テスラ | モデル3 | 気になる内装(インテリア)をチェック!

テスラモデル3

以前から気になっていた電気自動車のテスラモデル3をじっくりチェックする機会がありました。
いろいろ注目ポイントの多いモデル3ですが、気になる内装(インテリア)を紹介しています。

スポンサードリンク



テスラ モデル3 すがすがしいほどシンプルなインテリア

今回モデル3の「スタンダードレンジプラス」というグレードの内装(インテリア)をチェックしてみました。
テスラモデル3の外観

まずドアを開けるところからして個性的!操作するときはドアハンドルを引きだします。
テスラモデル3のドアハンドル
ちなみにテスラモデル3はカードキーでも運転できます。その場合、運転席側のBピラーにカートを近づけるとドアロックを操作できます。
テスラモデル3のBピラー
そしてこちらがテスラモデル3のインパネです。ステアリングとディスプレイしかない...
テスラモデル3のインパネ
ここまでやるか?と徹底的にスイッチやレバーといったインターフェースが排除されています。
テスラモデル3の内装
ステアリング上のインターフェースも小さなダイヤルが左右に2個あるだけ。
ステアリングの左奥にウインカー兼ワイパー操作用レバー、右奥にはシフトレバーがあります。
テスラモデル3のステアリング
ペダルは吊り下げタイプです。
テスラモデル3のペダル
メーターパネルが無いのですべての情報表示や操作はこのタッチパネルディスプレイでおこなっています。
ボンネットやトランク、充電ポートのオープンやステアリングやサイドミラーの調整、エアコン操作はもちろん吹き出し口の風向調整、グローブボックスのオープンと徹底して集約されています。
テスラモデル3のタッチパネルディスプレイ
インパネは明るい木目パネルが施されていて家具のような落ち着きのある空間を演出してくれています。この本木目パネルの質感が素晴らしい!
モデル3のダッシュボードパネル
こちらがモケットが貼られたグローブボックス。容量はやや少なめですね。手動で開けられません(笑)
モデル3のグローブボックス
センターコンソールはインパネ側にUSBポートが2個ある以外は、中身は大きな小物入れに使えます。
モデル3のセンターコンソール
カードキーで運転するときはカップホルダーの後ろにカードキーを置いておく必要があるのですが、滑りやすいので走行中にカードが移動してしまうことが度々ありました。
モデル3の内装で個人的に評価したいのが、センターコンソールにピアノブラックを使用していない点ですね。
テスラモデル3のカップホルダー
巨大サイズのアームレストは高さも適切で使い勝手がいいです。
テスラモデル3のアームレスト
コンソールボックス内にもモケットが貼られていて容量もたっぷりあります。
モデル3のセンターコンソールボックス
センターコンソールボックスの後席側にはエアコン吹き出し口とUSBポートを装備。
モデル3の後席ユーティリティ
外観同様にドアパネルもとてもシンプル!皮革の手触りといい安っぽさは皆無です。
モデル3のドアパネル
モデル3のリアのドアパネル
モデル3の内装で数少ないスイッチエリアです。ドアを開けるにはスイッチで操作!ドアノブすら否定しています。
テスラモデル3のドア開閉

シートは国産車とは設計基準が違うので、身長178cmの私でもシートバックや座面は余裕サイズです。
この表皮はレザーですが熱がこもりやすい印象を受けました。
テスラモデル3のフロントシート
もちろんパワーシートです。シートヒーターはありますが、ベンチレーションは付いていなのが残念。
モデル3のパワーシート
運転席からみた左後方視界です。死角はよく抑えられているといっていいでしょう。
モデル3の左後方視界
こちらが後席。ヘッドレストも大型サイズです。
モデル3の後席
ホイールベースは2,875mmもあるのでさすがにゆとりがあります。
モデル3の後席足元
センタートンネルが無いことを差し引いても、全長4800mm以上あるクラウンやカムリ、スカイライン以上のゆとりがあります。
モデル3の後席足元
膝前の空間もたっぷりで、もはや足が組めます。
モデル3の後席のゆとり
ただ、座面がかなり低くくて太ももが浮いてしまうのが×。これはもったいない!
モデル3の後席座面
後席中央にカップホルダー付きのアームレストもあります。
モデル3の後席アームレスト

今度は天井(ルーフ)を見ていきます。
ごらんの通り、モデル3はサンルーフが標準装備で前席と後席からリアウインドウまで続く特大サイズになっています。
サンルーフというよりガラスのルーフといった方が正確ですね。
モデル3のルーフ
ただし閉じることが出来ないので日差しの強い夏はこのようなサンシェード(これはハメ殺し)のような日よけが必須になります。
テスラモデル3の天井
前席のLEDスポットライトの中央にハザードスイッチがあります。大きなカメラユニットがないのですっきりしていますね。
モデル3の室内灯
キャビンのほぼ中央にLEDの室内灯があります。
モデル3の室内灯
Bピラーの上部付け根付近に格納式のフックがあります。
モデル3のフック

スポンサードリンク



テスラ モデル3 収納スペースもたっぷり!

テスラモデル3
モデル3はキャビンの広さだけでなく収納スペースも充実しています。

タッチパネルディスプレイを操作してボンネットやトランクを開けてみます。
モデル3のボンネット

フロントには補器類がどこにいったのか心配になるほど広く深い空間が確保されています。ポルシェ911とは比べ物になりません。
モデル3のフロント収納スペース

そしてトランクルームも広大です。
左右の出っ張りが抑えられているので積み込む荷物の形状に気を使うことも少ないでしょう。
モデル3のトランク

さらに後席シートバックを倒してトランクスルーが可能です。
モデル3のトランクスルー

トランクの床板をめくるとここにも大きな収納スペースが!
モデル3の床下スペース

スポンサードリンク



テスラ モデル3 気になる内装(インテリア)をチェック! まとめ

テスラ モデル3の内装(インテリアア)を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

モデル3のプロポーションは空力とデザインを強く意識した形状となっています。
テスラモデル3のサイドビュー
しかし、車内はまったくデザインによる弊害はなく、クラウンやスカイライン、アコードといったモデル3よりも全長やホイールベースの長いモデルと同等以上のゆとりのある空間が確保されていました。
BMW3シリーズの方が広いという記事も目にしましたが、身長178cmの私にいわせればモデル3も十分広いです。
見た目と実用性がうまく両立されているところに感心しました。

インパネやセンターコンソールにスイッチやボタンが無い光景は斬新で、テスラがまったく違う価値観を提案しようとしているのがよくわかります。
試乗記事でも述べていますが、エアコンの風向き調整くらいはルーバーを手で操作させてほしかったところです...

他のテスラ車と同様、モデル3は他のライバルと比べて語る車ではないような気もしてきました。
リーフとは全く別物でしょう。

長い自動車の歴史においてテスラが今まで価値観を見直す機会をもたらしたのは間違いないでしょうね。
メーカーだけでなく私たちドライバーも見る目が問われているのかも?

車好きに限らずこのモデル3は、きっと衝撃を受けると思います。
機会があればぜひ乗ってみてくださいね。

テスラモデル3の外観

テスラ | モデル3 | 試乗してみました!車好きなら一度は乗ってみる価値あり!

2020年8月30日
テスラモデル3の外観

テスラ | モデル3 | 気になる外観(エクステリア)をチェック!

2020年8月31日

テスラ | モデル3が気になる!意外にサイズや価格のバランスが取れていました!

2019年8月9日


ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。