これが2019年に登場する新型カローラフィールダー!?画像大量です!

2018年10月2日に開催されたパリモーターショーで、カローラツーリングスポーツが発表となりました。

新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

これは日本仕様ではカローラフィールダーの後継として登場するものとほぼおなじデザインとなります。

一足先にそのエクステリアやインテリアを堪能してみましょう。日本仕様についてもまとめています。

フィールダーが2019年9月にモデルチェンジで新型カローラツーリングに!

2019年6月14日

2019 新型カローラフィールダー エクステリア画像

カローラツーリングスポーツのイメージカラーなのか、シルバーは本当に精悍に見えます。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

なんですか?この伸びやかのフォルムは?本当にトヨタ?(笑)
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

フロントからBピラーまではまんまカローラスポーツですが、リアドアパネル、クウォーターガラスやリアゲートは完全に別物です。

アグレッシブなフロントのイメージとは異なりリアは落ち着いて上品なデザインに。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

さすがにフロント周りはハッチバックと共通でした。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

なんと2本出しマフラーカッター!!ハイブリッド車でしかも標準仕様で設定されているのは初めてのことではないでしょうか❔
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

大きな開口部を持つキーンルックのフロントグリルや18インチアルミホイールも、ステーションワゴンだとしっくりきませんか?
個人的には2BOXハッチバックでは18インチがやりすぎな印象を持っていましたが、このカローラツーリングスポーツだと全然違和感がありません。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

カローラスポーツと次期カローラフィールダー(欧州ではカローラとカローラツーリングスポーツ)
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

欧州仕様のカローラシリーズ向けに新しいデザインの18インチアルミホイールが用意されています。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

テールランプはハッチバックと似たデザインですが、リアゲートはかなり切り立っていてデザインより使い勝手が優先されています。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

う~む、ホワイトは膨張色なのでシルバーとはかなり印象が変わってきますね。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

この色は欧州ではニーズがあるんでしょうね~。日本では間違いなく不人気色の予感。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

欧州はライバルが強いからか、トヨタの気合の入っていることがひしひしと伝わってきます。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

スポンサードリンク


2019 新型カローラフィールダー インテリア画像

サンルーフは後席の頭上まで伸びており開口部が広いです。開放感はパないですね。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

運転席からの左後ろの後方視界も中々よさそうですね~。リアシートも閉塞感は皆無です。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

ラゲッジ容量は598L。ちなみにスバルのレヴォーグは522Lなので一回り以上の余裕があります。
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

ハイブリッドでシーケンシャルシフトが!!これはぜひとも日本にも導入してほしいですね~
新型 カローラフィールダー 2019 画像
引用:https://www.japanbullet.com/auto-moto

スポンサードリンク


2019 新型カローラフィールダー まとめ

消費税増税直前の2019年9月17日にデビューが予想される次期カローラフィールダーの欧州仕様であるカローラツーリングスポーツが公開されました。

欧州ではカローラシリーズがプリウスのマーケットを兼ねているのでデザインも正攻法でしかけてきましたね。

スマートで精悍なエクステリアはハッチバックよりも洗練されたデザインだと思います。

自分の中で見た瞬間、イイなと思ったトヨタ車はこれが初めてかもしれません?

私は2018年7月にカローラスポーツを購入したばかりなので、こんなのを見せられると内心穏やかではいられません(;^ω^)

また欧州にだけ導入される2Lハイブリッドモデルは差別化が徹底されていましたね~

もしこのパワートレインを日本で導入されれば300万オーバーは確実でしょう(汗)

 

伸びやかなフォルムだな~と思っていたのですが、国内仕様となる次期カローラフィールダーは今回発表されたカローラツーリングスポーツと全く同じではなく、取り回しを考慮してナローボディで提供されることがわかっています。

日本仕様のボディサイズ:4490x1745x1460

全長は欧州仕様のカローラツーリングスポーツより160mmも短く、全幅はプリウスと同程度の1745mmと45mm狭く、ホイールベースも欧州仕様の2700mmではなくカローラスポーツと同じ2640mmに短縮されるようです。

そのかわり最小回転半径が5.0m/5.1mに抑えられています。

また、このワゴンにはレクサスUXで採用している2.0Lハイブリッドモデルが出ると噂されていましたが、どうも1.2Lターボと1.8Lノンターボ、1.8Lハイブリッドの3つのパワートレインが提供され、ハイブリッド仕様には4WDモデルも用意されます。(プリウスと同じ機構)

さらに新型の日本国内の名称はカローラフィールダーからカローラツーリングとなりました。
ちなみにセダンはサブネームのアクシオがなくなり、ただのカローラとなりそうです。

詳細情報を入手次第、またアップしていきますね。

次期フィールダーとなるカローラツーリングスポーツの先行予約スタート!価格は?

2018年10月26日

まもなく公開予定のカローラはカローラスポーツと異なるデザインが存在!

2018年11月14日


トヨタの公式サイトでも予告が始まりましたね


引用:https://toyota.jp/the-new-corolla

 

スポンサードリンク



 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。

スポンサードリンク