GRヤリス | RS | CVTモデルに試乗して評価してみました

GRヤリスのRSに試乗

話題のGRヤリスはすでに納車が始まっていますが、プロ/アマ問わずかなりの高評価ですね。
しかしマニュアルはどうしても避けたい私にとって、気になるのはCVTモデルのRSグレードです。
今回、カローラスポーツ乗りの視点でGRヤリスのRSグレードに試乗してきましたので評価してみました。

GRヤリス RSを試乗して評価してみました

今回は営業スタッフさんを助手席に乗せての走行です。
さっそく運転席に座ってシートポジションを調整してみました。
GRヤリスRSのフロントシート
シートサイズは余裕があり、サイドのサポートもしっかり効いています。
ペダルの位置や角度も違和感はありませんでした。

ただ、スイフトスポーツでもそうなのですが、スポーツモデルにしてはアイポイントが高く感じられました。
もし私がマイカーで購入したならシートレールも含めてシート交換を考えてしまいます。
ただし、これは私の身長が178cmということやサーキット走行をかじってドライビングポジションがシビアになっているためなので、普通?なら問題ありません。

GRヤリスRSの運転席
では、エンジンをかけてスタートしてみます。
停止状態からの動き出しはとても軽やか、3気筒エンジンとはいえアイドリングも含めて振動は気になりません。

そしてディーラーから道路に進入するわけですが、歩道の段差を乗り越えたときノーマルヤリスとの違いがすぐにわかりました。
いやでもボディ全体で塊感があることを実感でき、これは明らかにスイフトスポーツの上をいっています。
平坦な道を走っていてもステアリングを通じてボディ剛性の高さが感じられ、動的質感は国産車の中でもかなり上位にくるのではないでしょうか?

こうなるとステアリング操作も自動的に楽しくなります。
操作に対するレスポンスは決して機敏とはいえませんが、短いホイールベースや幅広の扁平タイヤの恩恵もあり運転を通じて車を操る楽しさをしっかり体感できました。
このフットワークはワインディングロードでも効果絶大です。

旋回時はあまり抑え込んている感じはなく適度にロールが発生しますが不安はありません。(今回は低~中速域のみチェック)

営業スタッフさんから「乗り心地、硬くないですか?」と尋ねられましたが、個人的にスポーツモデルとしては普通?の印象で振動の収束が心地よいです。
GRヤリスのステアリング

このRSグレードのトランスミッションは10速シーケンシャルシフト機能付きCVTで、パドルシフトも装備されています。
パドルシフトの変速レスポンスは少し間を感じさせられましたが、普段はハイブリッドに乗っているのでパドルシフトによるエンジンブレーキ操作は楽しいですね~
よく指摘されるラバーバンド感は鈍い?私には感じられませんでした。
GRヤリスRSのシフトレバー

さて、このRSグレードで誰もが一番気になるのはエンジンのパワー感ではないでしょうか?
ノーマルヤリスと同じエンジンにもかかわらず車両重量は100kg以上重いGRヤリスだと非力感が心配になってきますよね~
GRヤリス RSのエンジン
結論からいって今回試乗した印象として、ノーマルヤリスに比べて重さの違いを意識させられることはほとんどありませんでした。
もちろん、余裕の走りとは程遠いですが1.5LのNAエンジンとして車格に見合った動力性能を持っていると感じます。
ヤリスクロスの時もそうでしたが、同じエンジンでも重量差を意識させない仕上がりだったのでこれは安心しました。
GRヤリスRSのリアビュー
ちなみにこのインプレッションは私が普段、ハイブリッドのカローラスポーツに乗っている立場での感想であり、スポーツモデルとして動力性能を期待している人には明らかに役不足です。この点ではターボ車のスイフトスポーツやプジョー208、ルーテシアに遠く及びません。
普段どんな車に乗っているかで評価は大きく分かれるでしょうけど、ノーマルヤリスと同じエンジンとわかって乗る分には問題ありません。
RSグレードは、純粋にハンドリングを楽しむスポーツカーという表現が適しているようです。
そういう意味では、このRSグレードはかなりマニアックかも?

GRヤリスを運転して気になったのが視界の狭さです。
GRヤリスこの後方視界
左後方の死角はかなりのもので、C-HRに迫るものがあります。
また、ノーマルヤリスにもいえることですが、Aピラーの付け根の死角もそれなりで、フィットはもちろん、カローラや86/BRZ、スイフトスポーツに比べて劣っています。
バックカメラは必ず欲しくなりますので、オプションのチェックを忘れずに。

ちなみにやはりアダプティブクルースコントロールは、25km/h以下でキャンセルでした(泣)
案の定、営業スタッフさんも全車速追従タイプと思い込んでおられました...

GRヤリスの外観

GRヤリス | RSグレード(CVT)の装備をチェックして重大な事実が判明!

2020年9月6日

スポンサードリンク


今回試乗したGRヤリス RSグレードの概要

GRヤリスのノンターボ(自然吸気)エンジン搭載のCVTモデルがRSグレードとなります。
GRヤリスRSのサイドビュー
全長:3995mm
全幅:1805mm
全高:1455mm
ホイールベース:2560mm
最小回転半径:5.2m
車両重量:1130kg

エンジンはヤリスやヤリスクロスにも搭載されている新開発ダイナミックフォースエンジンです。
直列3気筒1.5Lガソリンエンジン
最高出力:120ps/6,600rpm
最大トルク:145Nm/4,800-5,200rpm
駆動方式 : FF
燃料タンク容量 : 50L
WLTCモード燃費 : 18.2km/L

タイヤサイズは225/40R18でダンロップのSP SOPRT MAXX050を履いています。
ブレーキはフロントが15インチのベンチレーテッドディスク、リアが16インチのディスクとなっています。

スポンサードリンク


GRヤリス RS CVTモデルに試乗して評価してみました まとめ

GRヤリスRSのエクステリア
カローラスポーツ乗りの立場からGRヤリスのRSグレード(CVT仕様)に試乗した感想をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

カローラスポーツでサーキット走行

GRヤリスはさすがラリーカーのベース車両として開発されただけあってボディ剛性の高さからくる一体感は、C-HRやプリウスPHVなどのGRスポーツモデルとは別格でした。

GRヤリスのRSに試乗

そしてこの短いホイールベースがもたらす人車一体感もハンドリングに楽しさをもたらしてくれます。

いや~、これならジムカーナ競技でもかなり楽しめそう!!
オールラウンダーとして通勤にもモータースポーツにも使えるヤツです。

車の出来を考えると安全装備一式を導入して350万は、決して高くないでしょう。
GRヤリス見積もり
それだけにアダプティブクルーズコントロールの仕様が悔やまれます。

世界的にガソリンエンジンの肩身が狭くなってきた今、今のうちに快適仕様のGRヤリスをチョイスするのもいいかもしれませんね。

GRヤリスについては引き続き情報をお届けしていきますね。

GRヤリスの外観

GRヤリス | RSグレード(CVT)の装備をチェックして重大な事実が判明!

2020年9月6日
GRヤリス RSグレードの外観

GRヤリス | RSグレード(CVT仕様)の外装(エクステリア)をチェックしました

2020年8月11日
GRヤリスのサイドビュー

GRヤリス | RSグレード(CVT仕様)の内装(インテリア)をチェックしました

2020年8月12日
GRヤリスRSグレード

GRヤリス RSグレード(CVT仕様)が気になる!価格や納期は?

2020年7月23日
スイフトスポーツの外観

スズキ | スイフトスポーツ | たっぷり試乗してきた感想です!

2020年9月16日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。