プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジでシンプルなデザインに!

2018年11月29日から開催されるロサンゼルスモーターショーにマイナーチェンジする新型プリウスが公開されます。
日本では2018年12月17日発売となっておりすでに予約発注をうけつけています。
マイナーチェンジで変更になったエクステリアを中心に画像を紹介しますね。

注目のエクステリアは?

注目のフロントはシンプルでオーソドックスなデザインに。この角度から見るとフロントマスクのみ変更を受けたように見えます。

引用:https://www.netcarshow.com

サイドビューは新デザインの15インチホイール以外はほぼ現行と同じです。
プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com

フロントバンパーのサイドガーニッシュにデイライト?またはオプションライトが配置されています。
プリウスPHVに比べてずいぶんスッキリしています。

引用:https://www.netcarshow.com

座りがよくなった...というか安心できるデザインです。
プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com


引用:https://www.netcarshow.com

テールランプユニットはプリウスPHVとは異なるデザインに。
プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com

やっぱり奇をてらわずシンプルが一番ですね(笑)
プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com

プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com

スポンサードリンク




ボディカラーによって印象が変わってきますね。ホワイトは人気色になりそうです。

引用:https://carview.yahoo.co.jp

引用:https://carview.yahoo.co.jp

引用:https://carview.yahoo.co.jp

引用:https://carview.yahoo.co.jp

引用:https://carview.yahoo.co.jp

引用:https://carview.yahoo.co.jp

インテリア

インテリアに関しては目立った変更はなさそうですね。唯一、シートヒーターのスイッチの配置が見直されています。
ステアリングスイッチパネルやセンターコンソールに設定されていた陶器を思わせる白の配色は廃止され、ブラックに統一されました。
プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com

スポンサードリンク



プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジでシンプルなデザインに! まとめ

プリウス 2018年12月17日のマイナーチェンジ
引用:https://www.netcarshow.com

私を含め多くの人が気になっていた4代目プリウスのマイナーチェンジ。
それだけ現行デザインに不満を持つ人が多かったということでしょう。
何しろマイナーチェンジにもかかわらずヤフーのトップニュースに取り上げられていましたからね~

エクステリアの変更に関しては事前に営業サイドに「プリウスPHV似の外観になる」と通知があったそうですが、実際のデザインを見るとPHVよりかなりシンプルで個人的には前期がより好感が持てました。
しかし世間では「マシになった」と評価する人や失望した人など意見が分かれるようですね。

雑誌の予想通りの外観で、アクの強かった前期型と異なりおとなしい?デザインに改められましたね。

プリウス 2018年のマイナーチェンジ 予想

2018.04.08

やっぱり横長基調でまとめたデザインの方がしっくりくるのではないでしょうか?
(前期型のデザインでGOサインを出した役員の責任は大きい...)

これなら3代目プリウスからの乗り換えに躊躇していた人も、受け入れてもらえそうな気がします。

今回の発表の場となったロサンゼルスモーターショーでは北米向けに4WDモデルを投入することがわかりました。
4WDモデルはすでに日本で販売されていますが、北米向けの4WDモデルはギヤ比やリアフロアの設計が異なっています。
北米向けは保安基準が厳しい関係でバンパーが異なることもよくありますね。

機能面については情報が入り次第、紹介していきますね。

プリウス マイナーチェンジのデザインを前期型と比較してみました

2018.12.05

スポンサードリンク



ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。