テスラ | モデル3 | 気になる外観(エクステリア)をチェック!

テスラモデル3の外観

北米はもちろん、欧州でもテスラモデル3の販売が好調です。
モデルSに比べて日本で扱うには手ごろなサイズのモデル3のプロポーションをチェックしてみました。

スポンサードリンク



テスラ モデル3 流れるようなプロポーション

今回チェックしたモデル3は、エントリーグレードにあたる「スタンダードレンジプラス」です。
モデル3には3つのグレードが用意されていますが、トップグレードの「パフォーマンス」のみホイールが異なるくらいで外観の差はありません。

スポーツモデルを思わせるアグレッシブなホイールデザインが個人的にお気に入り。
実際、モデル3は0-100km/h加速で3.6~5.6秒という動力性能や高いボディー剛性があり、下手なスポーツカーより速いです。
テスラモデル3の外観
これでもリアはトランク構造ですが、リアウインドウが大きく後方まで張り出しています。
テスラモデル3のリアビュー
カテゴリーではセダンとなりますが、5ドアクーペといってもいいスタイルでフロントウインドウからルーフ、リアウインドウまで連続した曲線を描いています。それにしてもAピラーの角度がすごい。
テスラモデル3のサイドビュー
テスラ車おなじみのグリルレスのフロントマスクです。
トヨタやレクサスと比べると超絶シンプルなデザインですね~
モデルXほどではありませんが、正面から見るとなぜか車高が高く見えるのが不思議...
キャビンとフェンダーのラインに連続性がないためでしょうか?
テスラモデル3のフロントマスク
リアもまたシンプル。まさに虚飾を否定するデザインです。
後ろから見るといかにフェンダーが張り出しているかがよくわかります。
テスラモデル3のリアスタイル
モデル3はルーフからリアウインドウまですべてガラスで構成されています。巨大サンルーフが全グレードで標準装備なのです!
テスラモデル3のルーフ

スポンサードリンク



テスラ モデル3 外観の詳細をチェックしてみた

テスラモデル3

フロントから順番にチェックしていきますね。
テスラモデル3のエクステリア
ボンネットには控えめなテスラのオーナメント。
テスラモデル3のオーナメント
ヘッドライトはフルLEDです。
テスラモデル3のヘッドライト周り
先進的なイメージのあるモデル3ですが、ヘッドライトの機能は意外にもオートハイビームのみでアダプティブハイビームではありません。ここはモデルSなど上位モデルと差別化されていますね。
テスラモデル3のヘッドライト
フロントバンパーのサイドには貫通したエアインテークがあります。
テスラモデル3のバンパー
フロントフェンダーのドア付近にはカメラが付いてます。
テスラモデル3のカメラ
外からモデル3のキャビンを見るとタッチパネルディスプレイが目立っていますね。
テスラモデル3のフロントガラス
サイドミラーはシャープながら意外に平凡?なデザインです。
テスラモデル3のサイドミラー
ドアハンドルはドアパネルに格納されており操作するときに引き出す方式です。
テスラモデル3のドアハンドル
Bピラーにカメラが埋め込まれています。
カードキーで運転するときは、ここにカードキーをかざすことでドアロックの操作が可能です。
テスラモデル3のBピラー
リアフェンダーのボリューム感!
テスラモデル3のリアフェンダー
サイドビューで重要なアクセントとなっているクウォーターウインドウ。
テスラモデル3のクウォーターウインドウ
ルーフからCピラーにかけての絶妙の角度がセダンをクーペに見せてくれます。
テスラモデル3のサイドウインドウ
テールランプも小さめでシンプル。
テスラモデル3のテールランプ
左サイドのテールランプモジュールの先端に給電ポートがあります。
テスラモデル3の給電ポート
当然ながらマフラーはありません(笑)デュフューザーもなくとてもシンプルなリアバンパーです。
テスラモデル3の外観
タイヤは235/45R18サイズでミシュランのパイロットスポーツ4が装着されています。
テスラモデル3のタイヤ
ホイールの隙間から見えるキャリパーも控えめながらいい感じ。
モデル3のブレーキキャリパー
 

スポンサードリンク



テスラ モデル3 気になる外観(エクステリア)をチェック! まとめ

テスラモデル3のサイドビュー
テスラ モデル3の特徴的な外観(エクステリア)を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

上位モデルのモデルSと同様にモデル3もセダンとは思えない流れるプロポーションを持っておりセダン好きにもクーペ好きにも受け入れられそうなフォルムです。
国産車やドイツ車勢に比べて、独自のデザインルールを貫いているので街中でも埋もれません。

ヘッドライトやテールランプを凝ったデザインを採用している車が多いなか、モデル3はとてもシンプルにまとめられています。
ボディーラインと合わせてクールなイメージを与えてくれていますね。
テスラモデル3の外観
車を受け取ったとき最初はグリルレスに少し抵抗を覚えましたが、ずっと目にしていると自然と違和感が薄れてきました。
いろいろ計算されたデザインなのでしょうね~
よくボディパネルの仕上げについて問題視している記事を見かけますが、今回じっくり観察した分には特に気になるような箇所はありませんでした。
テスラモデル3でドライブ
シンプルな設計が逆に個性的で、個人的にテスラ車は以前のプリウスのようにクラスレスの立ち位置があると思っています。

高級車に分類でき446万円からとちょっと背伸びすれば手が届きそうな価格設定で、ガソリン車とは比較にならない動力性能や上質な内外装が手に入るので意外コストパフォーマンスが高いです。

何といっても他の車と違い、車の機能は随時バージョンアップがおこなわれるので購入したあとも進化していきます。
こんな面白い車、チェックしないのはもったいないですよ~

機会があればぜひ試乗してみてくださいね。

テスラモデル3の外観

テスラ | モデル3 | 試乗してみました!車好きなら一度は乗ってみる価値あり!

2020年8月30日
テスラモデル3

テスラ | モデル3 | 気になる内装(インテリア)をチェック!

2020年9月3日

テスラ | モデル3が気になる!意外にサイズや価格のバランスが取れていました!

2019年8月9日


ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。