XC40 試乗記 走りはもちろん、エクステリアやインテリアも詳しく紹介!

XC40のフロントビュー

日本カーオブザイヤーも受賞し、あらためて車の出来の良さが証明されたボルボのXC40。

すでに納期半年以上ともいわれるほど受注が殺到しており、ボルボにとってうれしい誤算?となっています。

その実力を知るため時間をかけて試乗してきましたので、詳しく紹介します。

XC40 試乗記 XC40の紹介

ボルボXC40はボルボのラインナップの中で最もコンパクトなSUVです。

XC40はボルボの最新プラットフォームであるCMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャ)を採用した最初のモデルとなります。

今後、この同じプラットフォームを使った次期V40やS40が登場する見込みです。

XC40のスマートキー

これが、今回試乗したXC40 T4の仕様です。

全長: 4425mm
全幅: 1875mm
全高: 1660mm
ホイールベース: 2700mm
車両重量: 1610kg
駆動方式: FF/4WD
エンジン: 2.0L4気筒直噴ターボ
最高出力: 140kW(190ps)/4700rpm
最大トルク: 300Nm(30.6kg-m)/1400-4000rpm
トランスミッション: 8速AT
JC08モード燃費: 13.6km/L
車両本体価格: 439万円

 

XC40 試乗記 エクステリア(外観)の紹介

まずはエクステリアから。

遠目で見る分にはピンときませんが、実車を目の前にすると正統派SUVとして堂々とした存在感があります。
XC40のエクステリア

第一印象は「でかい!! これのどこがコンパクトSUVなんだ?」

たしかに全長は4425mmはCセグメントとしては珍しくありませんが、全高が1660mmもあり数値以上に大きく見えます。

XC40は、このリア方向へ切れ上がったリアのドアが特徴的です。
XC40のリアスタイル

 

そしてフロントに周ってみると...迫力満点!

さすが全幅1875mmだけのことはあります。
XC40のフロントマスク

シンプルながらも一目でボルボとわかるデザインは嫌味がなく、誰からも好感を持ってもらえそうです。

メルセデスベンツのように妙に威圧感がないのがいいですね。

 

フロントグリルもジャンボサイズですね~。
XC40のフロントグリル

 

フロント部分を真横からみるとほぼツライチ!
XC40のフロントを真横から見る

 

ヘッドライトユニットはボルボでは、すっかりおなじみとなったトールハンマーをモチーフにしたデザインです。

この「Y」を横にした部分がデイライトとして光ります。
XC40のヘッドライトユニット
ヘッドランプウォッシャーもあるので、雪の日も安心ですね。

 

フォグランプ周りのベゼルはシンプルなデザインです。
XC40のフォグランプ

 

タイヤサイズは235/55R18と極太サイズです。

ここまでくると、もう自分でタイヤ交換しようとは思いません(笑)
XC40のタイヤ

リアバンパー下部の形状です。
XC40のリアバンパー

サイドミラーもかなり大きなサイズでした。
XC40のサイドミラー

 
スポンサードリンク



XC40 試乗記 インテリア(内装)の紹介

XC40のインテリア(内装)を見ていきましょう。

これも90シリーズから始まった最近のボルボ車と共通のインパネデザインです。
XC40のインパネ

 

ステアリングのスイッチは非常にシンプルで、右側はメディア操作用、左側はクルーズコントロール用です。
XC40のステアリング

 

エアコン吹き出し口はすべて縦型となり、インパネ中央には8.7インチの大型ディスプレイが配置されています。

操作はタッチパネル式となっており、ここでカーナビゲーションやメディア、車両の設定、エアコンの操作などを行います。
XC40の8.4インチモニター

実際にエアコンの操作をしてみましたが、温度を調節するには一旦画面をタッチして温度のスライドバーを指で上下する必要があり、ちょっと面倒でした。

やっぱり、温度調節はダイヤル式がいいですね。

ただし、ボイスコンロトール機能があり「温度を20度にして!」と言えば設定してくれます。

 

8.7インチディスプレイの下にはオーディオ操作やハザード、デフロスターなどの物理スイッチがあります。

ボルボとしてはこれらのスイッチはタッチパネルにはふさわしくないという判断なのでしょうね。
XC40のインパネ下部

 

XC40で温度調節と並んで戸惑ったのが、このシフトレバーです。

このシフトレバーはプリウスと同じポジション固定式で、単なる切替スイッチになっています。
XC40のセンターコンソール
上位モデルの60シリーズとは異なり、P(パーキング)の状態からD(ドライブ)に切り替えるには、一旦N(ニュートラル)を経由する必要があります。

このため、停止状態から車を動かそうとするとシフトレバーを2回操作しなければならないのです。

どうしてこんな機構になっているのかは謎です。

 

XC40では電動パーキングブレーキやオートホールドに対応しています。

これがあると信号待ちでブレーキを踏んでいる必要がないので、とっても楽です!

