マツダ | CX-30 | ジャストサイズのエクステリア(外装)を見てきました

CX-30のエクステリア

CX-5はちょっと大きい、CX-3は狭いということでその間を埋めるジャストサイズのCX-30がついに日本に登場しました。

早速、実車を見に行ってきましたのでマツダ自慢のエクステリアについて、いろいろチェックしてみました。

マツダ CX-30の気になるサイズは?


ハッチバックのマツダ3をベースに開発されたCX-30。

マツダのSUVラインナップではCX-5とCX-3の間を埋める存在です.

海外モデルにクーペスタイルのCX-4が存在しているため、CX-30という予想外のナンバリングとなっています。

CX-3との大きさ比較 (大きい方がCX-30)

CX-30とCX-3の比較

CX-5との大きさ比較(小さい方がCX-30)
CX-30とCX-5の比較

気になるCX-30のサイズは...

全長:4395mm
全幅:1795mm
全高:1540mm
ホイールベース:2655mm
最低地上高:175mm
最小回転半径:5.3m

全長はC-HRの4360mmとほぼ同じ、全幅はかろうじて1800mmを切ってきました。

全高も立体駐車場の一般的な高さ制限値の1550mm以下に抑えられています。

CX-5も全長は問題ないものの全幅が1840mmのため、駐車場や取り回しに難がある、かといってCX-3はデミオ(現在はマツダ2)ベースのため後席やラゲッジスペースに不満を持っていたという人が多いのではないでしょうか?私もその一人です。

最低地上高がCX-5の210mmやXVの200mmに比べて物足りないところではありますが、1550mm以下を狙ったため仕方がないのかも?

それでも175mmは同クラスのライバルと比べれば三菱のエクリプスクロスと並んで良心的なクリアランスが確保されています。

最小回転半径の5.3mも18インチを考えれば優秀といっていいしょう。

スポンサードリンク



マツダ CX-30の気になるエクステリアは?

ここでご紹介するCX-30はXD L Packageになります。
マツダ3がベースだけあってフロントからボンネットにかけては同じイメージで、サイドは6ライト(ウインドウ)を採用しゆとりのあるデザインに仕上げてきました。
CX-30のエクステリア

SUVながらクーペルックを意識したCピラーの角度がスポーティーですね。リアのバックドアやテールランプはCX-8に似ていますが、ナンバープレートが下端に配置されています。
CX-30のリアの形状

パッと見たらマツダ3にも見えなくないかも?幅広大型グリルがワイド感を強調しています。
CX-30のフロントマスク

こうしてみるとキャビンに比べてフェンダーのふくらみがよくわかります。全幅1800mm以下には見えませんね。
CX-30のリア

サイドは他のどのCXシリーズとも似ていません。よ~く見るとAピラーの付け根からリアのフェンダーアーチにかけてキャラクターラインが入っています。リアウインドウもかなり寝かされています。
CX-30のサイドビュー

フロントは逆スラント形状。ここまでオーバーハングが短い国産SUVも珍しいです。
CX-30のフロント

リアはウインドウ下端が出っ張っています。オーバーハングも短いですね。
CX-30のリア

グリルはガンメタリックの光沢塗装が施されており上質な印象です。
CX-30のフロントグリル

ヘッドライト周りはマツダ3に準じたデザインでボンネットフードがランプユニットに覆いかぶさった形状です。
CX-30のヘッドライトユニット

ヘッドランプユニット下のメッキのガーニッシュがとにかく大きい!
CX-30のヘッドライト

バンパー下端にはSUVらしい分厚いスポイラーがついてます。ウインカーランプはこんなに低い位置に!
CX-30のスポイラー

リアのコンビネーションランプはすべてLEDで構成されています。
CX-30のテールランプ

このCピラーとクウォーターウインドウがCX-30を伸びやかなフォルムにしてくれています。クロームメッキのガーニッシュはマツダ3のように途中で分割線がないのはいいですね。
CX-30のクウォーターウインドウ

オーバーフェンダーのふくらみはほとんどなく、あくまでデザインの一環ですね。
CX-30のオーバーフェンダー

Bピラーはピアノブラックで覆われています。
CX-30のピラー

上面が平らで角ばった形状のサイドミラー。取付位置は視認性を考慮したものとなっています。
CX-30のサイドミラー

XD L Packageのタイヤサイズは215/55R18でCX-5と同じトーヨーのプロクセスR56が装着されています。
CX-30のタイヤ、ホイール

スポンサードリンク



マツダCX-30 新型SUVのエクステリア(外装)を見てきました まとめ

マツダの新型SUVであるCX-30のエクステリアをチェックしてみましたが、いかがだったでしょうか?

このCX-30は売れ筋コンパクトSUVのジャンルに属しているため手強いライバルがひしめいています。

トヨタC-HR、三菱エクリプスクロス、スバルXV、レクサスUX、ホンダヴェゼル辺りが比較対象でしょうか?

デザインにこだわるマツダですが、不思議なことにライバル達に比べてCX-30は意外にもシンプルに見えてきます。

しかし細部をチェックしてみると随所にこだわりの造形が施されていることがわかり面白いです。

奇をてらうことなく落ち着いたフォルムは最も大人びたSUVとして、幅広い層に受けそうです。

SUV人気もあり、マツダ3の販売台数を抜くは時間の問題でしょうね。

CX-30の気になるインテリアや走りについて別の記事で紹介しますのでよろしくお願いします。

マツダ | CX-30 | 試乗 | ディーゼルエンジンモデルを評価してみました

2019年10月9日

マツダ | CX-30 | 国産車トップクラスのインテリア(内装)を見てきました

2019年10月8日

マツダ | CX-30 | 気になるボディーカラーや内装色をチェック

2019年10月12日
マツダ3のフロントマスク

マツダ3|評価|ファストバックを見てきました ディーゼルエンジンモデルを試乗した感想など

2019年7月17日

マツダ|デミオ|新型となるマツダ2では驚きの安全・運転支援機能が!

2019年7月22日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。