新型プリウス | 5代目としてついにフルモデルチェンジ!価格やグレードは?

2022年11月、ついにビッグネームのプリウスの新型モデルが発表されました!
早速、発表されたばかりの新型プリウスの内外装や装備、仕様についてまとめてみました。

2022/11/24更新 サイズに室内寸法を追加
2022/11/25更新 予約日程を追加
2022/11/27更新 グレード情報を追記

公開された新型の画像と価格やグレードなどの情報を拾い集めてみました。
誤りがあれば随時更新してきますので、ご了承ください。

新型プリウスの外観

新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

新型プリウスは先代モデルと異なり、アルミホイールを除けばハイブリッド(HEV)もPHEVも同じデザインが採用されています。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

今度の新型プリウスは、先代の反省からか徹底的にデザインにこだわりぬいていました。実用車とは決別しましたね。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

サイドのプロポーションはテスラのモデル3を彷彿させるプロポーションです。
それにしてもAピラーの角度がエグイですね~
ハイブリッドとPHEVの大きな違いはホイールデザインのみ?
純正装着タイヤはブリジストンのエコピア、ヨコハマのブルーアースGTが採用されています。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

リアフェンダーの造形もスポーツカーに劣らないボリューム感があります。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

コの字のデイライトは新型クラウンの流れを汲むものですね~
無意味なガーニッシュなどもなく、とってもシンプルで個人的には好感が持てます。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

う~む、フロントやサイドに比べてワイド&ローのインパクトが乏しいかな?
リアの横一文字のテールランプは、ハイブリッドがレッド、PHEVがクリアとなっています。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

新型プリウスの内装

ついにセンターメーターが廃止され、電気自動車のbZ4Xと同じ”D-module”という7インチメーターパネルとステアリングが採用されています。
bZ4Xと同じとなればメーターの視認性も心配なさそうですね。
電動パーキングブレーキはDレンジやPボタンで自動的に解除・セットされる仕組みです。
個人的にうれしいのがシートベンチレーションの採用(Zグレードのみ)で、これ一度味わったら手放せません。
さらにアクセルペダルはオルガン式に!
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/
アンビエントライトはトヨタセーフティーセンスと連動する機能が備わっています。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/
上級グレードには待望のサンルーフがメーカーオプションで設定されています。
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

スポンサードリンク


新型プリウスのサイズ

新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

4代目プリウスでは後席頭上の狭さが指摘されていたのに、あえて全高を大幅に下げてきました!
今回のプリウスは使い勝手よりスタイル、走行性能(空力、重心の低下)を優先した証(あかし)ですね。

全長 4600㎜(+15㎜)
全幅 1780㎜(+20㎜)
全高 1420/1430㎜(-50㎜)
ホイールベース 2750㎜(+50㎜)
最低地上高  145㎜
最小回転半径 5.3/5.4m
タイヤサイズ 195/50R19または195/60R17 PCD114.3
室内長:1,840㎜ (-70㎜)
室内幅:1,500㎜ (+10㎜)
室内高:1,130㎜ (-65㎜)
()内は旧型比

新型プリウスのパワートレイン

新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

レクサスUXに採用されている2.0Lハイブリッド採用が最大のトピックスで、カローラシリーズとは差別化が図られています。
新型は40km/Lを目指すかとの噂もありましたが、劇的な伸びはなく代わりに動力性能は大幅にアップ!
この5代目プリウスは明らかに方向性が変わりました。0-100km/h加速データの提示が物語っています。

走行用バッテリーには、リチウムイオン電池が採用されています。

1.8Lハイブリッド(2WD/4WD)

システム出力 140PS
WLTCモード燃費 32.0km/L
0-100km/h 9.3秒

2.0Lハイブリッド(2WD/4WD)

システム出力 190PS
WLTCモード燃費 28.6km/L
0-100km/h 7.6秒

2.0Lプラグインハイブリッド

システム出力 223PS
WLTCモード燃費 23km/L
EV航続距離 75km
0-100km/h 6.7秒

新型プリウスのグレード&価格

新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

全部で4つのグレードが用意されています。
しかし!なんと通常の購入では2.0Lモデルしか選択出来ません。
1.8Lは個人だとUグレードのみでサブスクリプションのKiNTO限定となります。
PHEVモデルは装備充実のワングレード展開となっています。

ハイブリッド 2023年1月発売

X(1.8L) 2,805,000円 法人・リース専用
U(1.8L) 2,939,000円 KiNTO専用
G(2.0L) 3,300,000円
Z(2.0L) 3,575,000円

プラグインハイブリッド 2023年3月発売

Z(2.0L) 4,675,000円

価格は2WDモデルのものです。
実用性を見限ったこのプリウスを法人で使う需要ってあるのかな~?

