新型 Aクラス AMGのエクステリアやサイズをチェックしてみました

スポーティーなエクステリアをまとったメルセデスベンツの新型Aクラス。
おそらく多くの人が選択すると思われるAMGラインを追加した実車の画像を撮ってきましたので紹介していきますね。

新型 Aクラスのサイズをチェック


引用:https://www.netcarshow.com/

Cセグメントのハッチバックタイプの新型Aクラスとライバル車とのサイズを比較してみました。

車名 全長 全幅 全高 ホイールベース
新型Aクラス 4419mm 1796mm 1423mm 2729mm
BMW1シリーズ 4335mm 1765mm 1440mm 2690mm
アウディA3 4310mm 1780mm 1425mm 2636mm
VWゴルフ 4265mm 1800mm 1480mm 2640mm
ボルボV40 4370,mm 1785mm 1440mm 2640mm
インプレッサスポーツ 4460mm 1775mm 1480mm 2700mm
アクセラスポーツ 4470mm 1795mm 1470mm 2700mm
シビックハッチバック 4520mm 1775mm 1435mm 2640mm
カローラスポーツ 4375mm 1790mm 1490mm 2640mm

捉え方は人それぞれだと思いますが、Cセグメントは高級車と大衆車の差が少ないため選択肢が揃っています。

旧型より全長で120mm、全幅で16mmも拡大されていますが、それでも新型の全長、全幅はCセグメントの中で平均的な数値です。
全高は最も低くい値でした。
また、ホイールベースは最も長い数値になっています。
これにより十分な室内長が確保されていることや前後オーバーハングが短縮されていることがわかります。
新型 Aクラス AMG
引用:https://www.mercedes-a.jp

実際に身長178cmの私が運転席を調整し、そのまま後席に座ってみると膝前には余裕がありました。
全高が低いのでヘッドクリアランスは十分とはいえませんが、これなら大人4人乗車でも問題ないでしょう。
新型 Aクラス AMG

スポンサードリンク



新型 Aクラス AMGのエクステリアをチェック

画像はA180 Styleという上位グレードにAMGラインというパッケージオプションを装着した車です。
18インチAMGホイールなど内容からしてかなりお得感のあるオプションです。

■ 18インチAMGアルミホイール
■ AMGロゴ入りブレーキキャリパー
■ フロント/サイド/リアの専用スポイラー
■ ステンレス製ペダル(ブレーキ、アクセル)
■ 本革スポーツステアリング(ナッパレザー/赤ステッチ)
■ DINAMICAインテリアトリム
■ マルチビームLEDヘッドライト
■ アダプティブハイビーム

(下位グレードのA180には装着できません)

というかこれを付ける、付けないで迫力がまるで違ってきます...
新型 Aクラス AMG
引用:https://www.mercedes-a.jp

フロントマスクはCLS似というか同じデザインに加えAMGスタイリングパッケージのおかげで精悍な印象です。
新型 Aクラス AMG
ハッチバックのスタイルとしてはシンプルです。
新型 Aクラス AMG

これが新世代メルセデスベンツのデザインルールというやつですね。バンパー下部はCクラスやEクラスに準じたものになっています。
新型 Aクラス AMG

軽快なハッチバックながら安定感のあるデザインです。
新型 Aクラス AMG

このダイヤモンドグリルもAMGラインのオプション装着になります。
新型 Aクラス AMG

AMGラインというパッケージオプションにはマルチビームLEDヘッドライトが含まれています。
新型 Aクラス AMG

このスポイラーはただのデザインではないことがわかります。
新型 Aクラス AMG

AMGのスカートとマフラーカッターです。これマフラーカッターは残念ながらフェイクです。
新型 Aクラス AMG

シンプルな5本スポークの18インチAMGアルミホイールです。タイヤはハンコック製で225/45R18です。
新型 Aクラス AMG

前後のオーバーハングが短く、よりスポーティに感じられます。
新型 Aクラス AMG

スポンサードリンク



新型 Aクラス AMGのエクステリアやサイズをチェック まとめ

サンドイッチ構造でユーティリティ優先だった初代のAクラスの面影はみじんもなく、Cセグメントの中でもかなりスポーティなエクステリアとなっています。

CクラスやEクラスなど上位モデルに共通する部分もありますが、特徴的なヘッドライトユニットの形状やフロントグリルなど新型Aクラス独自のデザインも多く取り入れられています。

取り回しはよさそうなのでDセグメントからのダウンサイジングにもぴったりです。

これならセレブの奥様にも似合うのかもしれませんね(笑)

新型 Aクラス 気になる内装をチェックしてみました

2018.10.20

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。

スポンサードリンク