V60|クロスカントリー|T5 AWDに試乗してみた評価は?

V60クロスカントリーT5AWDのエクステリア

ボルボの最新モデルV60 クロスカントリーに試乗してみました。

クロスオーバーの王道をいくスタイルや高級車の内装には心惹かれるものがあります。

試乗して私なりに評価したものをまとめています。

V60 クロスカントリー イイとこ取りのエクステリア

今は猫も杓子もSUVがブームですね。

高い車高のおかげでアイポイントが高く運転しやすい点も受けていると思います。

ただ、車高を上げると操縦安定性や空気抵抗、見た目や乗り心地のための大径タイヤによる転がり抵抗の悪化などデメリットも無視できません。

しかしV60クロスカントリーはステーションワゴンのV60の運動性能を維持しつつ車高を上げてオールマイティなクロスオーバーとして仕上げてきました。
V60クロスカントリーのエクステリア
全長:4785mm
全幅:1895mm
全高:1505mm
ホイールベース:2875mm
最小回転半径:5.7m

ワイドローのV60のシックでスポーティーなイメージを保ちつつもオーバーフェンダーとアンダーガードでカジュアルなイメージも融合させています。
V60クロスカントリーのエクステリア
最低地上高は210mmを確保。なんちゃってSUVとは一線を画した悪路走破性を持っています。
V60クロスカントリーのエクステリア
ほぼ垂直に近いフロント。オーバーハングが短いのもいいです。
V60クロスカントリーのエクステリア
とってもシンプルで大きなクロームのサイドガーニッシュ!
V60クロスカントリーのエクステリア
ウインカーとデイライト兼用のトールハンマーモチーフのライトユニット。
V60クロスカントリーのエクステリア
リアバンパーはスポーティーモデルばりのエグゾーストのデザイン。何しろ250psオーバーですからね~
V60クロスカントリーのエクステリア
タイヤサイズは235/45R19でコンチネンタルのプレミアムコンタクト6というオンロード指向のコンフォートタイヤが装着されています。
V60クロスカントリーの純正装着タイヤ

スポンサードリンク


V60 クロスカントリー 輸入車の魅力にあふれたインテリア

V60クロスカントリーのエクステリア
乗り込んでみると以前試乗したV60と全く同じインテリアです。
クロスカントリーらしさは乗り降りで意識するヒップポイントの高さくらいでしょうか?

インパネやセンターコンソールのデザインは最近のボルボ共通のものですね。
V60クロスカントリーのインテリア

やはり何度みてもこのアンバーカラーの内装には惹かれます。
購入すればこれを毎日目にすることが出来ると思うとたまりません。
V60クロスカントリーのインテリア
カップホルダーの底面はちゃんと滑り止め防止でラバー加工が施されています。
V60クロスカントリーのインテリア
とにかく上品なデザイン、仕上がりで、私個人としてはレクサス、メルセデス、BMWよりも上質に感じます。

運転席からみた左後方の視界です。とても良好ですね。
V60クロスすカントリーの後方視界

長いホイールベースのおかげで後席足元スペースの心配は不要です。
身長178cmの私がフロントシートを調整しても、余裕のゆとりがあります。
V60クロスカントリーのインテリア

リアのセンターアームレストには小物入とカップホルダーがあります。
V60クロスカントリーのインテリア

リアシート用のエアコンも左右独立!
V60クロスカントリーのインテリア

Bピラーにもエアコン吹き出し口が!
V60クロスカントリーのインテリア

V60と同じく気になるのが高いセンターコンソールと後席のフロアトンネルです。
すべてはバッテリー搭載スペースとして確保されているわけですが、ガソリンエンジン車にとっては邪魔なだけですね~
V60クロスカントリーのインテリア

ラゲッジスペースはVDA方式で529Lと広大です。
数ある輸入車の中でも左右の間隔も広く、これで文句があるはずもないでしょう。
荷物が少ない場合は、固定するための工夫も用意されています。
ただ、自転車を積むとき内装を傷つけないか心配。
V60クロスカントリーのラゲッジルーム

