5のデータです。

Mazda3の新旧比較
新型 旧型
車体寸法(mm) 全高 1,440 1,465
全長 4,459 4,470
ミラー間 2,028 2,053
ホイールベース 2,725 2,700
室内寸法(mm) 頭のスペース(前/後) 954/931 956/952
腰のスペース(前/後) 1,387/1,292 1,411/1,360
肩のスペース(前/後) 1,414/1,359 1,452/1,382
足のスペース(前/後) 1,075/891 1,073/909
機能(L) 燃料タンク容量 51 51
ラゲッジ容量(最大) 987 1,222
ラゲッジ容量(最小) 295 308
重量(kg) 重量 1,401 1.372
総重量 1,870 1,865
エンジン パワー 186 188
トルク 25.7 25.4
CO2排出量(gCO2/km) 154.9 142.3
複合燃費(km/L) 15.2 16.5
タイヤサイズ 215/45R18 215/45R18

赤字が旧型から劣っているデータです。

室内寸法は誤差の範囲なのかもしれませんが、ラゲッジ容量が大幅に減少しました。
特に後席を倒した最大容量は235Lの差があり、もはや別モデルといっていいくらいです。

スポンサードリンク



やはり厳しかった新型アクセラの後方視界


引用:https://www.mazda.mx

新型アクセラ(マツダ3)も、大きなCピラーとリアガラスがかなり傾斜しており嫌な予感しかありません。

引用:https://www.mazda.mx

モーターショーのレポート動画から内装、特に後方視界について注目してみました。


ハッチバックの後席

セダンの後席

セダンはCセグメントのモデルにおいては平均的と思われますが、ハッチバックはさすがに閉塞感がありますね。
このCピラー凄まじい...

またリアのウインドウは左右にブラックアウトされた部分があり縦横両方向で視界がきびしくなっています。

思わずデザインを優先したクルマとして有名なトヨタのC-HRを思い浮かべてしまいました。
トヨタらしからぬ2ドアを思わせる攻めたデザインは多くの人が惹かれて購入しており、コンパクトSUVの王座をホンダヴェゼルから奪うことに成功しています。

しかしそのデザインから視角がトヨタの社内基準ぎりぎりで設計されており、運転席からの後方視界や後席での閉塞感は半端ないです。

私もC-HRは以前代車として借り受けたことがあり1ヶ月毎日乗って約3000kmを走行しましたが、最後まで慣れることはありませんでした。

トヨタ C-HR 実際の燃費など試乗インプレッション

2017年7月1日

スポンサードリンク



新型アクセラとなるマツダ3の内装で気になること まとめ


引用:https://www.mazda.mx

限られたサイズでデザインを優先すれば実用性が犠牲になるのは仕方がないことなんですが、まさかモデルチェンジで逆に狭くなるとは!
これってマツダ社内でも意見が分かれたのかもしれませんね~

でも、間違いなく新型アクセラことマツダ3はデザインに惚れて買うクルマです。

ここまで徹底的に使い勝手よりデザイン優先した潔さは日本のメーカーにおいて貴重な存在です。
マツダにはこの姿勢でクルマ造りを続けてもらいたいです。

日本仕様について情報があればまた紹介していきますね。

スポンサードリンク



ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。