マツダ3 | 試乗 | スカイアクティブXを評価してみました

マツダ3スカイアクティブXのエクステリア

マツダが新世代エンジンとして開発していたスカイアクティブX(SKYACTIV-X)がついに発売となりました。
どんな付加価値をもたらしてくれるのかクルマ好きなら気になるエンジンでしょう。
早速、スカイアクティブXを搭載されたマツダ3に試乗してきましたので、感想をまとめています。
→ 試乗・インプレッションの記事はこちら

マツダ3 スカイアクティブX(SKYACTIV-X)を試乗

マツダ3スカイアクティブXのサイドビュー

今回試乗させてもらったのはマツダ3 X PROACTIVE Touring Selectionになります。

マツダ3自体は以前にディーゼルエンジン仕様のSKYACTIV-Dに試乗した経験があります。

マツダ3のフロントマスク

マツダ3 | 評価 | ファストバックを見てきました ディーゼルエンジンモデルを試乗した感想など

2019年7月17日
いつ見てもフロントマスクは数あるCセグメントの中でも抜群にカッコイイですね~ガーニッシュは個人的にクロームメッキが好みです。

マツダ3スカイアクティブXのフロントマスク

早速乗り込んでみます。

内装の質感はレクサスを含む国産車はもちろん、輸入車相手でも申し分ありません。
マツダ3のセンターコンソール
運転席はパワーシートが標準装備なのでドラポジの調整はとても楽です!
おまけに国産車では珍しく2つまでメモリ出来るようになっています。

マツダ3スカイアクティブXのインパネ

スタートボタンを押してエンジン始動してみると、立ち上がり時のみブルンとエンジン音が聞こえます。

ひとたびアイドリングが始まるとガソリンエンジンのSKYACTIV-Gより静かです。
振動もほとんど感じません。

では、アクセルを踏み込み車をスタートさせてみます。

マツダ3 スカイアクティブXのステアリング

停止状態からはもちろん、中速域からの加速も含めて、SKYACTIV-Gの2.0Lに比べて力強さがありスカイアクティブX(SKYACTIV-X)の違いを感じることが出来ました。
SKYACTIV-Gの2.0Lも決して非力ではありませんが、スカイアクティブX(SKYACTIV-X)と比べてしまうと平凡に感じてしまいます。

圧縮着火やマイルドハイブリッドはともかく、同じ排気量とは思えないトルクを感じることは出来ました。

ただ、ガソリンターボやディーゼルエンジンのようなインパクトのある加速ではなく、排気量が2.2Lくらいの感覚です。

意外でしたが、低速域の加速時は結構エンジン音が聞こえてきます。

マツダ3スカイアクティブXのリアビュー

信号待ちの停車からスタートでは無音で発進、マイルドハイブリッドということもありアイドリングストップを意識させません。
ここはトヨタのハイブリッドにも似た感覚です。

乗り心地に関してはXDなど他のエンジン搭載モデルと同様の印象で、硬めの足回りでスカイアクティブX(SKYACTIV-X)特有の違いはあまり感じません。

マンホールなど道路の突起を通過した時の突き上げは、やはり18インチを意識させられますね。
私個人としては許容範囲ですが、ファミリーカーとするには家族に乗ってもらって判断してもらうことをおススメします。

国産車にしては剛性の高さが感じられ、ステアリングフィールもしっかりしていることも他のエンジンモデルと同様の印象でした。

やはりタイヤの違いもありダイレクト感ではSUVのCX-30より明らかにマツダ3が上で、こちらの方が動的質感が高く感じられます。

それにしてもマツダ3 + スカイアクティブXを選択するユーザーは、かなりマニアックかも?

スポンサードリンク



マツダ3 スカイアクティブX(SKYACTIV-X)のエンジンルーム

エンジン音を確認したかったのでボンネットを開けてみました。

マツダ3スカイアクティブXのエンジンルーム

軽く300万オーバーのモデルだけに、ダンパーにしてほしかったところです。

エンジンルーム内は全く余裕がなく、機器類の密度がハンパないです。

かなり、大きめのエンジンフードが付いていますね~

アイドリングのエンジン音を聞けば、普通のガソリンエンジンではないことがよくわかります。

そのフードを外してみると...盛大にエンジン音が響きます!

フードを外すとあのディーゼルエンジン特有のカラカラ音も聞こえてきましたが、音量はディーゼルエンジンに比べ小さいです。

そして何なのかわかりませんが、モールス信号のようなツーツーツーという音も一緒に聞こえます。

マツダ3スカイアクティブXのエンジン

ボンネット裏、そしてエンジンフード裏には遮音シートが貼られていますが、その効果は絶大でした。

マツダ3スカイアクティブXのエンジンフード裏

かなり遮音対策が徹底されていることがわかりますね。

スポンサードリンク



マツダ3 試乗 スカイアクティブX(SKYACTIV-X)を評価してみました まとめ

マツダ3 スカイアクティブXのエクステリア

スカイアクティブX仕様のマツダ3に試乗した感想をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

スペックと価格のバランスの点で、私が購入を検討することはないと思いますが、そのパフォーマンスがずっと気になっていました。

2.0Lのガソリンエンジンと比較すると、少しトルクフルで低回転から高回転まで加速もスムーズでした。

2Lより少し大きな排気量のエンジンらしさが体感出来ました。

ただ、トルクよりも発進時などマイルドハイブリッドの恩恵の方が、体感しやすいでしょう。

そして結論ですが、特別なエンジンということでプラシーボ効果が混ざっている点を加味しても、スカイアクティブXはどうしてもインパクトに欠けます。

踏み込んだ瞬間「うぉー、これは楽しい!!」というレベルには至っていません。

レギュラーからハイオク指定、ガソリン2.0Lに対して約70万円アップのコストがかかっているわりに体感できるパフォーマンス(説得力)が乏しいのです。

このエンジンは馬力や燃費などコストパフォーマンスで語るものではないことはよく承知していますが、これなら平凡?なボルボの2Lターボエンジンの方に魅力を感じてしまいます。

XC40

ボルボ XC40 | 試乗 | センスのいい内装や走行フィールに感激!!

2019年1月28日
新技術導入と高いコストのこの状況は、昔発売されていたユーノスのミラーサイクルエンジンを思い出しました。

う~ん、こうなるとATの多段化に比べればはるかにコストがかからないだけに、ますます2.2Lディーゼルエンジンを期待したくなりますね~

それでもマツダ3のスカイアクティブXは金額的に動的質感やインテリアの品質、エクステリアの魅力からメルセデスベンツのA180とかなり拮抗していると思います。
メルセデスベンツA180のエクステリア

スカイアクティブXの試乗車は、かなりのディーラーで用意されているので気になる方はぜひ乗ってみてくださいね。

マツダ3のフロントマスク

マツダ3 | 評価 | ファストバックを見てきました ディーゼルエンジンモデルを試乗した感想など

2019年7月17日
CX-30のフロントマスク

マツダ | CX-30 | 試乗 | ディーゼルエンジンモデルを評価してみました

2019年10月9日

マツダ | CX-30 | 国産車トップクラスのインテリア(内装)を見てきました

2019年10月8日
CX-30のエクステリア

マツダ | CX-30 | ジャストサイズのエクステリア(外装)を見てきました

2019年10月6日

マツダ | CX-30 | 気になるボディーカラーや内装色をチェック

2019年10月12日

マツダ | デミオ | 新型となるマツダ2では驚きの安全・運転支援機能が!

2019年7月22日

→ 試乗・インプレッションの記事はこちら

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。