ハリアー | GRスポーツ | ターボモデルに試乗して評価してみました

グローバル企業のトヨタが日本国内専用モデルとして提供している都会派SUVのハリアーですが、2017年にGRスポーツのグレードが登場しています。

ハリアーGRスポーツのターボモデルを試乗する機会がありましたので自分の視点で評価してみました。

スポンサードリンク



ハリアー GRスポーツ の概要


引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/


引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/

ガソリンエンジンモデルのエレガンス(ELEGANCE)をベースにスポーツグレードとして開発されたのがハリアーGRスポーツです。

トヨタのスポーツブランドであるGR(GAZOO Racing)モデルには大きく分けて3タイプのラインナップがあります。

頂点のGRMNは専用パワートレインも含めたフルコンプリート仕様なのに対して、GRスポーツはライトチューニング仕様となっておりベースとなるノーマルモデルのグレードの一部として扱われています。


引用:https://toyota.jp/gr/

ハリアーのGRスポーツではボディ剛性を強化すべくドア周りのスポット溶接の打点を増やしたり、各種ブレース(補強バー)が追加されています。

専用のバンパーやフロントグリル、専用シートに剛性強化の施策の内容を考えればノーマルハリアーから約60万円プラスも納得。

引用:https://toyota.jp/harrier/

特にパーツの追加による剛性強化は車の全体のバランスがキモとなるので、完成されたカタログモデルとして提供されているだけでもありがたいお話ですね。

スポンサードリンク



ハリアーGRスポーツ ターボモデルのエクステリア

今回試乗させてもらったのはハリアー エレガンス(ELEGANCE) “GR SPORT”(ターボ車)です。

ハリアーGRスポーツのフロントビュー
GRスポーツシリーズのラインナップを見てみると、個人的にどれもフロントマスクをデコレーションしすぎている印象がある中、このハリアーGRスポーツはシンプルなデザインでノーマルと差別化されており、一番好感が持てました。

フロントバンパーのブラックアウトされた部分が、長いフロントオーバーハングを目立たなくしてくれます。
ハリアーGRスポーツのサイドビュー

トヨタのオーナメントを貫くラインがノーマルの赤から黒に、テールライトもクリア化されています。
ハリアーGRスポーツのリアビュー

ボディサイドのラインとバンパー下部のGRエンブレムはオプション設定のものです。
ハリアーGRスポーツのエクステリア

リアバンパーはピアノブラックのガーニッシュとホワイトのデュフューザーがノーマルと大きな違いです。
ハリアーGRスポーツのリアバンパー

タイヤサイズは235/50R19でブリヂストンDUELER H/P SPORTが装着されています。
ターボ車はダークスパッタリング、ノンターボはシルバー塗装のホイールです。

スポンサードリンク



ハリアーGRスポーツ ターボモデルに試乗して評価してみました

ハリアーGRスポーツのリアビュー

はじめにおことわりしておくとマイカーのカローラスポーツ(ハイブリッド)をはじめ、国内外のCセグメントのハッチバックやSUVを乗ってきた経験をもとに書いています。

おすすめしたい車ランキング2019 独断と偏見で選んでみました!

2019年5月17日

自動車評論家ではないので、自分の経験や好みが基準になっています(笑)

この書き出しからして、すでに先の展開が見え見えですが...。

実はハリアーに乗るのも初めてなので、ハリアーの感想も兼ねています。

ハリアーGRスポーツのインパネ

さすがに車高が高いSUVモデルだけあってヒップポイントは適度な高さがあって乗り降りがしやすいですね。

内装には随所にステッチが施された皮革が使われており、このクラスなりのコストをかけていることがわかります。

操作スイッチやダイヤルを触ってみましたが、安っぽさを感じさせない質感でした。

内装の質感については、ハリアーより+αの予算が必要となるレクサスUXよりはるかに満足度が高いです。

インパネのデザインは他に似たものもなく、シンプルで好感が持てました。

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/

電動パーキングブレーキやオートホールドボタンの位置がステアリング右奥にあることを除いて、操作に戸惑うこともありませんでした。

GRスポーツのメーターはオプティトロンメーターで高輝度シルバーのメーターパネルに赤色の針で構成されています。
スポーツモデルを意識させるデザインですが、これは人によって好みが分かれるかもしれません。

ステアリングはGRスポーツモデル共通の86に似たデザインの小径タイプになっているのですがスポーツモデルなのに意外に直径が細いですね。

装備については、自分がCセグメントばかりに乗っているのでパワーシートはもちろん、テレスコピックの電動調整にも感動です(笑)

