カローラスポーツ | ボディーカラー(色)や内装色について解説!サドルタンはどうなの?

カローラスポーツのボディーカラーのラインナップ

2018年に登場したトヨタのカローラスポーツですが、その後ツートーンカラーの追加やボディーカラーの見直しがありました。
中でも人気カラーとなりそうなグレーメタリックが気になるところ。
今回はカローラスポーツの気になる色・カラーについて紹介していきます。

カローラスポーツのボディーカラー(色)を紹介

カローラスポーツのエクステリア
引用:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツに設定されているボディーカラー(色)はモノトーンで8色、ツートーンで4色がラインナップされています。

■ モノトーン
・グレーメタリック(有料色)
・シアンメタリック
・スーパーホワイトⅡ
・プラチナホワイトパールマイカ(有料色)
・アティチュードブラックマイカ
・ブラキッシュアゲハガラスフレーク
・シルバーメタリック
・エモーショナルレッドⅡ(有料色)

■ ツートーン
・グレーメタリック+アティチュードブラックマイカ(有料色)
・シアンメタリック+アティチュードブラックマイカ(有料色)
・プラチナホワイトパールマイカ+アティチュードブラックマイカ(有料色)
・エモーショナルレッドⅡ+アティチュードブラックマイカ(有料色)

では、それぞれの色をみていきましょう。

グレーメタリック

カローラスポーツのグレーメタリック
引用:https://toyota.jp/corollasport/

ようやくカローラスポーツのボディーカラーにもグレー系が追加されました。
シアンメタリックやエモーショナルレッドのカラフルな色と違ってシックなイメージがありますね。
アクアにも採用されているカラーですが、金属のかたまり感が精悍さをかもしだしています。
カローラスポーツのグレーメタリック
汚れも目立ちにくいのがうれしいですね。
個人的にカローラスポーツの登場時からボディーカラーのラインナップに何かが足りないと思っていましたが、それがグレー系だったのかもしれません。
最初からラインナップされていれば間違いなく候補になったのに...

シアンメタリック

カローラスポーツのシアンメタリック
引用:https://toyota.jp/corollasport/

北米のカローラスポーツ(カローラハッチバック)のテーマカラーになっています。
鮮やかでさわやかな色で、見ているだけでもウキウキしてきますね。
実際に車を見てみるとかなりポップな色です。


カタログ画像とのギャップが大きいのでこの色はかならず実物を確認することをおススメします。
個人的な印象としてこのカラーでは車が実際よりもコンパクトに見えました。
ちなみに残念ながら将来の査定でマイナス要因になる可能性があります。

スーパーホワイトⅡ

カローラスポーツのスーパーホワイト
引用:https://toyota.jp/corollasport/

トヨタ車定番のスーパーホワイトです。
社用車として購入するニーズがあるので、この色はラインナップから外されることはありません。
ただ、確かにホワイトは人気色ではありますが、このスーパーホワイトはプラチナホワイトパールマイカの引き立て役になっています。
個人でカローラスポーツを購入するときボディーカラーにホワイト系を選ぶなら無理してでもプラチナホワイトパールマイカをおすすめしたいです。

プラチナホワイトパールマイカ

カローラスポーツのホワイトパール
引用:https://toyota.jp/corollasport/
33,000円の有料色です。
トヨタ車定番のボディーカラーで、有料色にもかかわらず最も目にすることが多いのではないでしょうか?
ホワイトパールクリスタルシャインから変更された経緯があります。
白は膨張色として、実際よりも大きく見せる効果があり、カローラスポーツでは特にリアスタイルでその傾向が強いです。
カローラスポーツのリアスタイル
将来の査定でもとっても有利になります。
もし、ホワイトをお考えなら33,000円支払ってでもプラチナホワイトパールマイカを選ぶことをおススメします。
偏見だといわれそうですが、個人の車ならスーパーホワイトⅡは避けた方がいいです。

アティチュードブラックマイカ

カローラスポーツのアティチュードブラックマイカ
引用:https://toyota.jp/corollasport/

人気の定番色であるブラック系になります。
フロントマスクのキーンルックの大きな開口部に抵抗を感じる人にはおすすめです。


このブラックはメタリックではなくマイカなのでラメが入っているので近くで見るとキラキラ光って見えます。
深みのあるブラックとは別物ですが、傷が目立ちにくいという利点があります。
こちらのカラー(色)も将来の査定ではプラス要因となりますよ。

ブラキッシュアゲハガラスフレーク

カローラスポーツのブラキッシュガラスフレークアゲハ
引用:https://toyota.jp/corollasport/
33,000円の有料色です。
カローラアクシオやフィールダー、ノア3兄弟にハリアーなど、様々なモデル設定されているだけあってカローラスポーツのボディーカラーのラインナップの中でも人気のカラー(色)です。
ホワイトと異なり濃色系はシックでかたまり感があり落ち着いた雰囲気がありますね。


こちらもアティチュードブラックマイカと同じくラメが入っていますので、近くでみるとキラキラ光って見えます。

シルバーメタリック

カローラスポーツのシルバーメタリック
引用:https://toyota.jp/corollasport/

汚れが目立たないボディカラーとして定番ですね。
人気色のブラックやホワイトは本当に汚れが目立ちますが、シルバーならかなり頑張れます(笑)


