スバルのXVにハイブリッド車のe-BOXERが追加 発売日は?

手ごろなサイズで人気の高いスバルXVが2018年秋にマイナーチェンジを実施します。
一番のトピックはあらたにハイブリッド車となるe-BOXER搭載の新グレード「Advance」が追加されたことですね。
早速、e-BOXERの仕組みや実力を紹介します。

スポンサードリンク



e-BOXERとは?

XV ハイブリッド 発売日
引用:https://www.subaru.jp/

e-BOXERとはスバルのハイブリッドシステムのことです。

ハイブリッドのシステムはプリウスに代表されるストロングハイブリッドとスズキや輸入車が積極的に採用しているマイルドハイブリッドの2タイプがあります。
基本的な違いですがストロングハイブリッドはモーター単独走行が可能ですが、マイルドハイブリッドはあくまでエンジンが主役でモーターはアシスト役に徹します。

スバルとトヨタは提携関係にありますが、このe-BOXERはスバルのオリジナル開発となっており、マイルドハイブリッドに相当します。

引用:https://www.subaru.jp/

2018年にフルモデルチェンジを果たした新型フォレスターに初めてe-BOXERを搭載した「Advance」グレードが登場し、つづけてXVにも横展開というわけですね。

スバルのハイブリッドモデルは旧型のXVやインプレッサでも設定されていましたが、この新型フォレスターからe-BOXERという名称で一新されています。
搭載バッテリーがニッケル水素からリチウムイオンに変更され、軽量化や効率化が図られています。

世界的にみてもCセグメント以上のモデルはターボ化や電動化などが主流になってきており純粋なガソリンエンジン車は縮小傾向にあります。

e-BOXERの実力は?

ハイブリッド車だとプリウスのおかげで良くも悪くも燃費に注目が集まります。
新しくなったスバルのe-BOXERの燃費性能を見てみましょう。

JC08 19.2km/L
WLTC 15.0km/L
市街地 11.5km/L
郊外 15.5km/L
高速 16.8km/L

最近、あたらしく設定されたWLTCモード燃費はJC08モード燃費より実燃費に近い数値になっています。
それを考慮すれば少なくとも15~16km/Lくらいは期待できそうです。

これはスバル車の中では、もちろん一番(OEMモデルを除く)の高燃費になります。
排気量2Lの4WDのSUVで実燃費が16km/Lなら世界的にみても優秀ではないでしょうか?

ガソリン車でもそうなんですが、スバルは4WD車にもかかわらずライバルの2WD車と同列に燃費を比較されることが多いので、なんか理不尽な気もします。

確かに燃費性能はトヨタに比べてたらしょぼい数値かもしれませんが、e-BOXERの本来の目的は走行性能の向上です。

その運転フィールはどのようなものでしょうか?

すでにe-BOXERを搭載したフォレスターの試乗レポートがありますので参考になるかも。


e-BOXER搭載「Advance」専用装備

従来の2.0i-S EyeSightからAdvanceで追加・変更される装備です。

LEDハイ&ロービームランプ(光輝プロジェクターリング)

マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(Advance用)

インパネ加飾パネル(マットブルー金属調*1またはダークシルバー金属調*2)

フロントグリル(クロムメッキ+シルバー金属調)フロントバンパーガード(シルバー塗装)

LEDフロントフォグランプ + Advance用フロントフォグランプカバー(シルバー金属調)

Advance用サイドクラッディング(シルバー塗装)

*1:ブルー内装選択時。
*2:ブラック内装選択時。

<主なメーカー装着オプション>
●本革シート[ネイビー/ライトグレー(ブルーステッチ)]*3
●ローマウントタイプルーフレール(ブラック塗装)
●アイサイトセイフティプラス(運転支援)[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/ハイビームアシスト]
●アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[サイドビューモニター]
*3:ブラック内装選択時は装着できません。

2018年4月に開催された北京モーターショーで展示されていた「INTELLIGENT BOXER」とエクステリアは同じものと思われます。

引用:http://chubu-jihan.com/subaru/news_list.php?page=contents&id=298

スポンサードリンク



スバルのXVにハイブリッド車のe-BOXERが追加 発売日は? まとめ

XV ハイブリッド 発売日
引用:https://www.subaru.jp/

XVのe-BOXER搭載の「Advance」グレードは既に9月11日から受注が始まっていますが、実際に発売されるのは11月となります。

新型フォレスターの受注状況でe-BOXER搭載の「Advance」グレードは一番人気となっています。
今回のフォレスターにはターボが設定されていないことが一番の理由でしょうが、XVでは最量販グレードにはならないでしょうね~

モーターによるアシストは確かにターボの代わりには違いありませんが、高回転域の伸びが期待できないので不満を持つ人もいるでしょう。

しかし今回のハイブリッドモデルの投入は現状の2Lガソリンエンジンではライバルに劣るとの判断だったのでしょうか?

いくら「スバルのハイブリッドシステムは燃費ではなく走行性能の向上を狙ったものだ」といってもユーザーは追加費用に見合った見返りを求めます。
トヨタの場合は、それが燃費になりますがスバルの場合は運転する楽しさを提供しなければなりません。
フォレスターより軽量のXVならモーターアシストの体感効果も大きいのかもしれませんが、劇的な差は生まれにくいと思います。
そのため、少しでも追加コストを抑えて販売価格の上昇を最小限にとどめる必要があります。

ちなみに北米向けにプリウスPHVのシステムをもとにしたXVのPHVモデルのリリースが発表されています。

スバル 新型 XV ハイブリッド いつ発売?

2018.05.27

このモデルもぜひとも日本で発売してほしいものです。

スポンサードリンク



 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。