プジョー | 新型 | 308 | どうして?新型のサイズにショックを受けました!

新型プジョー308のボディーサイズ

7年ぶりにプジョー308がモデルチェンジとなりました。
たくさんの画像が提供され新型をいち早くチェック出来たのもつかの間、仕様をみてびっくり!
新型プジョー308のサイズなど気になる情報についてまとめてみました。

プジョーの新型308について

まずはCセグメントに属する308の概要をかんたんに紹介しますね。

2021年秋に欧州でデビューが噂されるプジョーの新型308が3月18日に突如発表されました。
今回は先行してハッチバックのみですが、いずれステーションワゴンもリリースされます。

この新型308はプジョーの新しいロゴマークを採用する最初のモデルとなります。

引用:http://press.peugeot.co.jp/

エクステリア(外観)

今度の308のテーマカラーはOlivine Greenというグリーン!Cセグメントでの採用は珍しいですね。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

前後のフェンダー周りはプリスターフェンダーのごとく張り出しています。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

サイドは典型的な2BOXスタイルながら伸びやかな印象を受けますが、オーバーハングも抑えられておりスポーティーなプロポーションです。
Cピラーやリアのドア周りは旧型のイメージを色濃く残していて、BMWの先代1シリーズも彷彿させるデザインですね。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

フロントマスクは208や508と比較して、もっともアグレッシブなデザインです。ややボンネットが盛り上がっていますね。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

リアもワイド&ローを強く印象付けるべくガーニッシュ周りを含めて横長基調のデザインとなっています。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

フロントグリルはバンパー中央より下へ広がって上下左右共に巨大化!新しいロゴにはブラックのグリルが似合いますね。
左右へ広がるデザインはマイナーチェンジした3008に通じるものがあります。
ナンバープレートはルノーのルーテシア並みにバンパー下端まで引き下げられました。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

フロントバンパー両端にはすっかりプジョー車のアイコンとなったライオンのかぎ爪を模した縦長デイライトなど208や508のデザインテイストが盛り込まれました。
マトリックスLEDヘッドライトというアダプティブヘッドライトも用意されています。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

プジョーはテールランプがいつも凝っていますが、新型308はかなり寝かせた斜めの配置ときました!
フューエルリッドもくねくねしています(笑)

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

インテリア(内装)

内装は小径ステアやi-Cockpitなど508に近いですが、エアコン操作がタッチパネル化されています。
物理スイッチを排したデザインはゴルフ8や新型アウディA3に通じるものがありますね。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

シフトレバーが見当たらないと思ったら、こんなボタンになっていました...少し小さくないですか?
ドライブモードのスイッチはもっと手前にあるので、もしかして隣のシルバーのレバーで操作(R↔N↔D)するのかも?

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

慣れるととても扱いやすい小径ステアリング。クルーズコントロールの操作系はステアリングスイッチになりました。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

パワートレイン

新型プジョー308のパワートレイン
引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

発表されているパワートレインは以下の3タイプになります。
・1,6Lガソリンエンジン+モーター
・1.5Lディーゼルターボエンジン
・1.2Lガソリンターボエンジン

今回の308には欧州で急激に普及(補助金のおかげ)が進んでいるプラグインハイブリッド車が設定されています。
航続距離で59~60kmと十分実用的な性能といえます。

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

いずれは純粋な電気自動車モデルも登場するかもしれませんね。

スポンサードリンク


プジョーの新型308のボディーサイズに目を疑いました

明らかに旧型より体格がよくなっておりボディーサイズが大きくなっていることは容易に想像できますね。

ではサイズを見ていきましょう。
新型プジョー308のボディーサイズ

引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

今度の308の発表は詳細なサイズも公表されていてかなり親切ですが...
全長:4367mm
全幅:1852mm
全高:1441mm
ホイールベース:2675mm
最小回転半径:5.25m

え~全幅1852mm?何これ?
先代モデルから48mmも広がりCセグメントのハッチバックとしては異様にワイドな数値になっていました。
ちなみに先々代は1820mmだったので1820 → 1804 → 1852とモデルチェンジのたびに全幅が大きく変化しています。

欧州の道路がとびきり道幅が広いわけでもないのに、なぜこうなった?
ワイドな車が揃うアウディのA3ですら1805mmです。

ルノースポールのようなスポーツカーならまだわかりますが、ノーマルモデルでここまで広げる必要があったのでしょうか?

衝突安全性能はもっとナローなライバルでも確保されているので、安全性確保のためとは思えません。
たとえば大容量バッテリーの搭載を想定したものだったりして。

せめてもの救いは、ハンドルの切れ角が大きいのか最小回転半径が5.3mを切っていることです。

それでもこのクラスを選ぶユーザー層はある程度の取り回しも重視しているはずです。(この全幅が許されるなら508でも何でもありになる)
もちろん、日本でもかなりの立体駐車場では利用できません。
駐車場でのドアの開け閉めや住宅街など生活道路では離合にかなり気を使うことにそうです。

ここまで広いと寸法で敬遠する人もきっと出てくるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


プジョー 新型308 どうして?新型のサイズにショックを受けました! まとめ

新型308のサイズ
引用:https://www.netcarshow.com/peugeot/

プジョーの新型308のサイズや仕様についてお届けしましたがいかがだったでしょうか?

このブログは決してかたっぱしからニューモデルの情報をお届けするのが目的ではなく、私が気になる車を取り上げています。
これはマイカー候補探しの一環でもあります。

Cセグメントハッチバックの308は私にとってストライクゾーンであり、208がとびきり高評価でしたので新型の情報を心待ちにしていました

しかしサイズを見て落胆、一気に熱が冷めてしまいました(笑)

つい最近まではフランス車は安全・運転支援システムがプアだったのが、ルノーも含めて一気に充実させてBセグメントでは逆にリードするまでに至っています。
懸案事項がなくなったのに、サイズでショッピングリストから脱落してしまったのは何とも残念な話です。

とはいうものの「1900を超えなければ大丈夫」という人や日常使いで1852mmでも支障のない人も少なくありません。
むしろ私みたいに全幅に過敏になっている人は、少ないのかもしれませんね。

新型308の日本投入は早くても2022年春以降と思われます。
2021年夏にはCセグメントハッチバックのベンチマークたるゴルフが登場しますので、この2台は比較検討する人も多いでしょうね。

Honda eが早くも苦戦!日本メーカーの電動車は想像以上に売れていなかった!

2021年3月18日

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。