 

ダッシュボードのデザインや仕上げからは、安っぽさは微塵も感じられません。

このあたりはレクサスも見習ってほしいところです。
XC40のダッシュボード

 

身長180cm近い私が、運転席のポジションを調整した状態でも後席足元スペースは広大でした。
XC40の後席足元

膝先でこぶし2個以上あり、余裕で足が組めてしまいます。
XC40の後席のゆとり

リアの後部座席にもしっかりエアコン吹き出し口が用意されていますが、このクラスでは貴重です。
XC40の後席のエアコン吹き出し口

ドアパネルの質感も高いです。

巨大なドアポケットがあり、15インチクラスのノートパソコンが余裕で収納出来てしまいます。

XC40のドアパネル

 

 

そして驚かされたのが、これまた広大なラゲッジスペースです。

全長4425mmであれだけ後席足元スペースを確保しながら、ラゲッジスペースは全く犠牲になっていません。

容量にして460Lあります。
XC40のラゲッジスペース

 

床下には収納スペースがあります。
XC40のラゲッジスペースの床下

 

 

スポンサードリンク



XC40 試乗記 試乗してみた!

運転席に座ってみると、アイポイントが高い!
XC40の前方視界

乗り込むとき、ほとんど腰を下ろすことがなかったので当然ですね、

しかし、これが街中の運転では先を見通した運転ができるのです。

このため、常に余裕を持って対処できるので交通量が多い街中ほど精神的にゆとりが生まれることを気付かされました。

 

では、停止状態からスタートして幹線道路の流れに乗るまで加速してみます。

軽くアクセルを踏み込んだ状態ですが、グイグイと加速していきます。

段付き感が全くないターボエンジンで、モーター駆動のようにとても滑らかな加速です。

路面を蹴っている感触がステアリングを通じて感じられ、トラクションもしっかりあります。

初めて運転するターボ車は、アクセル開度とトルクの出方に慣れるまではギクシャクするものですが、このXC40はアクセルの動きに素直で速度のコントロールがしやすいのが印象的でした。

XC40のアクセルペダル

勾配のあるワインディングロードに差し掛かっても、トルクフルで坂道を駆け上がるのも楽です。

私はよくボルボのディーゼルエンジン車に乗ることが多くディーゼルの大きなトルクを経験していますが、このターボエンジンなら不満はありません。

また、高い車高にもかかわらずロールがかなり抑えられていて、急カーブでも不安がありませんでした。

ステアリングの操作は軽くも重くもなく、女性でも扱いやすいと思います。

しかし、XC40でこれだけの走りを見せられると世の中の背が低いSUVはもっと走りを磨いて欲しくなります。

XC40は間違いなく走って楽しいSUVです。

 

 

XC40 試乗記 走りはもちろん、エクステリアやインテリアも詳しく紹介! まとめ

XC40のエクステリア

XC40をじっくり観察して運転してみた感想をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

1時間程度の試乗でしたが、それでもこれだけの特徴を挙げることができます。

・他に似た車がない個性的でスッキリしたエクステリアデザイン

・広い車内の優れたパッケージング

・カジュアルながらも随所で高級感がある内装

・パワフルで扱いやすいエンジン

・見た目を裏切る、SUVらしからぬ高い走行性能

XC40は正統派ともいえるSUV本来のスタイルで出してきました。

ボルボの90シリーズと60シリーズはエクステリアが非常に似ているため、本来なら40シリーズもそれに習うところですがボルボのデザイナーは違いました。

40シリーズは若い人達をターゲットとしており、「親が乗る車のミニサイズを求めているわけでない」との考えから独自のデザインとしています。

基本的に角ばったスタイルと独特のCピラーは他に似た車がなく、こういう独自路線がボルボのヒットの一因なのかもしれませんね。

 

個人的にネックなのが、1870mmという全幅とお値段です。

この全幅だと仕方がありませんが、最小回転半径が5.7mと小回りが利きません。

これ以外については申し分ない出来のクルマで、みんなが褒める理由がよくわかりました。

ほぼ、同じ価格帯のレクサスUXは、XC40と比較されるとかなり厳しい立場になりそうです。

皆さんもぜひ試乗してボルボの世界を体験してみてくださいね。

 

ボルボ インテリセーフとは? ボルボが提供する先進の安全・運転支援機能を紹介します

2019年3月14日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。