スズキ | スイフトスポーツ | 2020年5月のマイナーチェンジで何が変わった?

スイフトスポーツのフロントマスク

2020年5月にスイフトシリーズがマイナーチェンジを実施しました。
すでに完成度の高かったスイフトスポーツですが、そこから何が変わったのかまとめています。

スイフトスポーツ 2020年5月のマイナーチェンジの概要


引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/
今回のスイフトスポーツのマイナーチェンジで追加、変更となった内容は以下のとおりです。

・運転・安全支援システムのセーフティサポートが強化
・ツートーンカラーを含むボディーカラーの追加

エクステリアやインテリア、エンジン性能や足回りの設定は従来通りということで変更はありませんでした。
なので従来のカラーで満足していた方やあくまで走りを重視している方には、マイナーチェンジ前の中古車を狙っても問題ない内容ですね。
また、すでにスイフトスポーツオーナーにとってはまずは一安心でしょうか?(笑)
では、それぞれの内容を詳しくチェックしていきますね。

運転・安全支援システムのセーフティサポートが強化


もともと、スイフトシリーズはコンパクトカーの中でも、かなり運転・安全支援システムが揃っています。
スポーツカーのスイフトスポーツでもセーフティサポート装着車では以下の機能が用意されていました。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能(6MT車を除く)
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・アダプティブクルーズコントロール

同じスポーツカーでも高価な86/BRZやフェアレディZよりはるかに充実してます。
これらに加えて今回のマイナーチェンジでは以下の機能が追加されました。
ここまで揃えばもはや完璧といっていいでしょう。
 

全車速追従機能付アダブティブクルーズコントロール


AT車限定の機能になります。
前走車と速度を合わせて車間距離を維持してくれるアダプティブクルーズ機能は、今までも装備していましたが40km/h以下になるとキャンセルとなっていました。
今回は完全停止までサポートされたので途中でキャンセルされることもなく劇的に使い勝手がよくなりました。ちなみにヤリスは対応していません。
これなら街中でも積極的に利用できるシーンが増えてくるでしょう。
特に渋滞ではとても重宝しますよ。

 

ブラインドスポットモニター


自車の左右後方から接近しいくる車両を検出してサインで教えてくれます。
車線変更時にとても頼もしい機能です。

 

リアクロストラフィックアラート


後退(バック)時に自車の左右から接近してくる車両を検出しドライバーに警告してくれます。
死角が多くなる前進駐車にはぜひとも欲しい機能です。
 

先行車発進お知らせ機能


停車中に先行車が発進して5m以上離れるとブザーと表示でドライバーに通知します。
 

後退時ブレーキサポート


AT車限定の機能になります。
後退(バック)時にリアバンパーに装備したセンサーが障害物を検出するとブザーによる通知を行い、さらに接近して衝突の危険性があればブレーキが作動します。
ドライバーの死角にある障害物との衝突を未然に回避することが出来ます。
 

全方位モニター用カメラ


全方位モニター用カメラパッケージ装着車限定の機能です。
フロント、バック、サイドの各カメラの映像を合成し車を真上からみた映像をモニターに表示します。
普通のバックカメラの映像より車の進入角度や左右の障害物の確認が出来ます。
 

後方誤発進抑制機能


AT車限定の機能になります。
後退(バック)時に障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込むとエンジンの出力を抑えて急発進を回避します。
 

標識認識機能


単眼カメラが路上の標識を認識しメーターパネル内に表示します。
制限速度や進入禁止、はみ出し通行禁止の標識が対象です。

スポンサードリンク


ツートーンカラーを含むボディーカラーの追加

従来はモノトーン(単色)6色のラインナップですが、今回のマイナーチェンジでブラックルーフのツートーン3色が加わり合計で9色から選べるようになりました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

ツートーン
フレイムオレンジパールメタリック+ブラック(44,000円)
バーニングレッドパールメタリック+ブラック(66,000円)
スピーディーブルーメタリック+ブラック(44,000円)

モノトーン
チャンピオンイエロー
バーニングレッドパールメタリック(44,000円)
スピーディーブルーメタリック
ピュアホワイトパール(22,000円)
スーパーブラックパール
プレミアムシルバーメタリック(22,000円)

スズキのツートーンカラーは価格設定が抑えられているのが嬉しところです。
今回、トヨタ86などスポーツカーによく似あうオレンジ(フレイムオレンジパールメタリック)が新色として追加されましたが現行のZC33Sによくマッチしていますね。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

スポンサードリンク


スズキ スイフトスポーツ 2020年5月のマイナーチェンジで何が変わった? まとめ

スイフトスポーツのエクステリア
2020年5月に実施されたスイフトスポーツのマイナーチェンジについて内容をお届けしましたがいかがだったでしょうか?

スイフトスポーツは運転・安全支援システムのセーフティサポートが大幅に強化され国土交通省が定めるサポカーSの該当車となりました。
スポーツカーはもちろん、コンパクトカーでもトップクラスの機能を持っており車線中央維持機能を除いて最新の安全・運転支援機能がフル装備の状態です。
2020年の時点では間違いなく日本で一番安全なスポーツカーといえるでしょう。

スポーツカーといえども徐々にATで楽しむ人も増えてきました。
特に、スイフトスポーツの6速ATは高く評価されており積極的に選ぶ魅力を持っています。

今回のマイナーチェンジでAT車向け安全・運転支援機能が強化されたことで背中を押された人も多いのではないでしょうか?

そしてスイフトスポーツにもついに待望のツートーンカラーが追加されました。
個人的にも先代のスイフトのツートーンカラーがずっと気になっていたので、今回の設定は非常にうれしいニュースです。
ただ、欲をいえばブラックルーフにホワイトボディの組み合わせも欲しかったところです。

現行のスイフトスポーツも登場して早2年半が経過しましたが、いまだに軽さ+ハイパワーの組み合わせは最強です。
あなたもぜひ一度、試乗してみてくださいね。
 

スイフトスポーツのエクステリア

スズキ | スイフトスポーツ | エクステリアやインテリアをチェックしてみました

2020年7月10日
スイフトスポーツのカラーラインナップ

スズキ | スイフトスポーツ | 気になるボディーカラーを紹介!おすすめのカラー(色)は?

2020年7月12日
スイフトスポーツの外観

スズキ | スイフトスポーツ | たっぷり試乗してきた感想です!

2020年9月16日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。