ボルボ 新型 V60 (2018)を試乗してみました

ボルボのステーションワゴンであるV60が2018年秋に新世代プラットフォームを採用して新型に切り替わりました。
早速ディーラーで実車を試乗してみましたのでインプレッションやインテリア(内装)をまとめてみました。

ボルボ 新型 V60 迫力のある堂々としたサイズ感


引用:https://www.netcarshow.com/

直線基調の伸びやかなボディラインが特長で第一印象は数値以上に大きなクルマに見えることです。
これこそボルボエステートV70の後継に相応しいシルエットです。

こちらはV60 T5 MomentumというV60ではエントリーグレードになります。

隣に並んでいる上位モデルのV90とパッと見た目は同じ車格にしか見えません。それにしてもエクステリアも似てますね~

V60 T5 Inscriptionです。
フロントグリルの格子やフォグランプベゼルにメッキの装飾が追加、ホイールも17インチから18インチとなります。

これでも全長は4800mmを切る4760mmmです。とてもクラウンより小さくは見えません。

ボルボ 新型 V60 試乗してみました

一般道のみですがV60 T5 Inscriptionに試乗してみました。
254psの2.0L4気筒ガソリンターボエンジンを搭載したモデルですが、V60ではこれが一番おとなしい?グレードになります。


引用:https://www.netcarshow.com/

シートやステアリング、ミラーの調整を済ませてスタート。

アクセルを踏み始めの走り出しはなめらかで、とても250psオーバーとは思えません。。

街中の中~低速域で、路面からの衝撃はしっかり抑えられており、スムーズで乗り心地がいいです。

VWやアウディのような硬さはないものの直進しているだけでボディ剛性の高さを感じます。

ブレーキやアクセルのコントロールがしやすく、短い試乗にもかかわらずすぐに慣れることができました。

同じガソリンターボでもV40T4のような途中から唐突に挙動が変化することもありません。

ステアリングやペダルの操作は軽めで、これなら女性でも扱いやすいでしょうね~

このV60でもステアリングのアシスタント量が3段階調整できるようになっており好みの重さにすることが出来ます。

大きなボディながらステアリング操作にはダイレクト感があり、交差点を曲がるようなシーンでもボディの長さを感じさせません。

ただ、V60に限りませんがこのくらいのサイズになると狭い路地だとそれなりに苦労しそうです。

スポンサードリンク



ボルボ 新型 V60のインテリア(内装)をチェック

先行して発売された新型V90のインパネとそっくりそのままといった印象です。

見てのとおりセンターコンソールが異様にかさ高い設計で壁のようです。このパワーシートは座面長も調節出来るようになっています。

タッチパネル式の大型ディスプレイはV40を除く他のシリーズと共通のつくりですね。

一番奥のダイヤルを右にひねるとエンジンスタートです。切るときも同じようにひねります。
その下のキラキラしたダイヤルはドライブモードを切り替えるためのものです。これならブラインド操作も可能ですね。
もちろん電動パーキングブレーキとオートホールド機能付きです。

センターコンソールには蛇腹式のカバーが設けられておりスッキリしています。

センターコンソールのカバーを開くとシガーソケットやカップホルダー、スマホスタンドが現れます。

運転席側ドアです。パワーウィンドウスイッチはすっと手が伸ばせる位置にあり、使い勝手もいいです。

助手席側にもパワーシートのメモリースイッチがあります。

ダッシュボードの中央にはかなり大きめのスピーカーが存在を主張しています。

後席はホイールベースが延長されたことで旧型とは比べ物にならないほど足元に余裕があります。

センターコンソール後方には後席用のエアコン操作パネルと吹き出し口があります。

Bピラー上部にLED照明。

ラゲッジスペースも車の全長が伸びたことで広大です。

後席を倒すスイッチとサービス電源ソケット。

もちろんパワーゲートです。リアバンパー下にセンサーがありつま先をかざすと自動で開閉が可能です。

スポンサードリンク



ボルボ 新型 V60を試乗してみました まとめ


ディーラーでは次々に新型V60を見に訪れるお客があとを絶ちませんでした。
古き良き時代のボルボのワゴンの伝統を受け継ぐモデルだけあって関心の高さを伺えます。

普段、Dセグメントの車に乗ることがないため大きなボディサイズに緊張しましたが、いざ試乗してみるとCセグメントのV40と似た感覚で運転に馴染めました。
思わずこのままロングツーリングに行きたくなってしまいます。

やはり国産車の剛性が上がっているとはいえ、剛性感という点ではドイツ車やボルボは更に上をいっていますね~

乗り心地の味付けも絶妙で、試乗中は自分が運転している車が高級車だと実感します。

また、新しいプラットフォームもいいのですが、個人的には内装で特にブラックの内装とタン(ベージュ系)色のレーザーシートに組み合わせに心を奪われました。

このV60は日本において数少ないステーションワゴンの選択肢となります。
V70のオーナーはもちろん新型が存在しなくなったレガシィツーリングワゴンの乗り換えにもピッタリです。

世の中、ミニバンとSUVであふれていますので逆にステーションワゴンという選択肢もアリだと思います。
流行に流されない大人の選択ですね~

ボルボ 新型 V60 (2018) 気になるサイズは?

2018.10.14

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。

スポンサードリンク