マツダ | CX-30 | 試乗 | ディーゼルエンジンモデルを評価してみました

適度なサイズと手ごろな室内空間を持つマツダの新型SUVであるCX-30が個人的にも気になっていました。

早速、ディーゼルエンジン搭載のSKYACTIV-DのCX-30うぃ試乗して走りをチェックしてみましたのでご紹介します。

プリウスやカローラスポーツ、ボルボV40乗りの視点で評価してみました。

CX-30のエクステリア

マツダ | CX-30 | ジャストサイズのエクステリア(外装)を見てきました

2019年10月6日

マツダ | CX-30 | 国産車トップクラスのインテリア(内装)を見てきました

2019年10月8日

マツダ CX-30 試乗して走りを評価してみました


引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

試乗車はCX-30 XD L Package 4WDになります。
CX-30のエクステリア

ヒップポイントが600mmと高いので乗り降りがしやすく、ハッチバックモデルのマツダ3やプリウスより体に負担がかかりません。

PROACTIVE Touring Selection以上のグレードだと10wayパワーシートになるので微調整もできて2つまでメモリー可能です。

2人以上が運転するならぜひとも欲しい装備ですね。

フロントシートは形状こそ問題ないものの、左右前後方向のサイズに少し物足りない印象を受けました。

CX-30の運転席

エンジンスタートボタンを押してディーゼルエンジン始動です。アイドリングのエンジン音はよく抑えられていますね。

おそらく車内にいる限り普通の人ならガソリンかディーゼルかの判別も難しいかもしれません。

停止状態からの動き出しは軽い!ディーゼルエンジンで思い描く重々しさは皆無で振動も気になりません。

ではお店を出て、幹線道路に進入しアクセルを開けていきます。

今時の車なのでスルスルと加速しすぐに流れに乗ることができ、アクセル操作に対するレスポンスもSUVとしては問題ありません。

CX-30に試乗

乗り心地ですが18インチ装着にもかかわらず快適で突き上げや跳ねることはありません。道路の凸凹もおだやかにいなしてくれて、かといってフワフワ感もありません。

そして、少しとはいえアイポイントが高いのでプリウスなどハッチバックから乗り比べてみると運転がしやすいですね。

ラウンドアバウト(円形交差点)でややオーバースピード気味で旋回を試みましたが、リアの追従性もよくロールが抑えられており不安はありません。これがG-ベクタリングの効果かも?
CX-30に試乗

高低差のあるワインディングにも足を延ばしましたが、エンジン音が響くもののグイグイと駆け上がりコーナリング時の姿勢も安定していました。

やはり視界がある程度確保されている車は試乗でも安心感がありますね(マツダ3が極端過ぎるだけ?)
CX-30の左後方視界

心配していたパワー不足を感じることもなく、乗り心地もあえて指摘するレベルの問題はありませんでした。

ただ、気になった点もいくつかありました...。

スポンサードリンク



マツダ CX-30 試乗して気になる点は?

CX-30のエクステリア

短い試乗の中で感じた個人的に気になる点をまとめてみます。

まず、ひとつはブレーキの反応です。
国産車や輸入車と比較しても、やや踏力が必要です。同じ感覚で踏んでも反応が薄いので最初は戸惑いました。
これについては所有して何度も乗っていれば体が慣れてくると思われます。

2019/10/13 指摘した内容は単に新車なのであたり出ていないだけでした。200km走行した試乗車だと違和感がないことを確認済です。

 

次にCX-30のクルージング&トラフィックサポートのステアリングアシストの効果です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

55km/h未満で動作するアシスト機能で、マツダのシステムの実力が気になっていました。

しかし思ったよりラインを認識していないのかアシストがかからない場面も多く、かかってもアシスト力が乏しくカーブでは外側へ膨らんでいきます。
この点は明らかにカローラスポーツの次世代トヨタセーフティセンスに含まれるレーントレーシングアシストより物足りません。

トヨタセーフティセンス搭載車でLTA(レーントレーシングアシスト)を試してみました

2018年8月12日

これはマツダが運転支援システムに消極的で、介入は最小限にあえてとどめているそうです。
中~高速域ならわかりますが、渋滞路くらいはアシストしてくれてもいいと思うんですけどね~

 

そして最も気になったのは加速時にエンジン音が容赦なく進入してくることです。
「えっ!?」と思うくらい響いてくるので、ドライバーがいつアクセルを踏みこんだか同乗者でもわかるんじゃないでしょうか?
ロードノイズはよく抑えらていますが、エンジン音に関してはマツダ3より明らかに賑やかです。

営業スタッフがいうには「あえて聴かせている」とのことですが、ディーゼルエンジンを回しても官能的なサウンドではないし、そういう演出はCX-30のキャラクターにあっていない気がします。

CX-30のインパネ
スポンサードリンク



マツダ CX-30の気になるパワートレインは?

