インプレッサスポーツ 新型の評価は?

スバルにとっては2003年のBL/BPレガシィ以来となる日本カーオブザイヤー(2016-2017)を受賞した新型インプレッサ。

すでにかなりのオーナーがインプレッションを公開されているので乗り心地や走り、燃費の評価をまとめました。

SGPを採用した新型インプレッサは日本車のイメージをくつがえした!?

5代目となる新型インプレッサですが、従来のSI-シャシーからSGP(スバルグローバルプラットフォーム)という全く新しいプラットフォームを採用しています。

このプラットフォームは世界最高水準の安全性能と動的質感の向上を目指して開発されたもので、インプレッサ、XVを皮切りに今後フォレスターやレガシィに採用されていきます。

このSGPはなんと2025年まで使用することを見越して設計されているのです。

インプレッサがすでに熟成したSI-シャシーを採用しなかったのは、SI-シャシー開発時に比べて今後求められる安全性能のハードルが上がっていることや計測技術が大幅に進歩していることが挙げられます。

もともと、安全性能では国内外でトップクラスの実力を持っていたスバルでしたが、そこからさらに飛躍するわけですからライバルメーカーにとってはたまったものではありませんね。

実際にSGPを見てみると骨格のかなめとなるサイドメンバーが前から後ろまで貫通しています。(SI-シャシーでは途中で分断されていました)

これって日本車のシャシーでは珍しいことで、このことからも剛性や応答性が向上していることがよくわかります。

インプレッサスポーツ エクステリアの評価

これは主観や感性の要素が大きいですが、おおむね好評ですね。

・写真より実物のほうが断然カッコよく見えます。

・リアビューは高級感があり特にいいと思います

・新型のほうが断然カッコいいと個人的には感じました。

インプレッサスポーツ インテリアの評価

内装のしょぼさはBL/BPレガシィを除いてスバルの伝統でしたが、今回のインプレッサは明らかに1クラス上の質感があると認識されています。

・質感も高級車に負けていません。

・トヨタから乗換でレボーグの内装では不満でしたがインプレッサの内装(本革)には満足

・ナビ位置が上になったのは、安全にも貢献し、Good。

・高級感はそこそこですが、価格を考えると上等かと思います。

・スイッチやインフォメーションディスプレイ等ごちゃごちゃしすぎ。こんなに必要?

・フロントガラスの映り込みが気になる

インプレッサスポーツ エンジンの評価

発進トルクに関しては十分だとする意見と出足が遅いとする意見に分かれています。

出足を意識した車など、今までにどんな車に乗っていたかで評価は大きく変わってきますので当然かもしれません。

・必要十分なトルクがある

・街乗りであれば、必要十分です。

・アクセス踏んでからタイムラグがあり出足がとにかく鈍感です。

・巡航は非常にどっしりとして安定していますが、出足が若干重い。

インプレッサスポーツ 走りや乗り心地の評価

ほぼすべてのユーザーが絶賛しており、一番伝えたい、お気に入りポイントであることがわかります。

・直進性能は素晴らしい

・左折やカーブでのロールは感じない

・足回りが素晴らしい ! ! SGPの高いポテンシャルを実感

・車体が余り揺れない

・コーナリングが良い、

・タイトコーナーで痛感、フォレスターも良いですがインプレッサは更にトルクベクタリング効いてます。

・走りに関してはその完成度の高さに驚かされた。

・スタッドレスということもありますが、堅さがなく、225/40R18のタイヤを履いているとは思えない乗り心地の良さです

・高速での直進走行、カーブでの安定感は本当に気持ちがいい。4WDのおかげか?

・素人の感覚でも今までのフワフワした乗り心地から、しっかり剛性感のある乗り心地に変わったことは分かりました。

一部でこんな評価も..

・低速ではバネだけで走ってる感じです

・エネルギーが吸収できてない

インプレッサスポーツ 静粛性の評価

これもほとんどユーザーから高評価を受けています。

剛性の高さの恩恵もあるでしょうね。

・静粛性が大幅に向上しています。

・エンジン音は室内にほとんど入っきません

・この車で一番感動したのはドアが閉まる音です。なんだか高級車っぽいです。

インプレッサスポーツ 燃費の評価

評価から新型インプレッサでネックともいえるのが燃費ですね。

走行シーンや乗り方次第ですが、平均すると11.2km。

以外だったのは2.0も1.6もほとんど差がない点でした。

・燃費は渋滞もない通勤がメインで14から15といったところで夏場は下がるとは思います。

・燃費計は7.9km/Lと表示されます。

・長距離乗って12.5止まり。

・郊外で60km/h走行、たまに信号位だと 13~14km/L まずまずです

・1.6の車にしては悪い。渋滞のない市街地走行では15キロくらいを期待していたのですが13キロ程度しかいきません

・冬でヒーターをつけながら街乗りなので、10km行きません。

・街乗りのみだと10キロ切るかもしれません。

・普段市内乗りで最悪8~9km/L、高速で13~15km/L位と思います。

・冬の街中で信号が多い所では7~8km/Lで6気筒より燃費が悪いのに驚いたが高速で100km/h追従走行すると20km/Lを超えたのにも驚きました。

インプレッサスポーツ 評価のまとめ

・この走行性能でこの価格であれば外車を買う理由がないのでは。

・仕事柄色んな車に乗る機会があるのですが本当に「運転していて楽しい、もっと運転したい」と思わせる車に出会ったのは初めてでした。

上記のように他の車(主に日本車)との違いを実感されているケースが多く、購入して満足されています。

最近はどこのメーカーもプラットフォームを刷新したことをうたっていますが、体感出来る例はまだまだ少ないように感じます。

フォルクスワーゲンのゴルフやアウディA3は誰が乗ってもハッキリと日本車とは次元の違う剛性の高さを感じさせます。

日本車のインプレッサがついにその感覚が味わえるようになったのはとてもうれしいです。

SGPのポテンシャルの高さが証明された以上、今後モデルチェンジを控えているWRXやフォレスター、レヴォーグも相当期待できそうですね。

ところで新型インプレッサスポーツの最大のネックは燃費でした。

Cセグメントのライバルにはハイブレッドのプリウス、ディーゼルのアクセラやV40など燃費の良いクルマが多いだけにどうしても見劣りしてしまうんですね。

ただ4WDと2WDを比較するのはアンフェアな気もします。

とはいえ、最新モデルのわりに燃費性能に関しては遅れているといわざるを得ません。

純粋なガソリンエンジン車では、ハイオク仕様とはいえドイツ車の燃費も優秀になってきており日本車と完全に並んだかリードしています。

アウディ新型A3セダンのインプレッション

2017.05.16

スバルは全車直噴エンジン化が当面の課題なので、劇的な燃費の向上は当分おあずけのようですね~

しかしSUVモデルのXVでは2020年までに、ハイブリッドまたはプラグインハイブリッドが登場する予定です。

先代のXVハイブリッドのハイブリッドシステムはスバルオリジナルでしたが、今度はトヨタのTHSがベースなので燃費は期待できそうです。

また、先代モデルと同じく後からインプレッサにもハイブリッドが追加される可能性はあるかもしれません。

個人的に日本カーオブザイヤーは、あまり気にしていませんが、インプレッサスポーツは多くのユーザーに今までの日本車とは違うと感じさせてくれる車であることは間違いありません。

やはり外車ユーザーを納得させる実力を持っていることからも、今回の新型インプレッサは他社からの乗り換えが多いそうです。

そんなにすごいのか?本当に違いがわかるか?気になるあなたもぜひ試乗してみましょう。

その前に必ずこちらをチェックすることをおススメします。