スポンサードリンク


V60 クロスカントリー T5 AWDに試乗して走りを評価してみました


今回試乗したのはV60 クロスカントリー T5 AWD Proという上級グレードです。
V60 クロスカントリーのパワートレインはT5のみで、2.0L直噴ガソリンターボエンジン+4輪駆動一択となります。

最高出力:187kW(254ps)/5,500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500-4,800rpm

ちなみにJC08モード燃費は11.6km/Lで、ハイパワーを考えるとまずまずでしょうか?(もちろんハイオク指定です)

乗り込んでまずはシートやミラーの調整です。
輸入車のパワーシートは細かい調整が出来るのが嬉しいところ。このV60は座面長の調整もできるので助かります。

新型ボルボに採用されているこのダイヤルを右にひねってエンジンスタートです。

もはや当然のことながら遮音が行き届いており遠くでかすかにエンジンのアイドリングが聞こえます。

V60クロスカントリーのインテリア
ではスタートしてみます。
出足からかなり穏やかな加速で少し意外でした。パワー不足というわけでもなくアクセルを踏んだ分だけ反応するイメージです。

V60やXC40のと時もそうでしたが、このDrive-E2.0Lターボエンジンは自然吸気のように非常になめらかなトルク特性で254psから想像する扱いにくさは皆無といえます。

ノーマルのドライブモードでは多少ラフなアクセル操作でも唐突な反応はなく、どの車に乗っていた人でもすぐに慣れると思います。

もちろん、どの速度域からでも鋭い加速が出来るので、常に余裕をもった走りが楽しめました。

乗り心地もこれが19インチとは思えない滑らかさで、車体剛性の高さもひしひしと伝わってきます。

考えてみれば、このクラスで250psオーバーの電子制御4WDに上質な内装、くわえて業界をリードする圧倒的な安全・運転支援システムを備えて549万円~というのは欧州のライバル達に比較すると、かなりのコストパフォーマンスといえます。
V60クロスカントリーのインテリア

V60と乗り比べるとアイポイントの高さに気付きますが、そうでなければあまり最低地上高が210mmもあることを意識させません。

ロールの差もちょっと速めの旋回速度でなければ気付きにくいレベルでしょうか?

いずれにしても高さのネガは、ほとんど感じられませんでした。

V60は全幅を1850mmと何とか日本での使用でギリギリ許容範囲だと思いますが、このV60クロスカントリーの全幅は1895mmもあります。

2車線の道路を運転している分には全幅もあまり気になりませんが、極力、狭い住宅街は避けたいですね。

スポンサードリンク


V60 クロスカントリー T5 AWDに試乗してみた評価は? まとめ

それにしてもステーションワゴンをベースにしたクロスオーバーのパイオニアであるスバルのアウトバック(グランドワゴン)は偉大だな~と思います。

いきなり脱線しますが、私が初めて購入した車は希少な中古のレオーネツーリングワゴンで、油圧式ハイトコントロールのギミックに酔いしれていました。

その後もハイトコントロール付きのエアサスのレガシィツーリングワゴンに3台乗り続けており車高(最低地上高)の高いステーションワゴンマニアといってもいいかもしれません。

ダートはもちろん、林道を数えきれないほど走ってきました。

そんな経緯もあり、V60クロスカントリーのような車は普通の人?以上に気になる存在なんですよね~

イメージ的にライバルといえばスバルのアウトバックやアウディのA4オールロードクワトロでしょうか?

しかしV60クロスカントリーはアウトバックのようなアウトドアを全面に押し出すこともなく上品で、A4オールロードクワトロより全体のプロポーションが整っていると思います。

ボルボV60クロスカントリー

とにかく悪路を走るなら国産車で優れた4WDを持つアウトバックになるんでしょうけど、北米をターゲットにしていることもあり大味なデザインという印象があります。

V60クロスカントリーも電子制御AWDでそれなりの実力があるものの、内装を見るかぎりフォーマルを含むあらゆるシーンで使えるオールラウンダーとしての魅力を持っているのではないでしょうか?

ただ、個人的に全幅と最小回転半径がNGレベルなのが残念です。

ボルボ 新型 V60 (2018)を試乗してみました

2018年10月13日
V40クロスカントリーのフロントマスク

ボルボ|V40|クロスカントリー|T5 AWDに試乗してみた評価は?

2019年7月30日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。