CX-30のエンジンルーム

CX-30には3タイプのパワートレインがラインナップされています。

SKYACTIV-X 2.0L圧縮着火ガソリンエンジン


引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/
このエンジンは2020年発売予定でありスペックはまだ公開されていません。

ガソリンエンジンで圧縮着火という世界初の機構ですが、実は点火プラグは存在しており走行シーンで使い分ける仕組みです。

パワーと燃費の両立をうたった新技術のエンジンということもありディーゼルエンジンより30万円以上、ガソリンエンジンより50万円以上高価な価格設定となっています。

また、仕様見直しで燃料がハイオクガソリンとなりコストパフォーマンスの観点で個人的に興味が半減してしまいました。

SKYACTIV-G 2.0L直噴ガソリンエンジン


引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

最高出力:156ps
最大トルク:199Nm

WLTCモード燃費 (カッコはマニュアルトランスミッション)
2WD:15.4(16.2)km/L
4WD:14.8(15.6)km/L

おそらくSKYACTIV-Xが登場してもガソリンエンジン派の人はこれを選択することになると思われます。
尖がった魅力はありませんが、オールラウンドで扱いやすいエンジンです。

SKYACTIV-D 1.8Lディーゼルターボエンジン


引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

最高出力:116ps
最大トルク:275Nm

WLTCモード燃費
2WD:19.2km/L
4WD:18.4km/L

CX-3やマツダ3で採用されているディーゼルエンジンで、長距離走行の多いドライバーにはおすすめのエンジンです。
逆に街乗りがメインでチョイ乗りが多い人には向いていませんので、その場合はSKYACTIVーGをどうぞ。
動力性能の数値を見る限りやや物足りない気もしますが、燃費とのバランスがとれたエンジンといえます。
また、アドブルー(尿素水溶液)を必要しない数少ないディーゼルエンジンでもあります。

パワートレインはご自身の使い方に応じて選定されることをおすすめします。

人気のクリーンディーゼル車 デメリットと対策を理解しておこう

2018年3月11日

今回は試乗したのは、この1.8Lディーゼルターボエンジンです。

スポンサードリンク



マツダCX-30 ディーゼルエンジンモデルを試乗して評価してみました まとめ


マツダ期待の新型SUVであるCX-30のディーゼルエンジンモデルに試乗して評価してみましたが、いかがだったでしょうか?

アクセル操作のダイレクト感はマツダ3の方が少しよかった気がしましたが、SUVということであえて差別化されているようですね。

友人の運転で後席にも座ってみましたが、前席よりアイポイントが高いため視界が開けており乗り心地も前席と大きな差を感じるようなことはありませんでした。

加速時のエンジン音が思ったより大きいのが気になりますが、走りに関して国産車のSUVのライバルと比較して平均的な仕上がりといえます。

こういう表現になってしまったのは、最近試乗したボルボV40クロスカントリーやBMW X2、VWゴルフの影響です。

新型CX-30を持ってしても、車の一体感ではあと一歩輸入車に届いていない気がしました。(色々乗り比べた個人の主観です)

私の場合、乗り心地よりも走って楽しいかを優先しがちなのでこのような評価となりましたが、コストパフォーマンスやリセールバリュー、日常使いの観点でCX-30は誰にでもオススメできるSUVといえます。

やっぱり国産車の安心感は大きく私もCX-30 XDを次期マイカー候補のリストに加えるつもりです(笑)

他にもCX-30の気になるエクステリアやインテリア(内装)について別の記事で紹介していますのでチェックしてくださいね。

CX-30のエクステリア

マツダ | CX-30 | ジャストサイズのエクステリア(外装)を見てきました

2019年10月6日

マツダ | CX-30 | 国産車トップクラスのインテリア(内装)を見てきました

2019年10月8日

マツダ | CX-30 | 気になるボディーカラーや内装色をチェック

2019年10月12日
マツダ3のフロントマスク

マツダ3 | 評価 | ファストバックを見てきました ディーゼルエンジンモデルを試乗した感想など

2019年7月17日

マツダ | デミオ | 新型となるマツダ2では驚きの安全・運転支援機能が!

2019年7月22日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。