新型プリウスのボディーカラー

全8色が設定されていますが、グレードにより選択肢が絞られているようです...

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

スーパーホワイトⅡ(X)
シルバーメタリック(U/G/Z)
プラチナホワイトパールマイカ(U/G/Z)
アティチュードブラックマイカ(U/G/Z)
エモーショナルレットⅡ(U/G/Z)
ダークブルーマイカ(U/G/Z)
マスタード(イエロー)(G/Z)
アッシュ(グレー)(G/Z)

スポンサードリンク


新型プリウスのグレード別主要装備

新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

全グレード共通の装備として電動パーキング+ブレーキホールド、第3世代トヨタせーフティーセンス、LEDヘッドライトがあります。
また、メーカーオプションでプロアクティブドライビングアシストが選択できます。

■Xグレード
17インチスチールホイール
ファブリックエントリーシート
ディスプレイオーディオレス
■Uグレード
17インチアルミホイール
ファブリックエントリーシート
パワーシート(運転席)
8インチディスプレイオーディオ
■Gグレード
19インチアルミホイール(17インチに変更可能)
上級ファブリックスポーティシート
パワーシート(運転席)
8インチディスプレイオーディオ
■Zグレード
19インチアルミホイール(17インチに変更可能)
合成皮革スポーティーシート
パワーシート(運転席)
前席シートヒーター、ベンチレーション
12.3インチディスプレイオーディオ
パワーバックドア
パノラマミックビューモニター
アドバンスドパーク
後席アームレスト

スポンサードリンク


新型プリウス 5代目としてついにフルモデルチェンジ!価格やグレードは? まとめ


引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

5代目としてついにフルモデルチェンジした新型プリウスについてお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

明らかに4代目までとは路線変更してきた、今度の新型プリウス。
ほぼハイブリッドをフルラインナップしているトヨタが、プリウスに新しい価値観を与えてきました。

燃費のいい実用車として選ばれてきたプリウスが、スタイルや走りで選ばれるときが来るとは!
新型クラウンから始まった新世代のテイストを盛り込んだスポーティーなデザインは、私のようにSUVに興味がない人にはかなり刺さるのではないでしょうか?
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

カローラでは少し小さい、カムリやクラウンは大きすぎるという人にはぴったりかも?
かといって使い勝手はカローラの方が上の気がしますね。
「乗り降りがしにくい」「後席の頭上が~」「大径タイヤでタイヤ代が~」と文句をいうユーザーをばっさり捨てた潔さが面白い!
ここまでスタイルを攻めたのは、すでに軽量化や熱効率をとことん追求してもはや燃費でアピールが難しくなった背景もありそうです。
また、あらたに開発された第二世代TNGAプラットフォームの出来にも期待が膨らみます!
とにかく走行性能を重視する私としては、この路線変更は大歓迎です!!
新型プリウス フルモデルチェンジで価格は?
引用:https://global.toyota/jp/newsroom/

また、今回はエンジン、グレード展開、ボディーカラーで思い切った展開となっています。
特に予算を抑えたくても2.0Lモデルしか選択できないので購入のハードルが上がってしまいました。
そういう人はカローラを買えということでしょうか?

ちなみに12月20日に価格提示があり同時に予約受付開始だそうです。
ディーラーによっては既に仮予約を受け付けているお店もありますが、2023年の各店舗の割当台数がとても少ないらしく抽選になる可能性があります。

引き続き新型プリウスの気になる情報があれば、アップしていきたいと思います。

新型プリウス | もはや突然変異!?こんな国産車を待っていた!

2022年11月21日

トヨタ | プリウス | 新型の気になる色・カラーを紹介!おススメの色は?

2022年11月24日

カローラスポーツ | 2022年のマイナーチェンジの変更点をまとめてみました

2022年10月7日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。