ノートオーラ | 試乗記 | 気になる走りをチェックしてみました

ノートオーラの試乗記

日産の新型ノートの上級モデルであるノートオーラが2021年8月に発売されました。
ノートもBセグメントの中ではかなりの仕上がりでしたが、ノートオーラはどれだけ差別化されているか気になるところ。
新型ノートオーラにさっそく試乗してきましたので、プリウス・カローラ乗りの視点で評価してみました。

ノートオーラを試乗して評価してみました

今回、試乗させていただいたのはノートオーラG leather editionという上級グレードになります。ボディーカラーはピュアホワイトパールです。
ノートオーラのサイドビュー

さっそく運転席に乗り込みシートポジションを調整してみましたが、シートサイズや調整幅が個人的にノートでも問題なかったっただけにすんなりとドライビングポジションが決まりました。
これなら身長180cmの大柄な体格の人でも問題ありません。
ノートオーラの運転席
ステアリングのデザインはノートと共通ですが、造りは上質でクラスを超えた質感です。旧型のメダリストだけでなく上級車種からの乗り換えでも不満はないでしょう。
ノートオーラのステアリング

では、スタートボタンを押して起動しますが、当然エンジンはかかりませんので静か(笑)

ノートと同様にシフトレバーはパソコンのマウスのようなちょっと大きめサイズで、切り替えるときはスライドさせ駐車時はPボタンを押して操作します。
オートホールド機能もあり、これを有効にしておけば電動パーキングは自動でセット/解除してくれます。ここはヤリスやアクアに対して優位な点ですね。
ノートオーラのシフトレバー

アクセルを踏みだすと軽やかに動き出します。

幹線道路に進入し、流れに乗るべく加速してみました。

今回の試乗に際してノートを高速道路も含めて長時間試乗していたのですが、それと比較して街中走行ではアクセル操作に対する加速感に違いはほとんど感じられませんでした。
ノートと比較して最高出力で20馬力、最大トルクで20Nmもパワーアップしたモーターを採用しているはずですが、体感的にはパワフルになったという印象は乏しいです。
もっともノートでも十分軽快に加速していくので、期待値が大きくなってしまった点はありますがこれは意外でした。

ただし明確に違いが判る点として挙げたいのが、ロードノイズを含めた車内の静粛性です。
遮音ガラスなどコストをかけているだけあって、さすがに誰でもノートとノートオーラの静粛性の違いに気付くことでしょう。

やはりノートオーラは旧型の上級グレードに相当するメダリストの後継だけあって走行中のノイズ対策がしっかりしていますね~

私のマイカーであるハイブリッドのカローラや電気自動車のリーフ以上に静かで、発電のためのエンジン始動時もほとんどの人は気付かないと思います。
ノートオーラの試乗
このノートオーラもノートと同じくアクセル操作だけのワンペダルでは停止しません。
これは回生による減速でブレーキランプが点灯しないのは、後続車に対して危険と日産が判断したそうですが残念!

また、ノートに比べてトレッド(左右のタイヤの間隔)が広げられているため全幅と35mm拡大して1730mmとなりましたが、5ナンバーのノートとほぼ同じ感覚で扱えます。
3ナンバー化で抵抗を感じている人にも運転している分には、ほとんど意識することは無いでしょう。

ただし、最小回転半径は4.9mから5.2mに拡大しています。
ノートオーラのフェンダーの張り出し
ところで、毎日トヨタのハイブリッドを運転していると滑空という惰性で走ることが多いのですが、ノートに試乗するとシステムの違いをイヤでも意識させられます。
ノートやノートオーラの場合は、アクセルオフ時は即座に減速(回生ブレーキの作動によるもの)します。
SPORT、ECO、NORMALとどのモードを選んでもアクセルオフ時の減速が強く感じられ、少し違和感(燃費に悪そう...)を感じます。
もちろん、これは減速時の回生でバッテリーに充電されるため燃費が悪くなるわけではありませんが、慣れるまで速度をコントロールに手こずるかもしれませんね。

主にノートとの違いに注目してノートオーラの試乗にのぞみましたが、街中では走行性能に大きな差は感じられないという結果でした。
ノートオーラは静粛性という快適性の向上が大きな差別化ポイントに感じられます。

スポンサードリンク


今回試乗した新型ノートオーラの概要

G leather editionの2WDにります。
ノートオーラの外観
全長:4045mm
全幅:1735mm
全高:1525mm
ホイールベース:2580mm
最小回転半径:5.2m
車両重量:1260kg

パワートレインはモーター駆動によるシリーズハイブリッドです。
最高出力:136ps/3183-8500rpm
最大トルク:300Nm/0-3183rpm
駆動方式 : FF
燃料タンク容量 : 36L
WLTCモード燃費 : 27.2km/L

タイヤサイズは205/50R17でブリヂストンのトランザを履いています。
ホイールはアルミホイールですが、ホイールカバーが被せてあります。
ノートオーラの標準装着タイヤ
スポンサードリンク


ノートオーラ 試乗記 気になる走りをチェックしてみました まとめ

ノートオーラの試乗記
カローラスポーツやプリウス乗りの立場から日産の新型ノートオーラをノートと比較試乗してみましたが、いかがだったでしょうか?

今度のノートやノートオーラは、ルノーと共同開発したプラットフォームを使用していますが、旧型ノートとは完全に別格といっていい走りの質感が確保されています。
ライバルの多いこのクラスの中でもトップクラスの接地感があり、ステアリングフィールも個人的にはとても気に入りました。

ただ、ハイパワーのモーターを採用したノートオーラが街中では、ほとんどノートと違いが体感出来なかった点が少し残念です。


確かに静粛性や内装の質感ではノートを圧倒していますが、走りとエクステリアにおける差別化は不十分に思えるのが正直な感想です。

もちろんBセグメントのライバルを圧倒する快適な車内が気に入ればノートオーラは、チョイスする価値は十分あると思います。こればかりは人それぞれですね~
私が購入を検討するなら5ナンバーのノートで十分かな~と思いました。

ノートオーラのエクステリア

ノートオーラ | 気になる内装(インテリア)をチェック!もう文句なしの出来だった!!

2021年8月30日
新形ノートの外観

新型 | ノート | 第二世代となったe-POWERに試乗して評価してみると・・・

2020年12月28日

日産の先進技術体験プログラム 「HELLO NISSAN」はおススメ!

2021年7月24日

日産 | ノート | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!

2021年1月29日
ブリリアントシルバーの新型ノート

日産 | ノート | 新型の気になる色・カラーを紹介!おススメの色は?

2021年1月12日
新型ノートのエクステリア

新型 | ノート | 内装(インテリア)をチェックして驚いた!

2020年12月31日
新型ノートのエクステリア

新型 | ノート | 価格が高い?ライバルと比較してみました

2021年1月10日
ノートe-POWERのエンジンルーム

e-POWERというハイブリッドの仕組みは? 燃費や欠点について検証してみました

2019年3月18日
ブルーセラドンのルーテシア

新型 | ルーテシア | ついにACC搭載!試乗して評価してみました

2021年1月18日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。