ただ、かなり明るいシルバーなので磨いたときの満足感が最も低い色かもしれませんね~
ちなみに将来の査定ではマイナス要因となります。
個人的にはシルバーメタリックを選ぶならグレーメタリックも検討したいところです。

エモーショナルレッドⅡ円

カローラスポーツのエモーショナルレッド
引用:https://toyota.jp/corollasport/
55,000円の有料色です。
2019年6月の一部改良で追加されたレッド系です。
鮮やかなカラーでパーソナル色の強いカローラスポーツとのマッチングもなかなかのものです。

個人的な感想ですが、G”Z”の18インチアルミホイールとの組み合わせはスポーツカーらしく精悍に見えますが、GやG”X”にはホイールが妙に小さく見えてしまう気がしました。

グレーメタリック+アティチュードブラックマイカ


引用:https://toyota.jp/corollasport/
55,000円の有料色です。
ツートーンでこの色の組み合わせは珍しいですね。

シアンメタリック+アティチュードブラックマイカ


引用:https://toyota.jp/corollasport/
55,000円の有料色です。
ルーフをブラック化することでより車高が低く見える効果が一番際立っている組み合わせかも?

プラチナホワイトパールマイカ+アティチュードブラックマイカ


引用:https://toyota.jp/corollasport/
77,000円の有料色です。
ツートーンで定番のブラックルーフにホワイトボディの組み合わですね。

エモーショナルレッドⅡ+アティチュードブラックマイカ


引用:https://toyota.jp/corollasport/
99,000円の有料色です。
このブラックルーフとの組み合わせは海外でも人気急上昇です。


鮮やかなレッドにシックなブラックがよく似合いますね。
ちょっと高めの有料色ですが、将来の査定でプラスに働きますよ。

スポンサードリンク


カローラスポーツの内装色(カラー)を紹介

カローラスポーツはG”Z”とGでは内装色(カラー)が選べます。
ちなみにG”Z”ではフロントシートヒーターが標準装備となっています。

G”Z” 標準仕様

標準仕様のシート素材はブラックのファブリックです。ステッチの色はレッド。

引用:https://toyota.jp/corollasport/

G”Z” メーカーオプション仕様(¥162,250)

シート素材は本革+ウルトラスエード(エクセーヌに似た手触り)でセンシャルレッドとブラックが選べます。ブラックを選択した場合ステッチの色はグレー。


引用:https://toyota.jp/corollasport/

G 標準仕様

標準仕様のシート素材はブラックのファブリックです。ステッチの色はグレー。

G メーカーオプション仕様(¥143,000)

シート素材は本革+メランジ調ファブリックで、本革部分はサドルタン。ステッチの色はオレンジ(サドルタンかも?)。

引用:https://toyota.jp/corollasport/

G”X” 標準仕様

標準仕様のシート素材はブラックのファブリックです。ステッチは無し。

引用:https://toyota.jp/corollasport/

2020年6月にはGの特別仕様車としてG”Style package”が登場しています。
シート素材は合成皮革+レザテック製でカローラ/カローラツーリングのWxBと同じ仕様が採用されています。

カローラスポーツG"Style Package"

カローラスポーツ | 特別仕様車のG-style パッケージが登場

2020年5月27日

スポンサードリンク


カローラスポーツ Gグレードに設定されているサドルタン


引用:https://toyota.jp/corollasport/

キャメル色という色合いです。
国産車ではレクサスくらいしか採用していない珍しい色で輸入車気分が味わえます。
カローラスポーツ サドルタンの内装

カローラスポーツ サドルタンのフロントシート
ノーマルならブラック一色なのでかなり印象が変わります。
カローラスポーツ サドルタンのリアシート
ブラックの内装とのコントラストがいい感じです。
カローラスポーツ サドルタンのシフトレバー
女性はもちろん、男性でも違和感ないでしょう。
カローラスポーツ サドルタンのドアパネル

個人的にはぜひ選択したかったのですが、先行発注だったため存在がつかめませんでした(泣)

スポンサードリンク


カローラスポーツ ボディーカラー(色)や内装色について解説!サドルタンはどうなの? まとめ

カローラスポーツのボディーカラーのラインナップ
引用:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツのボディーカラーや内装色について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

定番カラーに加えてスカーレットやオキサイドブロンズといったオリジナルカラーも用意されましたが、2020年6月の見直しで廃止されてしまいました。

個人的にはグレーメタリックが気になる存在です。
カローラスポーツG"Style Package"
引用:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツは画像で見るのと実物を見るのでかなり印象が変わりやすい車だと思いますが、さらにボディーカラー(色)でもイメージが大きく左右されます。

トヨタ車の塗装は業界でもトップクラスの品質をもっているとのことですので安心してお好きな色(カラー)を選んでくださいね。

トヨタの公式サイトにある試乗車検索では、試乗車の色も確認出来ますので気になる色(カラー)があればチェックしてみてください。
➡ 試乗車検索はこちら

新型カローラスポーツと輸入車の走りを比較してみました

2018年8月16日

新型カローラスポーツ エクステリアの画像

2018年8月10日

新型カローラスポーツ インテリア(内装)の画像

2018年8月6日

新型カローラスポーツの評価 ここがダメ?

2018年8月3日

カローラスポーツ ワインディングロードを走ってみた

2018年8月2日

カローラスポーツ 1000㎞走ってみた評価は?

2018年7月28日
カローラスポーツのオーバーフェンダー

カローラスポーツ カスタムパーツをピックアップしてみました

2018年10月17日


ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。