エンジンを始動すると遠くでエンジン音が聞こえる程度。非常に静かで振動もほとんど感じません。さすがです。

GRスポーツのパワートレインはノーマルと同じなので静粛性はノーマルのハリアーも同じなのでしょうね。


...ということでシート、ミラーのポジション調整をしてスタートします。

ノーマルのハリアーより35mm車高が下がっているため、あまりSUVらしいアイポイントの高さは感じられません。

出足は軽い!さらに車体サイズから想像できない鼻先の軽さです。

GRスポーツ専用のサスペンションの効果もあってか低~中速域のタウンスピードで走っている分には、SUVの高い車高からくるフワフワ感がよく抑えられておりフラットで、乗り心地はいいですね~

GRスポーツだから脚が硬めかな?と勝手に思っていたので意外でした。

補強されているため国産車の中では高い剛性感があります。

ただ、GRスポーツでこの乗り心地だとするとノーマルのハリアーだとおそらく自分にとって厳しいかもしれません(笑)

剛性強化でタイヤの接地性が高まっているためか、よく曲がります。なんでも同じGRスポーツでもターボ車は回頭性を上げているそうです。

231psのターボエンジンですが、なめらかでドッカンターボとは程遠いジェントルな反応です。

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/

しかし!!

試乗して街中を軽く流した時点で、ハリアーGRスポーツは自分にとって購入候補にならないと悟りました。

ハリアーに限らず国産車共通の傾向ですが、このハリアーGRスポーツをもってしてもステアリングを通じて車を操っている感覚が物足りません。

ステアリングを通じてトラクションもロードインフォメーションも希薄です。

ノーマルのハリアーならこの味付けでも問題ないでしょうけど、スポーツグレードとしてみた場合手応えが不足していると思います。

自動車専用道路も走ってみましたが、この印象は変わりませんでした。

また、ステアリング操作と車の反応にダイレクト感が乏しくハンドリングに関しては楽しめそうにありません。

これならタイヤ交換したノーマルのカローラスポーツの方が、よっぽどワインディングを楽しめそうです。

やはり運転する楽しさは、同じSUVでもボルボのXC40やBMW X1の圧勝です。
XC40 T4のエクステリア
ハリアーは日本市場に特化して開発されたSUVということで大多数のドライバーの方達には、このハリアーの操縦安定性を含めた味付けが好まれているのかもしれませんが、ステアリング操作と車の挙動に違和感を感じないのか不思議です。

少なくとも自分にとって「もっと乗っていたい」と思わせる車ではありませんでした。残念!!

もし、オーナーの方がいらっしゃれば気を悪くされるかもしれませんがあくまで私の主観ですので!

スポンサードリンク



ハリアーGRスポーツ ターボモデルに試乗してみました まとめ

ハリアーGRスポーツのターボモデルのエクステリアや試乗した感想をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

量産カタログモデルでは難しい走行性能向上のためにコストをかけたハリアーGRスポーツには、かなり期待していました。

というのも、GRMNやGRモデルはぶっ飛びすぎですが、パワートレインがノーマルと同じGRスポーツなら普段は通勤に使い、たま~にサーキットで遊ぶような使い方ならぴったりだと思ったからです。

しかし試乗してみて、その期待は過大だったことがわかってしまいました。

確かにボディ剛性が高められているのはわかりますが、スポーツモデルとしてドライビングプレジャーが不足しています。

やはり、個人的にこのクラスの国産SUVはアウトランダーPHEVがリードしていると感じました。
おまけに停電時でも家族の生活を守ってくれますしね(笑)

アウトランダーPHEV|2019|試乗|気になる新型の評価は?

2019年2月11日

それにしても、こうなると他のGRスポーツのモデルがどうなのかも気になりますね~

GRスポーツシリーズは海外ではどう評価されているんでしょう??

ここは気を取り直してTNGAアーキテクチャによるプラットフォームのGRモデルに期待することにしましょう。

ところでこのハリアーも2019年5月には新型に切り替わります。
クラウンやプリウスのGRスポーツモデルの開発が相次いで中止されたこともあり、次期新型ハリアーのGRスポーツの存続も心配です。

GRスポーツの新型として2019年10月にはC-HRがラインナップに加わりますのでこちらも楽しみです。

 

トヨタ | 新車 | C-HRのマイナーチェンジなど2019年秋から発売予定の新型モデルは?

2019年9月4日

C-HR | マイナーチェンジ | 2019年モデルの変更点をまとめてみました

2019年9月6日

 

ディーラーに下取りしたらもったいない!!

あなたの愛車、走行距離が
たとえ10万キロや20万キロであろうと、
値段がつかないとあきらめてはいけません。

ディーラーで下取りは絶対損です。

クルマ一括査定サイトを利用して
手っ取り早く一番高く買い取ってくれる
買取業者を見つけてください!!

最大10社の大手買取会社が、
競って値段をつけてくれますよ

私も23万キロも走行した愛車を
30万で買い取ってもらいました!!!

ディーラーで下取り価格が20万円だった車が
買取業者が70万円で
買い取られることもあります。